Windows 7で完全なHDDバックアップを取る方法

Windows7を使用しているユーザーにとっても、Windows7からWindows10にアップグレードするユーザーにとっても、Windows7のHDDバックアップは必要不可欠なものだ。Windows7に不具合が発生する場合やWindows10が稼働できなくなる場合、バックアップイメージを使ってパソコンを以前のWindows7の状態に戻したいかもしれません。これは最も便利な手段です。この記事はWindows7でハードディスクバックアップを作成する2つの方法を紹介します。

Windows7 HDD バックアップについて

まず、ハードディスクとはパソコンで使われている大容量の記憶装置です。「ハードディスクドライブ」を略して「HDD」と呼ばれることもあります。一般的なパソコンには、少なくとも1台のHDDが内蔵されており、OS(Windowsなどのオペレーティングシステム)を含む様々なデータやソフトを保存しています。

そしてHDDのバックアップは通常、パソコンで使用されるソフト、データなど、自分で作成したドキュメントや画像などのファイルデータを含めるHDDの全内容を丸ごとバックアップすることで、データを守るのに一番安全な方式だと思います。Windows7の標準機能又は専用のソフトを利用してHDD全体のイメージを保存しておくことができます。

最後はWindows7のディスクをバックアップする理由はHDDが故障した場合でも、パソコンをバックアップした時点の環境に復元できることです。OS環境、ソフト、データなど全てを元通りにすることができます。そのため、Windows7ハードディスクバックアップがあれば、データ紛失のことは二度と心配する必要がありません。

Windows7の標準機能でHDDバックアップを作ろう!

Windows7は、もとからついている機能でWindows7ディスクをバックアップができるんですが、作業を始める前に最初に考えているのは:バックアップ先として使えるものが多いですが、どれを選んでいいですか?例えば、特定の画像や動画をバックアップしたい場合は、CD-RやDVD-R、USBメモリーがおすすめです。ただし、データの量が多すぎると、CD-RやDVD-Rでは容量が足りないかもしれません。今回はWindows7のHDDをまるごとバックアップしたい場合、データ容量が多い外付けHDDを使った方がいいです。

ステップ 1. 外付けHDDを接続したら、「スタートボタン」→「コントロールパネル」の順にクリックします。

ステップ 2. システムとセキュリティの項目にあ「バックアップの作成」をクリックします。

バックアップの作成

ステップ 3. 「バックアップと復元」の画面が表示されるので「バックアップの設定」をクリックします。

バックアップの設定

ステップ 4. しばらくすると、バックアップイメージの保存場所を選択する画面が表示されるので、バックアップ先のHDDを選び、「次へ」をクリックします。

保存先

ステップ 5. 次に「自分で選択する」という項目をクリックしてバックアップの対象選択画面が表示されるのでバックアップしたいデータにチェックマークを入れて「次へ」をクリックします。

ノート:今回はWindows7 HDD全体をまるごとバックアップしたい場合は、すべてにチェックマークを入れ、「次のドライブのシステムイメージを含める」にもチェックを入れましょう。

バックアップの対象

ステップ 6. 今回だけバックアップを行う場合、バックアップ設定の内容を確認してから「設定を保存してバックアップを実行」をクリックします。

もし、自動的にWindows 7ディスクのバックアップを作成したい場合は「スケジュールの変更」をクリック、「スケジュールに従ってバックアップを実行する」という項目にチェックしてください。そしてバックアップイメージを作成する頻度を選択できます。「OK」をクリックした後、「設定を保存してバックアップを実行」をクリックします。

スケジュールの変更

バックアップが始まります。バックアップが完了するまでしばらく待ちましょう。

AOMEI BackupperでWindows7 HDDバックアップを作ろう!

Windows7に内蔵されている機能でディスクをバックアップするのは非常に便利ですが、データ量によっては、バックアップに時間がかかるので、毎日、毎週、毎月でも行うのは大変な場合もあると思います。こういう時、増分や差分だけをバックアップしてくれるソフトが役立ちます。

ここでは専用のバックアップフリーソフトAOMEI Backupper Standardをお勧めします。これはハードディスク内のデータを定期的にバックアップできる便利なツールです。また、「ディスクバックアップ」の「圧縮」機能を使用すれば、イメージファイルのサイズを縮小できるため、より多くのストレージ容量を節約できます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。「バックアップ」→「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックします。バックアップしたいディスクを選択してから「追加」をクリックします。

ソースディスクを選択

ソースディスクを追加

ステップ 3. 次のウィンドウでバックアップ先を選択します。最後は「開始」をクリックして操作が始まります。

開始

ヒント:

  • バックアップを実行する前に、「オプション」をクリックしたら、圧縮、分割、VSSなどの機能を自分のニーズにより、設定することができます。

  • 「スケジュール」をクリックしたら、フル/増分/差分バックアップを特定の時刻及びイベントに自動で作成することができます。

  • AOMEI Backupper Standardは「ファイルバックアップ」の方式もあります。重要なファイルだけをコピーできます。

まとめ

毎日パソコンを利用していると、データがハードディスクに保存されていることを意識しなくなり、いつまでもそのままの状態で使えるような気がしてしまいます。しかし、使用期間が長くなるほどHDDが故障する確立は高くなっていきます。パソコンのハードディスクが、明日も問題なく使えるとは限りません。だから、大切なデータを失わないためには、Windows7の「バックアップの作成」又は「AOMEI Backupper Standard」を使用してWindows 7のHDDバックアップを取ることが必要です。