Windows 8/8.1をネットワークドライブにバックアップする方法

なぜネットワークドライブにWindows 8/8.1をバックアップしますか

一部のユーザーは、なぜOSをローカルディスクではなく、ネットワークドライブにバックアップする必要があるかと聞くかもしれません。この状況を想像してください:家が焼けるのでコンピューターが破壊されました。いくつかの予想外の状況から、どんな注意深くコンピューターをローカルHDDにバックアップしても、写真、ミュージック、ビデオ、ドキュメントと他の重要なファイルはまた紛失することが分かります。システムバックアップをネットワークドライブに保存するのは賢い選択肢です。泥棒と火事を防ぐために、一部のユーザーはオフィスまたは家で重要なファイルのコピーを外付けHDDにバックアップします。でもそれは手動で定期的にHDDを輸送する必要があります。それを忘れるかもしれません。また複雑と感じます。

無料AOMEI BackupperでWindows 8/8.1をネットワークドライブにバックアップします

操作の前に、AOMEIソフトウェアを了解する必要があります。このソフトウェアはホームとビジネスのユーザーのニーズを満たします。それを使用して、一つのクリックだけで全体コンピューターをバックアップできます。同時にそれは、数分にOSとアプリケーションを含む全体コンピューターを回復できるバックアップ機能を提供します。そのため、AOMEI BackupperツールでWindows 8/8.1をネットワークドライブにバックアップすることはとても簡単です。ネットワークドライブにWindows 8をバックアップすることを例として見てみましょう。

1. 最初、AOMEI Backupperを起動して、「バックアップ」をクリックします。右側で「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

2. その後、2つのステップを表示します。システムバックアップを実行する場合、AOMEI Backupperは自動的に正しいソースを選択します。ただ宛先パス(ネットワークドライブを宛先として選択する必要がある)を選択する時、「2」だけを注意すればいいです。次のように「2」をクリックします:

宛先を選択

3. ポップアップで「Share/NAS」をクリックします。

Share Nas

4. 以下のインターフェイスを見られます。「Share/NASデバイスを追加」のボタンをクリックします。

Shareデバイスを追加

5. 表示名とIPアドレスを入力する必要があります。最後は、「はい」をクリックして、バックアップの進行を開始します。

共有パス

結論:

以上が述べたように、自分で手動で定期的にバックアップすることはとても退屈で恐ろしいです。そのため、AOMEI Backupperは、設定された時間あるいはデザインされた期間の後にバックアップを実行するために、デザインされた強力なスケジュールを提供します。コンピューターは暇の時、ケジュールバックアップを選択できます。それにWindows 8/8.1をネットワークドライブにバックアップするプロセスは素人にとって非常に簡単です。それをダウンロードして、試してみます。