パソコンがセーフモードでしか起動しません[Windows 7]

実行しているWindows 7には問題がある時、パソコンが正常に起動できなくなるかもしれません。そんなに深刻な問題ではない場合、Windows 7が通常モードで起動しないが、セーフモードで起動します。この記事では、セーフモードだけ起動できるWindows 7の問題を修正する方法を紹介します。

再インストールが必要なくWindows 7を修復する

Windows 7のパソコンが通常モードで起動しなく、セーフモードだけで起動することに遭遇した場合、まず慌てず、落ち着いてください。これはシステムファイルが未だ破損していないことを意味し、そんなに深刻な問題ではないからです。もし、システムファイルが破損したら、セーフモードでも起動できません。

セーフモードでファイルをバックアップできるし、外付けHDDにコピーできるため、データ紛失の危険がありません。Windows 7が正常に起動せず、セーフモードでしか起動しない原因は様々です。例えば、システム構成の設定や、周辺機器およびアプリケーションなどの問題です。ここで一つ以上のソリューションを提供し、それぞれの対処方法を試してみてパソコンが正常に起動するかどうか確認してください。

システムが自動的にセーフモードで起動する場合

Windows 7のシステムが自動でセーフモードから起動する場合、「詳細ブートオプション」という画面が表示されることになります。

前回正常起動時の構成

Windowsが正常に終了した後、重要なシステム設定が「前回正常起動時の構成」として保存されています。

「詳細オプションの選択:Windows 7」という画面が表示されたら、簡単に「前回正常起動時の構成(詳細)」を選択すればよいです。これはPCを速やかに修復できます。前回コンピュータが正常に起動した時に使用されていたレジストリ設定とドライバを使用してWindows 7を起動します。つまり、設定だけを前の構成に復元しますが、ファイルがそのまま保持されています。

その後、パソコンが正常に起動できるか確認してください。

セーフモードWindows 7

スタートアップ修復

「前回正常起動時の構成(詳細)」は問題を修正しない場合、「スタートアップ修復」を実行することができます。スタートアップ修復はブートファイルの復元を通して、Windows 7 セーフモードの時だけ起動する問題を自動的に修正します。

以上のように、Windows 7の「詳細ブートオプション」画面が表示されたら、「コンピューターの修復」を選択します。そして言語、キーボード入力方式を選択してください。そのままで、「次へ」をクリックすることもよいです。

言語を選択

次の「システム回復オプション」画面が表示されたら、「スタートアップ修復」を選択します。

システム回復オプション

これも失敗するなら、「システムの復元」オプションを試してみることができます。セーフモードでシステムの復元を実行することもできます。システムの復元はWindows 7を以前の状態に戻すことができます。しかし、復元ポイントが作成された後にインストールした更新プログラムやソフトウェアはシステムの復元後にすべて削除されています。そのため、システムの復元を開始する前に、影響を受けるプログラムの検出をお勧めします。

影響を受けるプログラムの検出

もし「コンピューターの修復」オプションが表示されないなら、Windowsのシステム修復ディスクからパソコンを起動して、これらのシステム回復オプションを利用することができます。

クリーンブート

何らかの作業を実行するためにセーフモードで起動する必要があります。でも時には、操作が完了した後、セーフモードから通常モードに設定してもWindowsが自動的にセーフモードで起動します。この問題は最近インストールしたソフトウェアやアプリケーションなどのせいで起きる可能性があります。こういう時、セーフモードオプションをオフにして、Windows 7をクリーンブートしてトラブルの原因を調べることができます。

手順 1. Windows + Rキーを同時に押し、ボックスに「msconfig」と入力し、Enterキーを押し、「システム構成」を開きます。

msconfig

手順 2. 「ブータ」タブをクリックし、セーフモード前のチェックボックスにチェックを外すことを確認します。チェックを入れる場合、それを外してください。そして、この変更を適用してWindows 7が正常に起動するかを確認します。これも役に立たない場合、次の手順を試してみます。

セーフモードチェックを外す

手順 3. 「全般」タブで、「スタートアップのオプションを選択」をクリックし、「スタートアップの項目を読み込む」オプションにチェックを外します。

スタートアップの項目を読み込む

手順 4. 「サービス」タブをクリックし、「Microsoftのサービスをすべて隠す」前のチェックボックスにチェックを入れて、「すべて無効」をクリックします。

すべて無効

手順 5. 「適用」をクリックします。

そうすると、システムが正常に起動するなら、一つのバックグラウンドプログラムが問題を起こすかもしれません。後は、最近インストールしたプログラムやサービスだけを一つずつ無効にして、一体どのプログラムが問題を引き起こすかを判断します。

セーフモードでしか起動しない問題の原因(プログラム)を見つけたら、そのプログラムをアンインストールしてWindows 7を通常スタートアップに戻してください。

ドライバの問題を修正

サードパーティ製ソフトウェアのほかに、ドライバの問題もWindows 7が通常モードで起動しないことを起こせるかもしれません。レジストリエントリ内の値をいくつか変更することでドライバの問題を修正できます。

でも、レジストリの編集が不適切である場合、もっと厄介な問題が起きるかもしれません。そのため、操作に対し特に注意を払ってください。レジストリ編集を行う前に、バックアップを取っておいたほうがいいです。

ノートパソコンを使用する場合

バッテリを持つコンピューター(ラップトップPCまたはノートPC)である場合、次の方法を試してみることができます。

手順 1. セーフモードでパソコンを起動します。

手順 2. 「コンピューター」を右クリックして「管理」を選択します。

手順 3. 「コンピューターの管理」が表示されるので、「デバイスマネージャー」を選択します。

手順 4. 「バッテリ」を選択します。

手順 5. 「Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery」項目を見つけて、無効にします。

そして、コンピューターを起動してWindows 7が通常モードで起動するはずです。もし、上述したすべての方法が問題を解決できないし、利用可能なシステムバックアップもないなら、Windows 7の再インストールしかを考えません。

トラブルを未然に防ぐ

Windows 7が通常モードで起動しなく、セーフモードだけで起動するような問題について、その本当の原因を詳しく把握することはかなり難しいです。可能性のあるすべてのソリューションを探し出し、試してみるのは面倒すぎるかもしれません。

そのため、コンピューターが正常に動いている時、システムバックアップのイメージを作成しておくのは最善の方法だと思います。どんな状況に遭っても、システムのイメージバックアップはWindowsを正常な状態に戻すことができます。ハードウェア障害が発生しても、Windowsを、異なるハードウェアを搭載した別パソコンに復元することができます。

AOMEI Backupper Standard

Windows 7に内蔵されている「バックアップと復元」機能と比べて、この無料バックアップソフト - AOMEI Backupper Standardはもっと多くのオプションを提供し、実行速度もはるかに速いです。

バックアップの設定

それはWindows 7のシステムをすぐにバックアップして復元することができます。また、AOMEI Backupperを使用して、システムイメージを定期的に自動バックアップしたり、増分バックアップや差分バックアップを設定して、データをうなく保護するほかに、時間やストレージ容量を節約することができます。