Windows7復元の制限-全面的な評価

Windows7バックアップと一緒ですが、Windows7復元の制限もホット話題にのぼりました。同じように、欠点のリストはWindws7自らとユーザー両方によって作成されます。

復元の前、潜在的な危険

  • 使用中のファイルやプログラムを復元するつもりなら、成功できません。そのため、システム復元を開始する前に、オープンファイルを保存し、全てのプログラムを閉じます。復元ポイントを確認したら、システム復元はお使いのコンピューターを再起動します。
  • 復元ポイントが作成されている時、マシンが不適切にシャットダウンしたら、その復元ポイントをアクセスできません。デュアルブートマシンにシステムファイルの変更を作成したら、復元ポイントを破壊します。

復元の便利性

  • システムイメージからコンピューターを復元するのは、完全な復元です。復元に単一の項目を選択できません。また、全てのプログラム、システム設定およびファイルをシステムイメージ上のもので取り替えます。
  • ファイルとフォルダの以前のバージョン(Windowsは自動的に復元ポイントとともに保存するファイルとフォルダのコピー)を復元する場合、ファイルまたはフォルダはコンピューターにある現在のバージョンを取り替えます。それに、交換は消去できません。
  • うっかりファイルやフォルダを削除し、名前を変更する場合、そのファイルやフォルダの以前のバージョンを復元できますが、ファイルやフォルダを保存した場所を知っている必要があります。
  • ディスクのシステムの保護を無効にするとはそのディスクの全ての復元ポイントを削除することです。も一度システムの保護を有効にして、新しい復元ポイントを作成しないと、復元ポイントでディスクを復元できません。システムの保護を無効にするのはディスクに保存するファイルの以前のバージョンを削除することも指します。しかし、Windowsはインストールされる時、ドライブのために、システムの保護は自動的に有効にします。また、システムの保護はNTFSファイルシステムでフォーマットされたドライブだけのために有効にします。
  • コンピューターはセーフモードであり、またはシステム回復オプションを使用している時、システムの復元を使用したら、復元の操作を元に戻すことはできません。システムの復元を無効にする時、既存の復元ポイントが紛失します。この場合、システムの復元をもう一度実行するだけで、ある一つ存在するなら、異なる復元ポイントを選択します。

高度な回復方法の欠点

ここでは主な高度な回復方法が2つあります:

(1) 以前に作成されたシステムイメージを使用して、コンピューターを回復します。
I. 回復コントロールパネルを使用して復元する(推薦)
II. プリインストールされた回復オプションを使用して復元する
III. Windowsインストールディスクやシステム修理ディスクを使用して復元する

(2) Windowsやコンピューターを元の設定に戻します。
I. Windowsを再インストールする(Windowsインストールディスクが必要です)
II. 工場出荷時の設定にコンピュータを返します。このオプションは、全てのファイルとインストールされたプログラムを含むコンピューターの全てを削除します。それをコンピューターメーカーによって提供された回復イメージで交換します。

ノート:Windowsを元の設定に戻すのはコンピューターの全てを完全に削除するわけではありません。それはプログラムを削除しますが、HDDにユーザーファイルをWindows古いフォルダに保存します。再インストールが完了した後、参照できます。しかし、この方法を使用する前に、全てのユーザーファイルをバックアップしたほうがいいです。例えば、暗号化ファイルがある場合、Windowsのインストールの後、それらをアクセスできません。Windowsを再インストールした後、ユーザーファイルをバックアップして、それらを復元したら、Windows古いフォルダを削除できます。

2つの方法はデータ損失を起こすかもしれません。どちらを開始する前に、個人的なファイルを外付け場所へバックアップすることを提示されます。例え、USB、HDDなどです。回復が完了した後、元のインストールディスクやファイルを使用して、プログラムを再インストールし、個人的なファイルを復元できます。

Windows7バックアップのように、Windows7復元を推薦しません。全てのサードパーティ製のバックアップサービスが復元を含みますが、AOMEI Backupperはその直感的なインタフェースと簡単な操作で非常に推薦されます。

バックアップ復元