[解決済み] Windows 10 バックアップ失敗

この記事では、Windows 10でバックアップが失敗するケースや原因とか、バックアップができない場合の対処方法とか、コンピュータ保護のため、「ファイル履歴」や「バックアップと復元」の代わりになる他のサードパーティ製バックアップソフトをご紹介します。

Windows 10でバックアップが正常に作動しない状況

  • よくあるご質問:

    「ファイル履歴」や「バックアップと復元(Windows 7)」はWindows 10に標準搭載されている強力な機能です。しかし、時にはWindows 7またはWindows 8からWindows 10へアップグレードした後、Windows 10でバックアップができなくなったということに気づくかもしれません。或いは、「このドライブはファイル履歴で認識されません」「使用可能なドライブが見つかりませんでした」といったエラーメッセージが表示されてしまいました。


  • 修正:このドライブはファイル履歴で認識されません

要するに、Windows 10で「ファイル履歴」または「バックアップと復元(Windows 7)」が動作しないことはWindows 10バックアップの失敗を引き起こします。

では、「ファイル履歴」または「バックアップと復元(Windows 7)」が動作しない原因は何ですか?もちろん、様々な要因があります。例えば、スタートアップの種類を自動に設定しないこと、外付けHDDがフォーマットされていないこと、やバックアップするファイルが破損することなどです。

Windows 10でバックアップが失敗する時の対処法

次は、原因によって、Windows 10でバックアップが失敗するときの一般的な対処法を4種ご案内するので、続きを読んでください。

Windows 10でファイル履歴が動作しない時

●方法 1. サービスを手動で起動

上述のとおり、スタートアップの種類を自動に設定しないことはバックアップの失敗を起こす可能性があります。もし、これは原因なら、手動でファイル履歴のサービスを起動することができます。

  • 手順 1. Windows10でサービス・ウィンドウを開きます。Windows10でサービス一覧ウィンドウを開く4つの方法

  • 手順 2. 「File History Service」を見つけて、右クリックし、「プロパティ」を選択します。スタートアップの種類自動(遅延開始)に設定してから「開始」をクリックします。ファイル履歴が動作しない

●方法 2. ドライブをフォーマット

外付けハードディスク(HDD)にシステムイメージを作成しようとする場合、事前にその外付けHDDをフォーマットする必要があります。

  • 手順:「PC」を開き、対象外付けHDDを右クリックし、「フォーマット」を選択します。フォーマット画面が表示されるので、「クイックフォーマット」チェックボックスにチェックを入れて「開始」をクリックします。

このオプションはドライブ内のデータをすべて消去します。大切なデータを失いたくない場合、他の安全な場所に移動しておくことを確認してください。事前にディスクをバックアップしておくか、またはサードパーティ製ツールでデータを失うことなくドライブをフォーマットすることができます。Windows10でHDDをフォーマットする方法

Windows 10でバックアップの保存先がフォーマットされていないことにより、バックアップと復元(Windows 7)が正常に動作しない場合、このドライブのフォーマット方法も適用します。

Windows 10でバックアップと復元が動作しない時

●方法 1. シャドウコピーを有効化

Windows 10でバックアップと復元が動作しない時、まずはボリュームシャドウコピーサービス(VSS)を有効にすることができます。

  • 手順:上に述べた方法サービス・ウィンドウを表示させます。サービスを開いた後、「Volume Shadow Copy」を見つけて、右クリックし、「プロパティ」を選択します。そして、「依存関係」をクリックし、このサービスが依存するシステムコンポーネントが稼働していることを確認します。

ボリュームシャドウコピー

●方法 2. CHKDSKコマンドを使用

バックアップ対象のディスクに破損したファイルが含まれているため、バックアップが失敗することもあります。こういう場合、chkdsk(チェックディスク)コマンドを実行して、破損したファイルをチェックしたり、修復したりする必要があります。

     
  • 手順 1. WindowsキーとXキーを同時に押して メニューから 「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します。

  • 手順 2. コマンドプロンプト画面が表示されるので、「chkdsk /r X:」と入力してEnterキーを押します。

  • Xは対象ボリュームのドライブ文字です。例えば、Dドライブをチェックしたい場合、chkdsk /r D:コマンドと入力すればOKです。

Windows 10標準ツールの代わり

前述のすべての解決策を試みても、Windows 10のバックアップがまだ失敗する場合、AOMEI Backupper Standardという無料バックアップソフトを使って、システムやファイル&フォルダを正常にバックアップすることができます。

【おすすめバックアップソフトのメリット】Windows 10に内蔵されているバックアップツールと比べて、AOMEI Backupperはもっと多くのオプションを提供しています。シンプルでわかりやすいインターフェースがあり、誰でも簡単に操作できます。この強力なバックアップソフトがあれば、Windows 10のバックアップ失敗問題を楽に解決できます。

数回のクリックだけで、システム、パーティション、HDD、ファイル&フォルダを外付け/内蔵HDD、共有フォルダ、NAS、クラウドなどのストレージデバイスにバックアップできます。また、増分バックアップを設定することもできます。こちらからダウンロード

AOMEI Backupper Standardの使い方については、(システムパーティションおよびデータパーティションを含む)ディスク全体のバックアップを例として説明しましょう。これはシステムとデータ両方を保護できます。詳しい手順は次のとおりです。

  • 手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールし、起動します。

  • 手順 2. メイン画面で「バックアップ」タブ⇒「ディスクバックアップ」をクリックします。ディスクバックアップ

  • 手順 3. 「1」をクリックしてバックアップしたいディスクを選択します。「2」をクリックしてバックアップの保存場所を選択します。タスク名

  • ※補足:ここでは、タスク名を変更することができます。

  • 手順 4. ご覧のように、「オプション」「スケジュール」「スキーム」があります。それらをクリックすると、バックアップタスクに関するもっと多くの設定項目が用意されています。すべての設定が終わったら、「開始」をクリックします。

  • ※ヒント:電子メール&SMS通知、差分バックアップ、バックアップスキームなど、もっと高度な機能はAOMEI Backupper Professional版のみで利用可能なので、それらを使用する必要がある場合、Pro版にアップグレードしてください。購入前に、その無料体験版をダウンロードして30日間体験することもできます!!無料体験

まとめ

要するに、Windows 10の標準ツールである「ファイル履歴」や「バックアップと復元」は機能しなくなり、バックアップが失敗する場合、AOMEI Backupperは最高の代替ソフトになります。

このバックアップソフトを使えば、Windows 10バックアップができない問題を二度と心配する必要がありません。このツールによって作成されたイメージバックアップからコンピュータを復元することができます。ハードウェアが故障しても、AOMEI Backupper Proでイメージを異なるハードウェアまで復元することもできます。