Windows 7でUSB回復ドライブ|システム修復ディスク|リカバリディスクの作成方法

この記事を読んで、Windows 7でUSBの回復ドライブ|システム修復ディスク|リカバリディスクを効果的かつ簡単に作成する方法を見つけましょう。したがって、システムがクラッシュした場合に、USB 回復ドライブによってシステムを修復または復元できます。

Windows 7でUSB回復ドライブ|システム修復ディスク|リカバリディスクの作成必要がある?

Windows 7コンピュータの使用中にシステムクラッシュなどの真剣なイベントが発生した場合は、システム修復ディスク/回復ドライブを使用して復元したり、システムを再インストールしたりできます。したがって、最初はWindowsのバックアップと復元のユーティリティを使用してシステム修復ディスクを作成するとは合理的です。しかし、この方法では、メディアはCDまたはDVDだけです。明らかに、この方法はCD/DVDなしのユーザーには適していません。この時点で、Windows 7USB回復ドライブを作成することができます。システムに問題が発生する前にUSB回復ドライブを作成していない場合は、別のコンピュータからUSB回復ドライブを作成することができます。

ISOからWindows 7USB回復ドライブ|リカバリディスクの作成方法

ISOを使用してリカバリUSBを作成する前に、ISOイメージファイルUSBドライブ、およびWindows 7 USB/DVDダウンロードツールの次のものが手元にあることを確認してください。その後、Windows 7のUSB回復ドライブ|リカバリディスクを作成する方法を詳しく見てください。

手順 1. USBフラッシュドライブを差し込み、Windows 7のUSB DVDダウンロードツールを実行し、「参照」ボタンをクリックしてソースファイルを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

ISOからWindows 7USB回復ドライブ|リカバリディスクの作成方法

手順 2. メディアタイプとしてUSBデバイスを選択します。

USBデバイスを選択

手順 3. USBドライブを作業中のコンピュータに差し込み、それを選択してください。次に、「コピー開始」をクリックします。

USBドライブを挿入

PS:USBメモリはこの過程でフォーマットされます。重要なファイルをバックアップすることをお勧めします。

手順 4. プロセス全体が終了すると、USB回復ドライブを作成し、コンピュータを復元することができます。

Windows 7でUSB回復ドライブ|リカバリディスクを作成する別の方法

ISOからWindows 7のUSB回復ドライブを作成するのは難しいことではありません。しかし、このドライブは、Windows ISOファイルとは異なるWindowsバージョンには使用できません。言い換えれば、Windows 7USB回復ドライブはWindows 10を実行しているコンピュータを修復するのに使用できず、Windows 7 64ビットからUSB回復ドライブはWindows 7 32ビットオペレーティングシステムを修復できません。

任意のバージョンのWindows 10/8/7を起動するには、AOMEI Backupperなどのサードパーティ製のソフトを使用して、USBドライブを備えたブータブルメディアを作成します。ブータブルメディアの作成とは別に、AOMEI BackupperはWindowsシステムのバックアップと復元を行うことができます。また、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー、リアルタイム同期を含むさまざまなスケジュールも提供します。イベントトリガとリアルタイムバックアップを使用するには、AOMEI Backupper Professional版を使用する必要があります。システムが起動できない場合は、作成した起動可能デバイスからコンピュータを起動し、システムバックアップファイルを使用してシステムを通常の状態に復元することができます。どのように動作するのか見てみましょう。

手順 1. USBドライブを作業中のコンピュータに接続し、オペレーティングシステムによって検出できることを確認します。

手順 2. AOMEI Backupperをダウンロードし、インストールして起動します。メインインターフェースで、「ユーティリティー」>「ブータブルメディアの作成」に進みます。

Windows 7でUSB回復ドライブ|リカバリディスクを作成する別の方法

手順 3. 2つの起動可能なディスクの種類から1つを選択します。(ここでは、Windows PEベースのブータブルメディアが選択されています)。

Windows PEベースのブータブルメディア

手順 4. システムがUEFIブートモードの場合は、次の2つのオプションがあります。

  • ブート可能ディスクをUEFIブートモードに基づいて作成する(推奨)

  • レガシーブートモードに基づいてブート可能ディスクを作成します。

ブート可能ディスクを作成

手順 5. 3つのオプションの中から起動可能なメディアを選択します。こちらでUSBを選択してください。次に、「次へ」をクリックしてこの操作を実行します。

起動可能なメディアを選択

注意:

  • 手順 2:Linuxベースのブート可能メディアを使用すると、AOMEI Backupperのような基本機能を適用できます。Windows PEベースのブータブルメディアを使用すると、すべての機能にアクセスできます。

  • 手順 3:従来のBIOSベースおよびUFEI(Unified Extensible Firmware Interface)は、2つの異なるブートモードです。今、UEFIはレガシーBIOSを置き換えています。

進捗状況が100%に達したら、「完了」アイコンをクリックします。

起動可能なUSBドライブを正常に作成したら、コンピュータから起動する方法を知りたいかもしれません。まず、システムを復元する必要があるコンピュータにUSBドライブを挿入する必要があります。

次に、コンピュータを起動している間に特定のキーを押してBIOSに入ります(別のコンピュータモデルの場合、キーは異なる場合があります)。一般的にデスクトップ用のDelキーとラップトップ用のF2キーです。どのキーを押すかわからない場合は、PCのマニュアルまたはWebサイトを参照してください)。最後に、USBデバイスを選択し、「Enter」キーを押して起動可能なUSBドライブを起動します。

EFI USBデバイスから起動する

そしてAOMEI Backupperのメインインターフェースに入ります。ここでシステムを復元できます。

まとめ

システムがトラブルに巻き込まれる可能性があります。Windows 7のコンピュータを保護するために、Windows 7 USB回復ドライブ|リカバリディスクを作成することはよい考えです。コンピュータの所有者が異なるWindowsシステムを実行している場合は、AOMEI Backupperを使用してブータブルメディアを作成することができます。ただ1つのWindows 7のブートUSBドライブを作成し、それをWindows 7/8/10コンピュータに適用することができます。AOMEI Backupperを使用すると、パーティション、ファイル、ディスクをバックアップすることもできます。バックアップを作成したくない場合は、AOMEI Backupperを使用してディスクまたはシステムをクローンすることもできます。まったく、データやシステムのセキュリティを保護する優れたバックアップと復元ソフトです。