異なるハードウェアを搭載するPCまで既存のWindows 7インストールを移動します

「お使いのPCにWindows7の32ビットインストールがあります。現在のシステムには、再インストールに長い時間がかかり、仕事に関するソフトウェアが沢山インストールされるので、今のWindows 7を新しいコンピューターまで転送して使い続けるつもりです。それで目的を達するために、どのように新しいコンピューターまでWindows 7インストールを転送しますか。」

新しいPCまで既存のWindows 7インストールを移動する方法

通常に、古いコンピューターを新しいコンピューターに置き換える必要がある場合、直接な方法は新しいPCにシステムとアプリケーションを再インストールすることです。でも実際にユーザーはシステムおよび重要なプログラムを再インストールしたくないです。目的を達するために、新しいPCへのWindows 7インストールの移動は2つの方法があります。

方法1:システム準備 (Sysprep) ツール

Windows 7のシステム準備 (Sysprep) ツールは強力な内蔵ツールで、新しいコンピューターまでWindows 7を転送できます。すべてのインストールされているプログラム、ユーザープロフィール、プログラムの設定を維持できます。でも、Windows 7はOEM版である場合、このツールを再活性化できないかもしれません。一方で、修復インストールを含む格付けのないWindowsでsysprepを実行できないので、この状況、目的にも達しません。また、この方法は複雑で、すべての人に適切ではありません。

方法1:AOMEI Backupper Professional

AOMEI Backupper Professionalは一体型のPCバックアップソフトウェアであり、データを完全に保護できます。最近、このソフトウェアに「ユニバーサル復元」という新しい機能があります。ユーザーはそれを利用すると、既存のWindows 7インストールを新しいコンピューターまで簡単かつ安全に移動できます。転送後、Windows 7は新しいPCから正常に起動できます。次は詳細な手順を紹介します。

行う前に:

Windows 7のシステムイメージを作成したことを確認してください

ステップ1:新しいコンピューターを開くためにブータブルUSBまたはDVDを使用してこの目標を達成できます。(2台以上のコンピューターがある場合、PXEブートを使用して新しいコンピューターを開けます。)

ステップ2:AOMEI Backupperが起動します。「復元」をクリックし、そして「パス」をクリックして作成されたWindows 7のシステムイメージを探します。

システムイメージを探す

ステップ3:ポップアップでシステムイメージを保存する場所をクリックします。(ここではシステムイメージがネットワークに保存されています。)

Share NAS

ステップ4:バックアップポイントを選択し、そして「次へ」をクリックして継続します。

システムイメージを復元

ステップ5:Windows 7システムイメージを復元する宛先を選択し、そして「次へ」をクリックします。

ディスクを選択

ステップ6:すべてを設定した後、「開始」をクリックしてください。プログレスは100%に達すると、「完了」をクリックして操作から退出します。そして新しいコンピューターへの既存のWindows 7インストールの移動は終了しました。

ユニバーサル復元

ノート:

  • 「ユニバーサル復元を有効にする」はデフォルトでチェックされます。それをキャンセルしないでください。
  • もし宛先ディスクはSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックしたほうがいいです。

以上が述べた2つの方法はいずれも既存のWindows 7インストールを新しいコンピューターまで転送できます。しかし2つの方法を比較するとAOMEI Backupper Professionalはもっと使いやすいことだが分かれます。さらにこのソフトウェアを使用してHDDをSSDにクローン、SSDにOSを移行、パーティションをクローンすることもできます。