Windows10のWBadminで、システムイメージバックアップを作成する

WBadminの簡単な紹介

Microsoftは、Windows 7以来、ユーザーがとても強いシステムユーティリティファイル(特にシステム管理者にとって)‐履歴とOneDriveを使用して欲しいです。だから、Windows 8/10でステムイメージバックアップツールを見つけることが難しいです。しかし、Windows 10のWBadminを使用して、他の方法でシステムイメージバックアップを作成することができます。この方法はコマンドプロンプトから、OS、パーティション、ファイルとフォルダをバックアップすることや復元することができます。ちなみに、Windows VistaやWindows 2008に特定のボリュームだけをバックアップすることができます。WBadminでバックアップを始める為に、管理者としてPowerShellコマンドレットまたは特権のコマンドプロンプトを開きます。

Windows10のWBadminでバックアップを作成する

全体HDDまたはパーティションはバックアップドライブとして、外付けHDDは宛先として設定されるのはお勧めします。ネットワークに介して、システムイメージバックアップは共有フォルダにバックアップすることができます。

Windows10のWBadminを使用して、バックアップを開始します:

1. 管理者として、PowerShellまたはCMDウィンドウを起動します。これを行う為に、スタートスクリーンから検索して、「管理者として実行」を選択します。

2. PowerShellまたはコマンドプロンプトウィンドウで、バックアップコマンドを入力して、「Enter」を押します。

Windows10の構文:

Wbadmin start backup [-backupTarget:{<BackupTargetLocation> | <TargetNetworkShare>}] [-include:<ItemsToInclude>] [-nonRecurseInclude:<ItemsToInclude>] [-exclude:<ItemsToExclude>] [-nonRecurseExclude:<ItemsToExclude>] [-allCritical] [-systemState] [-noVerify] [-user:<UserName>] [-password:<Password>] [-noInheritAcl] [-vssFull | -vssCopy] [-quiet]

例: WBadmin start backup -backupTarget:E: -include:C: -allcritical -quiet

Start Backup

そして、システムイメージバックアップが進行しています。このコマンドは、プロンプトなしで全ての重要なボリューム(システム状態が含まれているパーティション)を含むC:ドライブをE:ドライブにバックアップします。ニーズに基づいて、コマンドを書くことができます。このシステムバックアップを復元するために、インストールディスクをブートするまたはドライブをリカバリする必要があります。Repair your computer > Troubleshoot > Advanced optionsを介して、システムイメージ回復に入ります。

Windows 10のWBadminコマンドラインでバックアップを実行するのは非常に便利ですが、それはいくつかの制限があります。NTFSフォーマットのパーティションだけをバックアップすることができます。重要なボリュームにバックアップするできません。スケジュールバックアップを実行する度に、ファイルの名前を変更しないと、ただ一つのスケジュールバックアップと1つのイメージファイルを実行することができます。それらの制限を解除するために、別のサードパーティ製のバックアップと復元ソフトウェア-AOMEI Backupperを使用することができます。

AOMEI BackupperでWindows 10システムをバックアップする

AOMEI Backupperは、windows 10の最高バックアップソリューションの一つとして、ユーザーがコマンドラインまたはグラフィカルインターフェースからバックアップし、復元することができます。Backupperで、ファイルエクスプローラで検出することができる重要なボリュームやフォルダを含む任意のボリュームにバックアップすることができます。フル、差分、増分バックアップ、複数のスケジュールを設定することができます。ディスクバックアップやシステムバックアップを使用して、異なるハードウェアを復元することができます。ブータブルメディアまたはAOMEI PXE toolを使用して、コンピュータを起動できない場合、復元することができます。そして、ここはより多くの機能です。

AOMEI Backupperは任意のガイドを借りずに、イメージバックアップを作成するのはただ数回のクリックが必要です。初めてはこの簡潔なインターフェースとデザインなので試してもいいです。

バックアップタブ

AOMEI Backuperのコマンドラインバックアップユーティリティを使用するのは、かなりWindows10 WBadminと同じようなんです。バックアップと復元の以外、コマンドラインからクローン機能を使用することができます。AOMEI Backupperコマンドラインユーティリティのすべてのパラメータを見られるために、コマンドプロンプトから次のコマンドを実行します:"AMBackup.exe /?"。AOMEI Backupperコマンドラインユーティリティは有料版でのみ使用できますが、AOMEI Backupper Professionalの30日間の試用版をダウンロードすることができます。