Windows 8/8.1で自動バックアップを設定する方法

Windows 8/8.1をバックアップする時自動バックアップを設定します

Windows 8/8.1のバックアップは沢山のトラブルを避けられるから、それを行うのは賢い選択肢です。誰でも、Windows 8/8.1がトラブルに巻き込まれないことを保証できません。コンピューターは作業しているうちに何らかのエラーを得るかもしれません。例えば、ウイルス攻撃、システムクラッシュ、HDD破壊、またはヒューマンの過ち、自然災害までもデータ損失を起こします。データを失うと、大きなダメージを被るかもしれません。データは、上司に届けるつもりのレポートあるいは会社にとって最も重要な情報であるかもしれません。事前にバックアップしないとそれは大きなトラブルになります。バックアップはこれらの問題を解決できますが、時間が経つにつれて、データは増加していきます。毎日、データをバックアップすることを覚えることを保証できないし、毎日バックアップを実行するのはとても面倒です。そして、Windows 8/8.1を初めてバックアップする時、なぜ自動バックアップを設定しませんか。

Windows 8/8.1自動バックアップを設定する方法

Windows 8/8.1のバックアップはとてもシンプルです。Windows 8/8.1の内蔵ツール-ファイル履歴を使用して、それをバックアップすればいいです。しかし、シンプルな方法で自動バックアップを実行するために、サードパーティ製の無料バックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardをお勧めします 。

AOMEI Backupperは有名な会社AOMEI Technologyによってデザインされます。このStandardバージョンは無料で、非常に強力なソフトウェアです。それは簡単な方法でWindows 8/8.1を自動的にバックアップできます。他の機能も沢山持っています。それに、Windows 8/8.1だけでなく、Windows 10/7/Vista/XPもサポートします。

AOMEI Backupper Standardの助けとともに、Windows 8/8.1自動バックアップを設定するのはただいくつかの手順が必要です。次の説明はステップバイステップでガイドします。

ステップ1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、起動します。「バックアップ」をクリックして「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ2. 「2」で宛先場所を選択した後、「スケジュール」をクリックして、自動バックアップウィンドウを開きます。

バックアップシステム

ステップ3. ここでは「普通」と「詳細」二つのオプションが見えます。「普通」は自動バックアップを設定するために、次のインターフェイスのようにデーリー、ウイークリー、マンスリー、イベントトリガーを選択できます。ちなみに、「詳細」のタブでフルバックアップまたは増分/差分バックアップを選択できます。そして、「開始」をクリックします。

スケジュール設定

ステップ4. 進行状況は100%に達すると、「完了」をクリックして、このプログラムを終了します。Windows 8自動バックアップはここまでに完成されました。

完了

しかし、Windows 8をバックアップしているうちに自動バックアップを設定することを忘れるなら、心配しなくて、「ホーム」タブで自動バックアップを設定できます。バックアップファイルを選択して、3つのオプションを見られます。それらは「復元」、「実行」、「詳細」です。「詳細」をクリックして、「スケジュールバックアップ」を選択します。

スケジュールバックアップ

「スケジュールオプション」のインターフェイスに直接に移動することができます。そして、「普通」タブでそれを設定できます。

見ることのように、AOMEI Backupperは他の機能も沢山あります。それを使用して、システム復元、クローン、ブートブルメディアの作成などを実行することができます。要するにそれはとても役立ちます。