Windows 7のWbadminコマンドラインでデータのバックアップを作成する

Wbadminの発展

Wbadminは、ファイル、フォルダ、ボリューム、アプリケーションとシステム状態をバックアップするのに使用されたコマンドラインであります。このコマンドはWindows 7/8/Vista、Windows Server 2008/2008 R2/2012に適用する内蔵のバックアップツールです。MicrosoftはWbadminでデータをバックアップし、復元することをサポートします。Windowsで、NTBackupはバックアッププロセスの前に、コントロールする為に使用されます。しかし、Windows 2008で、 WbadminはNTBackupの代わりに、データをバックアップし、復元します。WbadminはWindows Server 2008に初めて登場しますが、実は、Windows Vista、Windows Server 2008 R2とWindows 7も利用することができます。ところで、Wbadminはどのような機能がありますか?

Windows 7 Wbadminの機能

異なるバージョンなので、Wbadminが実現できるコマンドが違います。例えば、Windows Server 2008 R2で、Wbadminコマンドラインが前のバージョンが実現できない機能を実現できます。それは、システム状態のバックアップと復元、カタログの復元と削除などのことができますが、Windows Vista/7のWbadminコマンドが少しの機能を実現することができます。

Win7 Wbadminは何の機能が実現できますか。

「スタート」をクリックして、「cmd」を入力します。

cmdを入力
コマンドプロンプトのウインドウを入ります。そして、「Wbadmin /?」コマンドを入力して、Windows 7のWbadminはどのような機能をサポートするか知っています。
Wbadminを入力
Windows 7では、Wbadminは5つのコマンドだけをサポートします:
  • START BACKUP:1回限りのバックアップを実行します。
  • STOP JOB:現在実行中のバックアップまたは回復操作を停止します。
  • GET VERSIONS:指定した場所から回復可能なバックアップの詳細を一覧にします。
  • GET ITEMS:バックアップに含まれる項目の一覧を表示します。
  • GET STATUS:現在実行中の操作の状態を報告します。
wbadmin-command-windows-7

Windows 7のWbadminはスケジュールバックアップを実行することができなくて、機能も強力ではありません。また、Windows 7にはバックアップの後、データを復元する回復のコマンドがなくて、「Wbadmin start recovery」をサポートすることができません。実は、バックアップと回復のコマンドを実現することができません。

AOMEI Backupper Standardでデータをバックアップし、復元する

この問題を解決する為に、あるソフトウェアをお勧めします。これは増分バックアップと差分バックアップの作成、スケジュールバックアップ、ファイル、フォルダ、システム、パーティション、ディスクのバックアップを全部できるAOMEI Backupper Standardです。このソフトウェアはクローンもサポートします。バックアップを完了した後、イメージをチェックするのは可能です。このツールを使用して、イメージを確認できます。イメージは間違っている場合、イメージの正確を保証する為に、もう一度データをバックアップできます。イメージから、データを復元するのは有効です。システムクラッシュの後に、コンピューターをブートする為に、AOMEI Backupperで、ブータブルCD / USBまたはISOファイルを作成することができます。更に、バックアップを完了したと伝えられる電子メール通知などの重要な機能もあります。AOMEI Backupper Standardは強力な機能を持っていて、詳細を知りたい場合、ここにクリックしてください。

主なインタフェース

結論として、自分のニーズによって、Windows 7 WbadminかAOMEI Backupperか選択することができます。Wbadminと比べて、データのバックアップと回復にAOMEI Backupperのほうは有用です。