2つの方法でWindows 8をバックアップする

Windows 8のシステムバックアップ

今のコンピューターシステムは、また色々な潜在危険からの脅威に直面しているので、事前にWindows 8のシステムバックアップを作成するのは良いことです。悲惨な事故で、全てのデータを失うケースをたくさん見てきました。実際には、早めにバックアップを作成すれば、データを再試行することができます。今日、Windows 8のシステムバックアップに、2つの簡単で、信頼性の高い方法をご紹介します。

内蔵のファイル履歴でWindows 8をバックアップする

ステップ1:外付けドライブやそのケーブルをUSBポートに差し込みます。表示された通知をクリックします。
ステップ2:「バックアップ用にこのドライブを構成」オプションを選択します。ファイル履歴ウィンドウが表示したら、オンにするボタンをクリックします。
ステップ3:コントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」を選択して、ファイル履歴をクリックします。
ステップ4:バックアッププロセスを開始する為に、オンにするボタンをクリックします。
これは、Windows 8システムバックアップに、最も便利な方法です。

AOMEI BackupperでWindows 8のシステムをバックアップする

AOMEI Backupperは、Windowsシステムバックアップと復元に、専門のフリーウェアです。これは、3つ主な機能を含みます:バックアップ、復元クローン。各機能の操作は簡単で、分かりやすいです。AOMEI Backupperで、どのようにWindows 8のシステムをバックアップするかを見てみましょう。

ヒント:AOMEI BackupperはまたWindows 8.1と完全な互換性があり、Windows 8.1システムバックアップのステップはWin8システムバックアップの手順と一緒です。

ステップ1:AOMEI Backupperを開き、左の「バックアップ」ボタンをクリックして、サブカテゴリーで「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップを選択

ステップ2:「オプション」のポップアップウィンドウでは、バックアップイメージのパスワードを追加することができます。圧縮レベルを選択し、またはVSSを有効にすることができます。全ての設定が終わったら、「開始」をクリックします。

バックアップ設定

ステップ3:処理が終わった時、ホームページに、作成したイメージファイルを確認することができます。イメージファイルの増分バックアップと差分バックアップを選択できます。それで、同じパートのバックアップが必要ない場合、システムを再びバックアップできます。

イメージを確認