Windows7のOSをどのようにバックアップしますか?

Windows7 OSバックアップとは一体何ですか?

Windowsでは、オペレーティングシステムのバックアップ は、システムやブートファイル両方をバックアップすることです。XP、Vista、Server 2003などのWindows7前のWindowsのオペレーティングシステムは、システムパーティションとブートパーティションが一緒にされています。そのため、システムドライブだけをバックアップすることは十分です。ただし、Windows7とWindows8の場合、ユーザーはブートおよびシステムパーティション両方をバックアップする必要があります。ブートパーティションは、「システム予約済みパーティション」と表示されています。

なぜWindows 7 OSをバックアップ しますか?

一般的に言えば、コンピュータが一定期間使用された後、システムクラッシュのようなディスクの問題が起こってきます。このような条件で、多くのユーザーは、オペレーティングシステムを再インストールします。しかしながら、皆知っている通り、OSの再インストールのプロセスは複雑で時間のかかるものです。さらに悪いことに、すべてのアプリケーションも再インストールされる必要があります。そのように、システムおよびアプリケーションの再インストールを回避するためには、システムドライブのフルバックアップを行うことは最高の解決策です。オペレーティングシステムに問題がある場合は、イメージファイルを使用して短時間で以前の状態にOSを復元することができます。

強力なフリーツールでWindows7 OSをバックアップします

Googleで検索した後、市場に出回っているバックアップソフトウェアが多いと見つけることが難しくありません。しかし、オペレーティングシステムをバックアップする必要があるユーザーにとっては、低価格で高効率なツールを選択することが非常に重要です。 強力で無料のバックアップソフトウェアとして、AOMEI Backupperが、容易かつ完全にタスクを完了することができます。それは自動的にブートやシステムパーティションを一緒にバックアップする「システムバックアップ」機能を追加しました。

それでは、詳細手順を見てみましょう。

ステップ1、AOMEI Backupperを起動してください。そして、「バックアップ」をクリックします。サブメニューで、 「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ2、 ソフトが自動的にソースパーティション(Cパーティション)を選択します。

ソースパーティション

ステップ3、「2」をクリックして宛先パーティション(Fパーティション)を選択します。

宛先パーティション

ステップ4「開始」をクリックしてタスクの完了を待ちます。

開始

バックアップ方法は フルバックアップ差分バックアップそれに増分バックアップ3種類に分類されています。後者の二つの方法がバックアップ時間を節約するのに役立ちます。また、操作プロセス途中に、バックアップされたイメージファイルを圧縮、分割、暗号化することができます。また、このツールは、ディスク/パーティションのクローン、イメージファイルのチェックなどを行うことができます。

上記のデモから、ある程度で、ユーザーがなぜ、Windows7のOSをバックアップする理由がわかると信じています。それでは、この バックアップソフトウェアをダウンロード して試してみましょう。それはあなたを失望させません!

関連記事: