Windows 7システムを外付けHDDに自動バックアップする方法【初心者でも簡単】

Windows 7を外付けハードディスクに自動バックアップする方法が、2つあります。今回はWindows7の標準のバックアップ機能とAOMEI Backupper Standardを利用してOSを外付けHDDに自動バックアップする方法を紹介したいです。初心者の方でも大丈夫だと思います。

Windows7のOSを外付けHDDにバックアップする理由

なぜWindows 7でシステムイメージを取る?

システムイメージとはOSが入っているドライブ(Cドライブ)のバックアップであることで、ご利用中のPCのほぼ全ての設定やアプリケーション(ソフト)などが完全にバックアップされたものです。バックアップ先もOSが入っているドライブと同じ容量が必要になります。

Windows10が配布されますが、利用中のWindows7パソコンをWindows10にアップグレードした後に「ソフトが動かなかった」などで不具合に見舞われることもあるでしょう。結局しばらくWindows7を使うしかない。こういう時、「やっぱりwindows7に戻そう」と思っても初めから全てをインストールし直すのはとても面倒ですし時間の無駄です。そうならない為にもWindows7標準のバックアップ機能または他のバックアップソフトを用いてOSから設定までWindows7のOSをバックアップしておくべきです。

また、パソコンに問題が発生した場合にはシステムイメージからWindowsやシステムの設定などを現在の状態に戻すことができます。仮にお使いのWindows 7パソコンが不測の事態によって起動しない等のトラブルに遭遇する場合でも、Windows 7のバックアップイメージを使用すると、OSの再インストール、アプリケーションのセットアップや設定の変更などを省くことができて、お使いのパソコンを作成した時点の状態に復元することが可能になります。

なぜバックアップ先に外付けHDDを選択する?

ステムイメージのバックアップ先は、内蔵ハードディスク、外付けハードディスク、DVD/BDメディア、ネットワークの共有フォルダーの場所などが選択できますが、なぜ外付けHDDを選択することをおすすめしますか?

データの安全性を考えれば、バックアップイメージを内蔵ハードディスク以外のメディアに保存したほうがいいです。また、OSが入っているドライブ(Cドライブなど)の使用領域が収まる容量が必要となります。外付けHDDは、USBポートを使ってパソコンに簡単に接続できるハードディスクで、データ容量が多くて高速なので、バックアップには最適といえるでしょう。

Windows7の標準機能でOSを外付けHDDにバックアップする方法

パソコンに問題がある時点でシステムイメージを作成した場合、その問題も含めてシステムイメージが作成されます。だから、システムイメージの作成は、パソコンが正常に動作しているときに行うことをおすすめします。

1. 作業前にあらかじめ外付けHDDをパソコンに接続してください。そして「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

2. 「コントロールパネル」が表示されるので「バックアップの作成」をクリックします。

バックアップの作成

3. 画面左側の「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

4. 「バックアップデバイスを検索中です…」というメッセージが表示されるので、しばらく待ちます。そしてバックアップイメージの保存先を選択します。 ここでは例として、「ハードディスク上」をクリック、外付けHDD「ボーリューム(G)」を選び、「次へ」をクリックします。

システムイメージの保存先

5. OSドライブのみのバックアップなので、はじめからチェックが入っている箇所だけでOKです。「次へ」をクリックします。

バックアップ対象の選択

6. 「バックアップの開始」をクリックします。

バックアップの開始

「バックアップを保存しています…」というメッセージが表示されるので、しばらく待ちます。OS領域のサイズによって時間は違いますが、結構待ちます。バックアップが完了すると、「システム修復ディスクを作成しますか?…」というメッセージが表示された場合は、「いいえ」をクリックします。「閉じる」をクリックします。

以上で標準のバックアップ機能を使い、Windows 7システムを外付けHDDにバックアップする方法です。明らかに欠点があります:システムイメージはドライブ全体のファイルをコピーするため長時間かかりますし、システムイメージを作成するには、管理者アカウントでサインインするか、管理者アカウントのパスワードが必要ですし、バックアップ先に外付けハードディスクを使用する場合は、NTFS形式でフォーマットされている必要があります。

次はWindows 7を外付けHDDにバックアップするもっと柔軟な方法を紹介します。

バックアップソフトでOSを外付けHDDに自動バックアップする方法

AOMEI Partition Assistant StandardはWindows 7/8/10に対応するバックアップ&リカバリフリーソフトで、Windows 7を外付けHDDに自動バックアップできます。この頼もしいツールを使い、Windows 7システムイメージを自動作成する手順は次の通りです。

手順 1. 外付けハードディスクをパソコンに接続して、認識できることを確認してください。AOMEI Backupperを無料でダウンロード、Windows 7にインストールして起動します。「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

手順 2. AOMEI Backupperはデフォルトで全てのシステムファイルを選択したので、バックアップイメージを保存する外付けHDDを選択するだけで十分です。

バックアップ先

手順 3. バックアップ先を選んだ後に「開始」をクリックできますが、定期的にバックアップを自動実行して欲しい場合、「スケジュール」をクリックしてスケジュールバックアップを設定してください:「普通」タブでタスクを実行する頻度を設定できます。デイリー、ウイークリー、マンスリー、イベントトリガーAOMEI Backupper Professional以上のバージョン)を選択できます。

普通タブ

「詳細」タブでフルバックアップ、増分バックアップまたは差分バックアップを選択できます。

詳細タブ

手順 4. 全てが設定されたら、「開始」をクリックしてバックアップタスクを実行します。

開始

AOMEO Backupperを使用してWindows 7システムを外付けHDDに自動バックアップするのは簡単でしょう。必要があれば、AOMEI Backupperを使用してパソコンを前の状態に戻すこともできます。また、それはブータブルメディアの作成異なるハードウェアへの復元など機能を備えています。