HDD/SSDへWindows 7システムをクローンする方法

Windows 7システムをクローンする理由

Windows 7のOSはコンピューターユーザーに絶賛されています。しかし、それはまた沢山の問題があります。それらの問題を解決するために、システムをクローンする必要があります。

コンピューターのHDDはより多いプログラムとデータを保存するので、時間が経つにつれて、それは益々遅く作業します。その性能を最適化するために、新しいHDDに変更して、古いものを代替することができます。新しいHDDにWindows 7システムをクローンするのは、システムを再インストールせずに、多くの時間を節約できます。

Windows 7システムクローンは効率的にディスクの破壊を防げます。システムクローンはシステムの全てのデータを保存できるので、大きいダメージを起こすことができません。

コンピューターの実行速度を最適化するために、SSDを使用して、同じOSでHDDを取り替えたいなら、システムクローンでHDDからSSDへOSを移行できます。

一言で、システムを保護したり、システムをアップグレードしたり、HDDを変更したりしたいユーザーにとって、Windows 7システムのクローンは多くの利点をもたらします。

Windows 7システムをクローンする方法

Windows 7の内蔵ツールはシステムクローン向けの機能を提供しません。それでは、どのようにWindows 7システムをクローンしますか。サードパーティ製のソフトウェアを見つける必要があるのは間違いないです。機能と支払いを考えると、無料のAOMEI Backupper Standardを非常にお勧めします。AOMEI Backupper Standardはとても強力です。それを使用して、システムバックアップシステム復元ブータブルメディアの作成ファイル同期などを実行できます。システムクローンに加えて、それはWindows XP/Vista/7/8/8.1/10をサポートします。

無料AOMEI Backupper StandardでWindows 7システムをクローンします

AOMEI Backupperはフレンドリーなインターフェイスを持って、数回のクリックだけでWindows 7システムをクローンできます。ここでは、具体的な手順を参照できます。

ステップ1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、起動します。その主なインターフェイスを見られます。「クローン」タブで「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

ノート:

「システムクローン」タブでロックアイコンがあることに気づくかもしれません。Standardバージョンを使用してシステムをクローンするのは、まずロックを解除する必要があります。それをクリックして、ポップアップは、ボックス中の言葉をソーシャルウェブサイトに共有して、ブランクスペースにURLを入力することを要求します。そして、この機能のロックを解除します。次回、このプログラムを起動する時、インターフェイスにロックがありません。

ステップ2. そのロックを解除した後、「システムクローン」をクリックして、宛先パーティションを選択することを導きます。他のローカルスペース、または前に準備した外付けHDDを選択することができます。システムファイルを保存するために宛先は充分な容量を持たなければなりません。ここでは未割り当てパーティションを例とします。未割り当てパーティション(緑として表示された)を選択して、「次へ」をクリックします。

宛先

それを使用してマシンを起動する必要があるなら、ターゲットディスクに一番目のパーティションあるいは最初の使用可能な領域を選択したほうがいいことを気づけます。

ステップ3. ここでは、ソースパーティションと宛先パーティションの情報を確認できます。もし、問題がないなら、「開始」をクリックして、このプログレスを起動します。進行状況は100%に達すると、「完了」をクリックします。

確認

操作概要の底部に3つの機能があります。「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックして、パーティションのサイズを編集できます。「セクター単位のクローン」はパーティションの全てのバイトをクローンします。より多いスペース(少なくともシステムパーティションと同じです)を必要とします。それにより多い時間がかかります。宛先パーティションはSSDなら、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックするのは非常に推薦されます。それはパーティションと実行速度を最適化できるためです。