無料バックアップソフトウェアでWindows 8/8.1 64ビットをバックアップします

Windows 8/8.1 64ビットについて

Windowsシステムは、CPUと関係がある32ビットと64ビットのバージョンがあります。それはコンピューターのプロパティを決めます。Windows 8/8.1 64ビットバージョンは32ビットのバージョンより多くのメモリを利用できます。32ビットシステムと比較すると、64ビットシステムは高度な技術であることが分かります。64ビットシステムは32ビットシステムよりうまく作業することができます。例えば、64ビットシステムは、32ビットより、多いプロセスをHDDじゃなくてRAM(ランダムアクセスメモリ)に保存するのに、速く作業し、少ない時間がかかります。その優れた性能で、より多くのユーザー、特に企業はWindows 8/8.1 64ビットを使用しています。

しかし、Windows 8/8.1 64ビットシステムを使用するのは、コンピューターの安全性を保証できることを意味しません。システムの壊れた原因がまた存在します。そのため、データの安全性を確保するためにコンピューターのWindows 8/8.1 64ビットシステムをバックアップするのは必要です。また、システムはが壊れる場合、システムとアプリケーションを再インストールする代わりに、バックアップイメージでWindows 8システムを復元することができます。それは沢山の時間を節約できます。

無料バックアップソフトウェアでWindows 8/8.1 64ビットをバックアップする方法

ここでは多くのWindows 8/8.1のバックアップソフトウェアがあります。それらの一部は32ビットシステムをサポートします。常に、コンピューター上の重要なファイルとフォルダをバックアップして、システムを復元した後、それらも復元できます。システムバックアップのために、システムバックアップイメージまたはシステムパーティションクローンは通常に作成されます。しかし、Windows 8/8.1 64ビットコンピューター向けの無料ソフトウェアがありますか。このソフトウェアでどのようにWindows 8/8.1 64ビットシステムをバックアップしますか。

実は、AOMEI Backupperという素晴らしくて、強力なバックアップソフトウェアがあります。それはAOMEI TECHによってデザインされます。異なるクライアントとWindows OSにより、それは異なるバージョンがあります。全ては32ビットと64ビット両方をサポートします。PCのユーザーなら、Windows 8/8.1 64bitのシステムをバックアップし、全体ディスクをクローンするために、無料エディションAOMEI Backupper Standardを使用することができます。

AOMEI Backupper Standardは使いやすいインターフェイスを持っています。非技術者でもそれを一人で操作できます。ここでは、このソフトウェアを使用してWindows 8/8.1 64ビットをバックアップするステップガイドです。

ステップ1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、起動します。このソフトウェアの深い青色のインターフェイスが見えます。「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ2. システムパーティションは既にデフォルトで選択されます。必要がある操作はバックアップイメージを保存する宛先場所を選択することです。それをローカルディスクにバックアップし、外付けHDDにバックアップし、NASにバックアップできます。このウィンドウの底部にある「スケジュール」をクリックして、自動バックアップを設定できます。全ての設定の後、「開始」をクリックします。

バックアップシステム

ステップ3. 進行状況は100%に達すると「完了」をクリックします。そして、正常にWindows 8/8.1 64ビットバックアップが完了します。

完了

実は、これらの手順はWindows 10/7/Vista/XPの32ビットと64ビットにも適用します。AOMEI Backupperは様々なバージョンがあります。Windows Serverのバックアップを実行するつもりなら、AOMEI Backupper Serverを試してみます。企業またはサーバープロバイダのバックアップを見つけるなら、AOMEI Backupper Technicianは良い選択肢です。