Windows7バックアップと復元は自動的に古いバックアップを削除します

古いバックアップの削除についてのディスク領域の管理

Windows7は内蔵ツールバックアップと復元があるから、以前のOSよりバックアップがもっと簡単になりました。より多くのユーザーは定期的にOSとデータをバックアップし、保存するためにより多いディスク空間が必要です。実は、それらの古いバックアップは沢山のディスク領域を占めます。古いバックアップを削除したらより多い空間を得ることができます。ここではWindows7バックアップと復元が自動的に古いバックアップを削除する方法がありますか。技術的に、内蔵のWindowsツールはダメですが、Windowsで古いバックアップを手動で削除できます。

Windows7で古いバックアップを手動で削除する方法

バックアップを設定すると、Windowsはデフォルトで全てのファイルとフォルダをバックアップします。次の手順に従って古いバックアップを削除できます。

ステップ1.「スタート」>「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「バックアップと復元」をクリックします。または、「スタート」をクリックし、バックアップを入力して、「バックアップと復元」をクリックします。「領域の管理」をクリックします。

領域の管理

ステップ2.「バックアップの表示」を選択します。

バックアップの表示

ステップ3.削除したいバックアップを選択して、「削除」ボタンをクリックします。それで、より多い空間を得られます。

バックアップを削除

更に、システムバックアップの最新のバージョンを保持して、スペースを節約できます。ステップ2に戻って、今回、「設定の変更」をクリックします。「最新のシステムイメージのみを保持し、バックアップの使用領域を最小にする」を選択して、「OK」をクリックします。

設定の変更

システムイメージのみを保持

一度に手動で古いバックアップを削除することは簡単ですが、この操作を何度も繰り返さなければならない場合、迷惑で、時間を費やします。また、古いバックアップの削除を忘れちゃって、バックアップの進行は容量不足で停止するなら、どうするの?最新のシステムイメージのみを保持し、バックアップの使用領域を最小にするのはシステムイメージだけに適用します。ファイルレベルバックアップでこれを行う方法がありますか。

幸いなことに、答えははいです。AOMEI Backupperみたいなサードパーティ製のソフトウェアの助けを借りてWindowsバックアップと復元は自動的に古いバックアップを削除できます。AOMEI Backupのディスクスペースの管理は作成されたバックアップイメージを管理して、バックアップ場所のディスク容量不足の問題を回避できます。この削除機構は古いバックアップを自動的に削除して、新しいバックアップのためにディスク領域を解放することを設定できます。より詳細な説明について、それは、新しいバックアップが生成した後設定された具体的な年月日を超えるフルバックアップとそれに関わる増分や差分バックアップを削除します。

AOMEI Backupperで古いバックアップの自動削除を設定します

AOMEI Backupディスクスペースの管理をダウンロードして、無料体験を試してみましょう。

バックアップの処理中でこの機能を設定できます。ファイルやシステムをバックアップする時、左下隅で「スキーム」をクリックします。

システムバックアップスキーム

今、「ディスクスペースの管理を有効にする」の前にあるボックスをチェックして、このウィンドウで設定を指定できます。それの後に、「開始」をクリックして、古いバックアップは自動的に削除されることができます。

スキーム

要するに、Windows7バックアップと復元は自動的に古いバックアップを削除することは簡単に完了できます。実は、削除機構の機能はいくつかのAOMEI Backupperのバージョンにあります。例えば、AOMEI Backupper Professional、AOMEI Backupper ServerとAOMEI Backupper Technicianです。個人的なニーズによって、それらの一つを選択します。また、Windows 7バックアップと復元が含まらない機能(例えば、暗号化、圧縮、増分と差分バックアップ)も体験できます。Windows7の他に、それらの全てはWindows 10/8/8.1/XP/Vista (32/64-bit)をサポートします。一つをダウンロードして、新しい旅を始めましょう。