AOMEI BackupperでWindows 8/8.1システムパーティションをバックアップする

Windows 8/8.1のシステムパーティションバックアップ

システムのパーティションバックアップは賢いアイディアで、Windows 8のOS、インストールされたアプリケーションとシステムパーティションのデータの安全性を保持することができます。いくつかの事故でWindows 8/8.1のOSは起動に失敗するかもしれません。例えば、OSはウイルスに攻撃されること、コンピューターは泥棒に盗まれること、HDDは壊れること、または誤ったヒューマン操作です。多くの問題はシステムパーティションに影響を与えます。システムパーティションに何か間違えたら、コンピューターは起動できません。でも、事前に、システムパーティションをバックアップすると、バックアップイメージを使用して、システムを復元できます。そうすると、データの安全性を保障し、Windows 8を再インストールする時間を節約します。

Windows 8/8.1システムパーティションをバックアップする方法

沢山のサードパーティ製のバックアップソフトウェアと比べて、Windows 8/8.1の内蔵ツール‐ファイル履歴でシステムパーティションをバックアップするのは少し複雑です。「コントロールパネル>システムとセキュリティ>ファイル履歴」をクリックして、それを開きます。そして、ウィザードに従って、Windows 8/8.1のシステムをバックアップすることができます。しかし、それは多くの制限があります。例え、NTFSだけをサポートできます。ですから、優れたサードパーティ製のバックアップソフトウェアを見つけられることは必要です。

無料ソフトウェアでWindows 8/8.1システムパーティションをバックアップする

Windows 8/8.1システムパーティションをバックアップするために、沢山の無料バックアップソフトウェアがありますが、安全性と操作を考えて、AOMEI Backupper Standardをお勧めします。これは、無料でも強力なソフトウェアで、Windows XP/Vista/7/8/8.1/10を含むほとんどのWindows OSをサポートします。この無料ソフトウェアを使用して、Windows 8/8.1システムパーティションをバックアップすることは簡単になれます。AOMEI Backupperはとても優しいインタフェースを持って、非技術者でも一人でそれを使用できます。ここは、Windows 8システムパーティションバックアップの詳しい手順をご案内します。

ステップ1: AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、起動します。バックアップをクリックして、バックアップのインタフェースを移動します。ここには、バックアップの異なる種類があります。システムパーティションをバックアップするために、システムバックアップやパーティションバックアップを選択することができます。ここは、パーティションバックアップを例とします。

パーティションバックアップ

ステップ2:パーティションバックアップのインタフェースに移動して、ソースパーティションと宛先スペースを選択します。「1」ステップでバックアップしたいパーティションを選択します。ここは、システムパーティションC:ドライブを選択する必要があります。

パーティションを選択

ステップ3:以下の画面のようなポップアップが出て、「はい」をクリックして、採用したいシステムバックアップの主なインタフェースにスキップします。「キャンセル」をクリックして、次のステップに再開します。

ポップアップ

「2」ステップで、バックアップイメージを保存したい場所を選択します。「開始」をクリックして、操作が始まります。

スケジュールバックアップ

ヒント:

スケジュールバックアップを使用して、デーリー、ウィークリー、マンスリーバックアップみたいな自動的なバックアップを設定することができます。または、フルバックアップ、増分/差分バックアップを設定できます。

オプションをクリックして、より詳しいバックアップ詳細を設定することができます。例えば、暗号化を設定し、このバックアップのコメントを追加することができます。