Windows 10でファイルをネットワークドライブにバックアップします

ファイルを安全に格納し、容易に共有できるため、ネットワーク上のドライブにバックアップしたことありますか。今回の記事はAOMEI Backupperを使用して、Windows 10でファイルをネットワークドライブにバックアップする方法を紹介します。

ネットワークドライブについて

ファイルをネットワークドライブにバックアップするということで、数多くのユーザーはこのデバイスに明るくありません。では、まずネットワークドライブについて説明します。

ネットワークドライブはビジネスや家庭内のローカルアクセスネットワーク(LAN)上のストレージドライブです。企業内では通常ネットワークドライブはサーバーまたはNAS(network-attached storage)デバイスに配置されます。家庭の方は、専用サーバー、NASドライブ、外付けHDDまたはネットワーク上のパソコンのいずれの形で配置されます。ネットワークドライブはパソコンの場合はそのパソコンの電源が切れていると、他のユーザーはそのドライブにアクセスできなくなります。

ネットワークドライブにファイルをバックアップする理由

家でネットワークドライブを使用し、普段パソコンを使わなくてもファイルの保存と共有を簡単に実現できます。ドライブに十分の容量があれば、ネットワーク上の皆のパソコンのバックアップにも使用できます。更に、ネットワークドライブは落下などの事故による壊されるリスクがパソコンより低いです。従って、Windows 10パソコンのファイルをネットワークドライブにバックアップするのはよい選択ですね。それで、どうやってバックアップするの?

それにしても、元のHDDが小さすぎる場合は、OEM Windows 10を大容量のHDDに移行する必要があります。また、より速い読み込み速度と良いパフォーマンスを得るために、OEM Windows 10をSSDに移行しなければいけないんです。

  

理想なバックアップツール

暗号化、スケジュールバックアップ、増分バックアップと差分バックアップなどは、理想的なバックアップソフトウェアを探す際にユーザーが求めている機能です。様々な要求を満たすため、オールインワンのバックアップソフトAOMEI Backupperを試してみる価値があります。このソフトは多くの高度な機能を備えているので、パソコン音痴でも簡単かつ迅速にパソコンのバックアップ/復元とクローニング操作を実現できます。

AOMEI Backupperを持ってファイルをネットワークドライブにバックアップします

バックアップを行うため、まずはネットワークドライブがWindowsエクスプローラーで見えることを確認します。次に、AOMEI Backupperはパソコンにインストールしたことを確認します。ファイルをネットワークドライブにバックアップする方法は、ローカルディスクと同じです。詳しい手順は下に記述します。

クリックして30日間無料試用版のAOMEI Backupper Professionalをダウンロードします

こちらからダウンロード
  • 手順 1. AOMEI Backupperを実行し、「バックアップ」→「ファイルバックアップ」をクリックします。

  • ファイルバックアップ

  • 手順 2. 「追加」をクリックしてバックアップするファイルまたはフォルダを指定します。 ファイルを追加

  • 手順 3. 「2」をクリックし、ネットワークドライブを宛先パスとして指定します。NASにもバックアップできます。 宛先場所

  • 手順 4. イメージファイルを圧縮スケジュールバックアップなどのオプションは下にあるボタンから設定できます。その後、「開始」をクリックしてバックアップを実行します。 オプション

上記は、AOMEI Backupperを使用してWindows 10ファイルをネットワークドライブにバックアップする方法です。このツールを使用すると、システムのクローン、イメージの復元などを行うこともできます。