Windows7を修復|コマンドプロンプトとスタートアップ修復を行う

この記事では、コマンドプロンプトとスタートアップ修復を行って起動しないWindows 7を修復する方法を説明します。また、プロなシステムバックアップソフトAOMEI Backupper Standardを使用してシステムを簡単に復元する方法も紹介します。

Windows 7が起動しない

「よくうまく動作してくれて、Windows 7オペレーティングシステムを実行しているLenovoコンピュータを持っています。しかし、最近突然に起動しなくなりました。Windows 7が起動しないエラーを解決するための対処法がありますか?ご協力いただきありがとうございます!」

Windows 7が起動しない原因

システムパーティションの破損、システムファイルの欠落などのエラーについてWindows 7が起動しない原因となります。また、「オペレーティングシステムが見つかりません」、「パーティションテーブルが無効です」、「Bootmgr is missing」などのエラーもWindows 7が起動しない原因です。

コマンドプロンプトとスタートアップ修復を行って起動しないWindows 7を修復する方法

Windows 7が起動できないというエラーメッセージが表示された場合は、再インストールせずにこの問題を解決する方法を知る必要があります。

スタートアップ修復を行う起動しないWindows 7を修復

スタートアップ修復ツールは、オペレーティングシステムが起動しないときに非常に役立ちます。コンピュータをスキャンして、正常に起動できるように、Windows 7が起動できない原因となる紛失または破損したファイルを修正することができます。

1. コンピュータにWindowsインストールメディアを挿入します。

2. Windows 7コンピュータを起動し、特定のキーを押してBIOSに入り、インストールメディアから起動します。

3. Windows 7のインストールファイルが読み込まれるまで待ちます。最初のWindowsインストール画面で、「コンピュータの修復」をクリックします。

4. オペレーティングシステムを選択し、「次へ」をクリックします。

5. システム回復オプションウィンドウで、「スタートアップ修復」をクリックします。

「スタート修復」はWindows 7が起動しない問題を自動的に修復することができます。ちょっと時間がかかって、少々を待ちください。

コマンドプロンプトを行う起動しないWindows 7を修復

多くの場合、Windows 7はスタートアップ修復によって修正できます。しかし、Windows 7スタートアップ修復ループで遭遇する可能性があります。または、「スタートアップ修復がこのコンピュータを自動的に修復できない」というエラーメッセージが表示されることがあります。こういう時では、スタートアップ修復でWindows 7を修復することはできません。だから、コマンドプロンプトから「CHKDSK」を行う起動しないWindows 7を修復することを考えています。

1. 「システム回復オプション」ウィンドウで、「コマンドプロンプト」をクリックします。

2. コマンドプロンプトウィンドウで「chkdsk C: /f/r」と入力し、Enterキーを押します。

3. プロセスが終了したら、コマンドプロンプトを終了してWindows 7コンピュータを正常に起動できるかどうかを確認できます。

PS: コマンドプロンプトからBootrecコマンドを実行することもWindows 7を修復できます。

システムイメージを作って起動しないWindows 7を修復

Windows 7の「スタートアップ修復」とコマンドプロンプトを実行し、Windows 7の起動しない問題を修復できます。しかし、システムイメージバックアップさえあれば、これらのソリューションをスキップして、コンピュータを正常に起動させるためのバックアップからシステムを復元するだけで済みます。

システムをバックアップするには、プロフェッショナルで強力なバックアップソフト--AOMEI Backupper Standardを使用することができます。これは、Windows 7/8/10、XP、Vistaで動作し、異なるWindowsオペレーティングシステムを実行しているコンピュータを保護するために使用できます。Windows Server上で使用する必要がある場合は、AOMEI Backupper Serverを適用することができます。システムをバックアップするには、以下の手順を参照してください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールして起動します。

手順 2. メインインターフェイスで、バックアップタブのシステムバックアップをクリックします。必要に応じて、ディスクやファイルをバックアップすることもできます。

システムバックアップ

手順 3. このウィンドウでは、バックアップの保存先を選択できます。

保存先を選択

PS: AOMEI Backupperは、システムパーティションやその他のシステム関連のパーティションを自動的に選択し、バックアップするパーティションを手動で選択する必要はありません。

手順 4. オプションをクリックすると、圧縮レベル、イメージ分割、暗号化バックアップを調整できます。スケジュールをクリックしてスケジュールバックアップを実行します。次に、「開始」をクリックして、システムバックアップを始まります。

後、AOMEI Backupperを使用してブータブルメディアを作成することができます。これにより、Windows 7が起動しないときに、起動可能なメディアからコンピュータを起動してシステムを復元できます。