Windows 7をネットワークドライブにバックアップします

なぜWindows 7のバックアップが必要ですか

コンピューターシステムのバックアップは、コンピューターのデータを管理するのに一つの重要な部分です。Windows 7は広く使用されたシステムであるから、それは定期的にバックアップされる必要があります。実際に、コンピュータークラッシュを回避するために、システムを含む全てのデータ(例えば、オーディオ、ビデオ、テキスト、グラフィックス、アプリケーションまでも)は定期的にバックアップされる必要があります。バックアップはコンピューターユーザーにとって信頼性があります。HDDのクラッシュがいつ発生するか誰も知りません。

幸いなことに、市場はユーザーに様々なソリューションを提供します。複数の選択肢の中に、一般的なユーザーにとって無料バックアップソフトウェアはより人気があります。AOMEI Backupperは一つの無料ソフトウェアであり、良い性能を持っています。

ネットワークドライブにバックアップする利点

USBフラッシュディスクと比べて、ネットワークドライブはいくつかの利点があります。ユーザーは、ネットワークドライブを介してファイルをアップロードしたかぎり、別のコンピューターからそれらをダウンロードすることができます。他の例、友達とファイルを共有する時、USBフラッシュドライブは人から手で他の人に渡すことを要求しますが、ネットワークドライブは効率的にこの欠陥を回避できます。ネットワークの接続があるかぎり、ネットワークドライブは大幅な領域で重要ば役割を果たしています。

詳細な手順

AOMEI Backupper Standardはバックアップと回復の無料ソフトウェアであり、使用により簡単で、安全で速いです。それは一般的なユーザーのためにデザインされます。システム/ファイル/フォルダ/ディスク/パーティションのバックアップ、システム/ファイル/ディスク/パーティションの復元、ディスク/パーティションのクローンなどの基本的な機能とブータブルメディアの作成みたいな他の機能を提供します。ネットワークドライブのバックアップを実現するために、AOMEI Backupper Standardはいくつかの手順だけが必要です。

ステップ1: AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、実行します。主なインターフェイスで「バックアップ」をクリックします。そして「システムバックアップ」を選択します。AOMEI Backupperはユーザーのために自動的にパーティションCを選択したので、「1」は何も操作が必要ではありません。「2」は、他の場所を宛先パスとして選択することを要求します。

他の場所を選択

ステップ2: 小さなウィンドウはポップアップします。この度に、「Share/NAS」をクリックして、ターゲットネットワークを指定します。

Share/NASを選択

ステップ3: 正確な情報をブランクに入力します。ターゲットネットワークは暗号化された場合、ユーザーはユーザー名とパスワードを入力する必要があります。そして、バックアップを「開始」します。成功を待っています。

ブランクに入力

結論として、AOMEI BackupperでWindows 7をネットワークドライブにバックアップするのは賢い選択肢です。素人でも簡単にそれを使用できます。Windows 7ネットワークドライブのバックアップに加えて、AOMEI Backupperはユーザーの様々なニーズを満たせる他の機能もあります。それは良い助手です。推薦された価値があります。