Windows 10で「回復環境が見つかりません」

Windows 10の回復環境が見つかりませんか?この記事では、Windows 10/8/7でWinREを見つけることができない修復のためのオールインワンソリューションを提供します。

「回復環境が見つかりません」エラー

Windows 10を実行しているDellコンピュータを持っていて、今日誤って回復パーティションを削除します。そこで、Dell AW 15 R3のカスタムインストールを実行したいですが、WinREの問題が原因でDell修復プログラムをインストールできませんでした。だから、どのようにWindows 10の「回復環境が見つかりません」エラーの修復を行いますか?

明らかに、Asus、Dell、Surface Pro 3、および他のコンピュータでWindows REイメージファイルが見つからないことがあります。

Windows 10/8/7でWinREとは

ご存じのように、Windows回復環境(WinRE)を使用して、オペレーティングシステムのブート失敗を修復することができます。WinREには「自動修復ツールやその他のトラブルシューティングツール」、「プッシュボタンリセット」、「システムイメージのリカバリ」のような必要なツールがあります。一般に、winreイメージファイルwinre.wimは、Windowsパーティション(リカバリまたはCパーティション)の「¥Windows¥System32¥Recovery」フォルダに保存されます。

Windows 10で「回復環境が見つかりません」原因

誤ってリカバリパーティションを削除する場合を除いて、Windows 10 Recovery環境が失われた原因は他にもあります。

  • Windows REのステータスに「無効」と表示されます。

  • Winre.wimファイルが見つからないか無効です。

  • Winre.wimファイルがウイルスに感染している可能性があります。

  • Windowsのレジストリキーが破損しています。

Windows 10で「回復環境が見つかりません」エラーの修復方法

ここでは、Windows 10で「回復環境が見つかりません」エラーを修正する5つの方法を紹介します。

方法 1. Windows回復エージェントを有効にする

Windows回復環境が無効になっている場合は、有効にする必要があります。

1. Windows 10で「スタート」を押します。

2. 「cmd」と入力し、管理者として実行します。

3. 「reagent /info」を入力し、Enterを押します。

4. Windows REの状態が「無効」と表示されている場合は、次のコマンドを入力して有効にします。

reagentc /enable

このオプションを有効にしても、Windows回復環境が見つからない場合は、別の修復方法を試すことができます。

方法 2. システムファイルチェッカーを実行(SFCツール)

Winre.wimファイルが見つからないか破損している場合、システムファイルチェッカーは破損をスキャンして自動的に修復するのに役立ちます。手順は次のとおりです。

1. デスクトップで「スタート」を押します。

2. 検索ボックスに「cmd」を入力し、管理者として実行します。

3. 「sfc /scannow」と入力してEnterキーを押します。

しばらく待って、問題が解決したかどうかを確認してください。

方法 3. アンチウィルスソフトウェアを実行

コンピュータがウイルスに感染しているかどうかを確認するには、ウイルス対策ソフトウェアを実行してマルウェアやウイルスを削除します。次に、問題が解決されているかどうかを確認します。それがうまくいかない場合は、次の方法で試すことができます。

方法 4. 破損したWindowsのレジストリキーを修復

プロのPCユーザーでない限り、破損したレジストリキーを手動で修復するための推奨方法ではありません。誤って編集すると、コンピュータの起動が拒否され、OSを再インストールする必要が生じる可能性があります。お気をつけください。

その前に、Winre.wimに関連するレジストリをエクスポートしてファイルバックアップを実行する必要があります。次に、Windowsレジストリを編集して修復します。手順はGoogleにあります。

方法 5. Windows 10インストールディスクを使用

Windows 10のインストールディスクをお持ちの場合は、Windows 10をリセットしてリカバリ環境を修正することができます。しかし、Windows 10のリセットが失敗することもあります。

回復オプションとして別の信頼できる方法

上記の方法がうまくいかない場合は、おそらく最高のシステムバックアップと復元ソフト--AOMEI OneKey RecoveryはWindows XP, Vista, 7, 8, 8.1 and 10, Windows Server 2003/2008 (R2)/2012 (R2)/2016, SBS 2003/2008/2011, WHS 2011をサポートします。Windows 10をバックアップし、予防措置を取るために以下の手順を実行してください。

1. まず、ダウンロードしてWindows 10にインストールしてから、このプログラムを開きます。

2. メイン・インターフェースで「OneKey System Backup」をクリックします。

OneKeyシステムバックアップ

3. 「Backup system to AOMEI OneKey Recovery Partition (Recommended)」または「Backup system to other location」にバックアップしてください。

OneKeyリカバリパーティションへのバックアップシステム

4. システムイメージファイルを保存する隠しファクトリリカバリパーティションを作成するパーティションを選択し、「Start Backup」を押します。

バックアップの開始

しばらくすると、AOMEI OneKey RecoveryはWindows 10用の回復環境を作成します。

システムバックアップ完了

また、AOMEI OneKey Recoveryは、システムの起動に失敗した場合や他のシステムファイルが破損した場合にワンキーでWindows 10を復元するに役立ちます。復元するには、次の手順を実行します。

1. メイン・ウィンドウで「OneKey System Restore」をクリックします。

2. 「Restore system by using the image file in AOMEI OneKey Recovery Partition」または「Restore system by selecting a system image file」を選択し、「次へ」を押します。

システム復元

3. 「Start Restore」をクリックしてWindows 10を復元します。

復元を開始

ヒント

  • WinPEでシステムリカバリが完了します。

  • Windows 10を起動できない場合は、F11キーまたはAキーを押してショートカットを設定した後にOSを復元するためのonekey回復環境に入ることができます。

  • AOMEIが提供するOneKeyシステムのバックアップと復元は、Windows 7,8、8.1などの一般的なオペレーティングシステムにも適用されます。

AOMEI OneKey Recoveryの助けを借りて、それをWindows 10回復オプションに追加し、必要に応じてWindows 10を簡単に復元することができます。