セキュリティ保護のため、Windows 8を外付けHDDにバックアップする簡単な方法

Windows 8を外付けHDDにバックアップする理由

Windows 7/8/8.1/10でコンピューター故障、ブルースクリーン、黒いスクリーンなど予定外の出来事に遭ったことがありますか?まだこれらのコンピューターの問題に遭っていない場合、システムイメージをバックアップするのは不要なことだと思っているかもしれません。でも、すべてのユーザーは幸運な人ではありません。いくつかのコンピューター故障なので、お使いのコンピューターが起動できなくなり、人々は様々な方法を試してシステム、写真、ビデオ、ファイルなどを回復しようとします。この状況で、システムをもう一度インストールできますが、写真、ビデオ、ファイルなどを回復する方法がありません。それに、コンピューターの再インストールは本当に時間を費やす仕事で、半日以上がかかるかもしれません。

お使いのOSとデータのセキュリティを保護するために、システムイメージをバックアップするのは非常に重要です。事前に1つのバックアップを作成したら、慌てずにシステムまたは個人ファイルをコンピューターに復元することができます。

すぐに行動してコンピューターをバックアップしましょう。そうしないと、何か悪いことが起きたら、データを失うことになります。

Windows 7のファイルの回復でWindows 8をバックアップする

ほとんどの人にとってWindowsに内蔵されているツールは常に最初の選択です。その詳細な手順を見てみましょう。

ステップ 1: まず、スタートボタンをクリックし、「コントロール パネル」を選択します。コントロールパネルを表示したら、「Windows 7のファイルの回復」をクリックします。

補足:「Windows 7のファイルの回復」メニューが表示されない場合は、「表示方法:」項目のプルダウンで 「大きいアイコン(L)」を選択してメニューを表示します。

Windows 7のファイルの回復

ステップ 2: 「Windows 7のファイルの回復」画面が表示されます。「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

ステップ 3: 「システム イメージの作成」画面が表示されます。システムイメージの保存先を選択し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

※ ここでは例として、「ハードディスク上(H)」を選択しています。

イメージの保存先

ステップ 4: 「どのドライブをバックアップに含めますか?」画面が表示されます。バックアップするドライブを選択し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。すべてのドライブを選択することで、PC上にあるデータをまるごとバックアップすることができます。

バックアップ対象を選択

ステップ 5: 「バックアップの設定を確認します」画面が表示されます。バックアップされるドライブを確認し、「バックアックの開始(S)」ボタンをクリックします。

バックアックの開始

ステップ 6: 「バックアップを保存しています」画面が表示されます。しばらくお待ちください。

補足:バックアップ完了時間はお使いのハードディスク使用状況により異なります。

バックアップを保存

以上でこの操作は終了です。システム修復ディスクの作成が要求されるかもしれません。作成したシステムイメージは、システム修復ディスクと合わせて利用することで、Windowsのトラブルに際してシステムの情報やインストールされているソフトウェア、データなどの修復を行うことができます。また、回復ドライブを作成することもできます。それを作成した後、回復ドライブから起動できます:トラブルシューティング→詳細オプション→イメージでシステムを回復。

バックアップのためにもっと適したストレージデバイス

コンピューターをバックアップする時、適切なストレージデバイスをバックアップ先として選択したいかもしれません。次はいくつかの選択肢です。

1. 内蔵ハードディスク。よく使用されたファイルやフォルダなどをバックアップしたい場合、内蔵ハードディスクへバックアップできます。それらを失うと、短い時間でそれらを復元できます。しかし、HDDが故障したり、コンピューターがクラッシュしたりする場合、ファイルやフォルダを永久に失うことになります。そのため、多くのユーザーはNAS(ネットワークアタッチトストレージ)または外付けハードディスクにWindows 8をバックアップすることを選択します。

2. NAS(ネットワークアタッチトストレージ)。データを安全に保護するために、Windows 8をNASドライブにバックアップするのは最高の選択です。火災、ウイルスまたは直接的なクラッシュによってお使いのコンピューターが壊されても、NASに格納されたバックアップを復元することができます。しかし、電源を切ることまたは機械故障が発生すると、ファイルやフォルダを検索または回復するのは複雑になります。この場合、専門なデータ復旧ソフトウェアの助けを借りる必要があります。さもないと、なんのNASデバイスにアクセスできません。この状況を防ぐために、多くのユーザーはNASを外付けHDDにバックアップしよとします。

3. 外付けハードディスク/USBハードディスク。重要なファイルやフォルダ、またOSをバックアップしたい場合、外付けHDDまたはUSB HDDを選択できます。それはより柔軟で便利です。どこでもそれを持ち込み、コンピューターがあるかぎり、いつでもバックアップを見ることができます。同時に、HDD故障、コンピュータークラッシュなどで起こるデータ紛失を避けることができます。残念ながら、ほかの制限があり:外付けHDDがウイルスに感染し、または壊れる場合、データ紛失の危険もあります。

好きな種類を選択した後、次はWindows 8/8.1でコンピューターを外付けHDDにバックアップする方法を紹介するから、一緒に見てみましょう。

Windows 8を外付けHDDにバックアップする方法

上述から、Windowsに内蔵されているツールはシステムイメージをバックアップするのに素晴らしい表現があることが分かります。しかし、まだいくつかの制限があります。そのため、多くのユーザーはより優れたツールを見つけます。それでシステムイメージを簡単にバックアップし、システムとデータのセキュリティを保護できます。

ここではAOMEI Backupperという簡単に使えるソフトウェアがあり、無料でシステムイメージをバックアップできます。それはWindows 7/8/8.1/10を外付けHDDにバックアップできます。更に、多くの高度な機能を楽しむことができます。例えば、USBへのバックアップ、ネットワークドライブへのバックアップ、SSDへOSの移行、デュアルブート環境のバックアップなど。

そろそろ、本題に入りましょう:どのようにWindows 8を外付けHDDにバックアップしますか?

ステップ 1: 外付けHDDをコンピューターに挿入します。コンピューターはそれを検出できることを確認します。

ステップ 2: AOMEI Backupperをダウンロードしてインストールして起動します。

ステップ 3: 主な画面で「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。

システムイメージの作成

ステップ 4: 外付けHDDを見つけてそれをバックアップの保存先として設定して「開始」をクリックして保留中の操作を実行します。

開始

上の画面からみて、選択できる3つのオプションがあります。自分のニーズによってそれらの1つ以上を選択できます。ファイルを圧縮したい場合、「オプション」をクリックして「圧縮」を選択できます。スケジュールバックアップを行いたい場合、「スケジュール」前のチェックボックスをチェックして好きなスケジュールを設定できます。ディスクスペースを管理、そして活用したい場合、「スキーム」を選択できます。それはAOMEI Backupper Proにアップグレードした後、使用可能です。

結論

現在、Windows 8を外付けHDDにバックアップする理由と方法が分かりました。Windows 8の他にAOMEI Backupperを使用してWindows 7/8.1/10などを外付けHDDにバックアップすることもできます。すべての手順は上述とほぼ同じです。手順に従ってコンピューターを外付けHDDにバックアップしましょう。