Windowsを再インストールしないでWindows 7をSSDに移行する2つの方法

SSDへの移行が必要である状況

今使っているHDDに不満がありますか?例えば、実行速度が遅くてHDDが摩耗します。心配しないで、Windows 7をSSDに移行するのはこの問題を解決できます。

時間が経つにつれて、コンピューターはますます遅くなっていきます。時には、数分がかかってコンピューターをようやく起動するのに、プログラムとファイルが開くまで長時間待っているかもしれません。

この問題を解決するために、ユーザーは現在のHDDをより優れたものに置き換える必要があります。ノートパソコンをスピードアップ、アップグレードするために、SSDにアップグレードする以上いい方法はありません。

HDDと比べたSSDのメリット

今、SSDはますます人気が高まり、普及しています。HDDと比べて、SSDの価格はより高いですが、HDDが持っていないたくさんの利点があります。

SSDの読み書き速度はHDDより速いです。

SSDの消費電力が少なくてノイズを発生させません。

SSDは摩耗しにくいです。

一般的にSSDの容量はハードディスクより少ないですが、重さがより軽いのでユーザーにとってそれを持ち込むのは便利です。

速い速度を求めるために、ほとんどのユーザーは現在のHDDをSSDにアップグレードしたいです。一般的に言えば、ここでは2つの方法があってSSDにアップグレードできます。1つはWindowsを再インストールすることで、もう1つはSSDにOSを移すことです。1つの方法を選択してください。確かにWindowsの再インストールは簡単そうです。クリーンインストールを行ってSSDにアプリケーションを再インストールするだけです。しかし、実は、それが時間を費やす仕事で、全然簡単ではありません。こんなに面倒な操作を実行したくないでしょう。そのためSSDにOSを移すことを通してSSDにアップグレードしたほうがいいです。それは速くて簡単な操作です。

Windows 7をSSDに移行する方法

基本的に、SSDへ引っ越しに2つの方法があります。Windowsに内蔵されているツールまたはサードパーティ製のソフトウェアでOSをSSDに移動することができます。

この部分は最初、内蔵ツールでWindows 7をSSDに移行する方法を紹介します

Windows 7はバックアップと復元の独自機能を持っています。SSDにシステムイメージを作成できます。そしてSSDから起動できるためにWindows 7 USB DVD ダウンロード ツール(WUDT)を使用してWindows 7起動可能なUSBドライブを作成する必要があります。次は詳細な操作方法です。

システムイメージを作成する

ステップ 1: 「スタート」をクリックして「コントロールパネル」を選択します。コントロールパネルで「システムとセキュリティ」を選択します。「バックアップと復元」を見つけて「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

ステップ 2: 「バックアップをどこに保存しますか?」という画面が表示されます。ここでは「ハードディスク上」をクリックしてSSDを保存先として選択します。そして「次へ」をクリックします。

SSDにバックアップ

ステップ 3: バックアップ元と、バックアップ先以外にもドライブが存在する場合、「どのドライブをバックアップに含めますか?」と表示されます。システムドライブとシステムで予約済み(ドライブ名)はデフォルトで含まれています。システムイメージと一緒にバックアップしたいドライブがある場合は、クリックしてチェックを付け、「次へ(N)」をクリックします。もちろん、それを無視することもできます。表示されない場合は、次の手順に進みます。

ステップ 4: バックアップの場所とバックアップイメージのサイズをチェックします。「バックアップの開始」をクリックしてバックアップの設定を確認します。完了する時、システムのイメージは既にSSDに格納されています。

バックアップの設定を確認

Windows 7 USB/DVD Download Toolを使用して起動可能なUSBドライブを作成する

ステップ 5: システムイメージのバックアップを作成した後、Windows 7の起動可能なUSBドライブを作成すべきです。Windows 7 USB/DVD Download Toolをダウンロードしてインストールします。

ステップ 6: 起動可能なUSBドライブを作成する前に、まずWindows 7のISOイメージファイルを指定することが必要です。

ステップ 7: Windows 7バックアップの作成に使用するメディアの種類を選択してください。ここではUSBデバイスを選択します。少なくとも4 GBのUSBデバイスを挿入してください。

メディアの種類を選択

ステップ8: 起動可能なUSBドライブの作成が完了する時、コンピューターをシャットダウンしてSSDを接続します。BIOSで起動デバイスの順番を設定する必要があります。通常、「Startup」または「Boot」といったメニューに起動方法をUSBドライブに変更します。

ステップ 9: そして「Windowsのインストール」の画面になりますので、そのまま「次へ(N) 」ボタンをクリックします。次の画面で、「コンピューターを修復する(R)」をクリックします。

コンピューターを修復する

ステップ 10: 「システム回復オプション」のダイアログが表示されたら、「以前に作成したシステムイメージを使用して、コンピューターを復元します。」にチェックを入れます。「次へ(N)>」ボタンをクリックします。

システム回復オプション

ステップ 11: 「利用可能なシステムイメージのうち最新のものを使用する( 推奨 )」をクリックします。そして「他の復元方法を選択してください」と表示されます。「次へ(N)」をクリックして復元プロセスを続行します。システムを再起動した後、Windows 7を既にHDDからSSDに移動しました。

システムイメージバックアップの選択

この方法はちょっと複雑で、時間を費やすと思っているかもしれません。しかし、クリーンインストールと比べて、この方法のメリットはWindowsの再インストールが不要であることです。クリーンインストールは以前のOS、アプリケーション、データファイルを含めません。この原因を考えると、この方法でOS、アプリケーションやデータファイルを維持できるので実はたくさんの時間を節約します。

その他にサードパーティ製のソフトウェアを使用してWindows 7 OSをSSDに移すこともできます。

サードパーティ製のソフトウェアでWindows 7をSSDに移行するもっと簡単な方法

AOMEI Backupper Proはディスクバックアップとシステムクローンができるソフトウェアです。それはWindows 7を再インストールしないでHDDをSSDにクローンできます。また、それは使用にとても速くて簡単です。数回のクリックだけでOSをSSDにクローンできます。次はAOMEI Backupper Proを使用してSSDにOSを移す方法を見てみましょう。

ステップ 1: AOMEI Backupper Proをダウンロードして実行します。

ステップ 2: 「クローン」タブをクリックして「システムクローン」を選択します。

システムクローン

ステップ 3: SSDをクリックして宛先ディスクとして選択します。そして「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

ステップ 4: SSDの最適化について、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」前のチェックボックスをチェックすることができます。そして「開始」をクリックしてクローンプロセスを始めます。

開始

ステップ 5: Windows 7でHDDをSSDにクローンした後、起動する時、BIOSに入って起動方法をSSDに変更します。そしてSSDから起動することができます。

ノート: 宛先ディスクはクローン後、上書きされます。そのため、その中に重要なデータがあれば、操作を適用する前に宛先ディスクのディスクバックアップを行う必要があります。

結論

Windows 7をSSDに移動する必要がある場合、自分の好みによって1つのやり方を選択してください。1つは無料ですが面倒です。もう1つは簡単ですが有償です。

オールインワンソフトとしてのAOMEI Backupper Proは、Windows 7をHDDからSSDに移行できるほかに、ディスクまたはパーティションのバックアップなど強力な機能も備えています。それはイメージファイルの暗号化、圧縮、分割をサポートします。3つの基本的なバックアップ、つまり、フル、増分、差分バックアップになると、それは優れたパフォーマンスを発揮し、Windows 7だけでなく、Windows 8/8.1/10、Windows Vista、XPにも対応します。