大切なデータを守る!バックアップをパスワードで暗号化

他人に見られたくない重要なデータをバックアップする時に、不正アクセスを防ぐにはパスワードでバックアップイメージを暗号化するのは大事なことです。こうすると、大切なデータを安全に保つことができます。次は、シンプルな方法でバックアップの暗号化を設定して一緒にデータを保護しましょう!

大切なデータのための二重保護

  • ※ケース:
    私はWindows 10の最新バージョンに更新しました。Windows10のアップデート(バージョン1809)後に一部ファイルが消失しましたが、こういう問題が発生したため、バックアップの必要性を身をもって実感しました。何事も、良い面と悪い面両方が存在するからです。現在、私はWindows 10でバックアップを取る方法がよく分かりますが、Windows 10のバックアップを保護する方法はありますか?例えば、作成したバックアップイメージをパスワードで暗号化して、他人には簡単にアクセスさせません。

この人は、Windows 10でバックアップの暗号化を設定することで重要なデータにセキュリティの層をもう1つ追加するつもりです。一般的に、他人からの不正アクセスを防ぐために、暗号化を実行します。しかも、暗号化を実行したら、バックアップファイルを保存するデバイスが紛失または盗難に遭っても、プライバシも保証できます。

とにかく、データの安全性を考えると、バックアップを作成する際にパスワードで暗号化したほうがいいと思います。続きを読み、暗号化を実行する簡単な方法を学びましょう。

Windows 10でバックアップを暗号化する最も簡単な方法

素晴らしい暗号化ソフトを選択すれば、もっと楽になれますよ。

Windows 10でバックアップを暗号化するおすすめツール

AOMEI Backupper Professionalは包括的なPCバックアップソフトで、バックアップの作成だけでなく、バックアップファイルをパスワードで保護する機能も提供しています。バックアップを暗号化する手順はかなり簡単で、初心者でも分かりやすいです。

※まずは、バックアップまたは同期タスクを設定します。次は、タスクを行う前に暗号化を有効にしてパスワードを設定すればOKです。他人は取ったバックアップにアクセスするたびに、パスワードが要求されています。詳しい手順は後で述べます。

●64文字までのパスワードを設定できます。他人はバックアップを簡単に復号化しないように、パスワードを複雑にすることができます。

●AOMEI Backupper Professionalではバックアップイメージの暗号化だけでなく、バックアップ用のディスクスペースを節約するために、イメージの圧縮を実行したり、効率的なバックアップ戦略(例えば、古いバックアップを自動的に削除するスキーム)を選択したりすることもできます。さらに、CDまたはDVDにバックアップするために、バックアップイメージを指定されたサイズで分割することもできます。

体験歓迎~現在、この強力なツールの30日間無料体験版をダウンロードして試用できます。無料体験

Windows 10でバックアップを暗号化する詳しい手順

  • 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして起動します。Windows 10を外付けHDDにバックアップしたい場合、事前にバックアップ先のディスクドライブをコンピュータに接続してくだい。どのようにWindows10を外付けハードドライブにバックアップしますか?

  • 2. 「バックアップ」タブ⇒「システムバックアップ」をクリックします。システムバックアップ

  • 3. 好きなタスク名を編集できます。システムドライブはデフォルトで選択されたので、ターゲットドライブだけをバックアップ先として選択すればいいです。バックアップ先

  • 4. 画面の底部にある「オプション」をクリックしてポップアップウィンドウが現れるので、「普通」タブ下の「バックアップの暗号化を有効にする」前のチェックボックスにチェックを入れ、設定したいパスワードを入力し、「はい」をクリックします。システムバックアップ

    また、「スケジュール」をクリックしてWindows 10システムを定期的に(例えば、デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入)バックアップできます。

    さらに、バックアップ用のディスクスペースを節約するために「スキーム」をクリックしてバックアップ戦略を設定できます。

  • 5. 最後は「開始」をクリックしてタスクを実行します。

ヒント:●タスクが完了した後、ホームタブでバックアップイメージが暗号化されるのか確認できます。

●ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、パーティションまたはボリュームバックアップ、ファイル同期を実行する時に暗号化を行うこともできます。

●AOMEI Backupper Professional版はWindows 10、8、7、XP、Vista OSに対応するので、上述の手順はWindows 7などのバックアップをパスワードで暗号化することもできます。

●Windows Server 2012などのサーバーの暗号化を実行するために、AOMEI Backupper Server版にアップグレードしてください。

内蔵ツールでWindows 10バックアップを暗号化する

実は、Windows 10で標準の機能を使用して暗号化を行う方法もあります。例えば、BitLockerでイメージバックアップを暗号化できます。しかし、この方法は一般ユーザーにとって複雑すぎます。それに、Windows 10のProエディションより上位エディションのみにこのドライブ暗号化機能が搭載されています。

具体的に言うと、BitLockerを使ってイメージバックアップを暗号化するには、仮想ハードディスク(VHD)ファイルを作成し、VHDのサイズを調整し、VHDをフォーマットし、仮想ドライブをマウントし、「BitLockerを有効にする」必要があります。BitLockerについてもっと情報が知りたいBitLockerでWindows 10のドライブを暗号化するには?

ちなみに、Windows 10のファイル履歴もファイルの暗号化に対応しており、バックアップされるファイルも暗号化できます。

補足・豆知識Windows 10暗号化を実行するもう一つの方法はEFSを使うことです。

Encrypting File System(暗号化ファイルシステム、EFS)とはMicrosoft WindowsにおいてNTFSバージョン3.0で追加された機能で、ファイルシステムレベルでの暗号化を提供します。この技術はコンピュータに物理的にアクセスする攻撃者から機密データを保護するために、ファイルの透過的暗号化を実現します。暗号化されたファイルは、暗号化した本人または回復エージェント権限を持つユーザーしか復号できません。

Windows 10でファイルやフォルダ暗号化オプション、または「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」がグレーアウトする場合、この記事を参考にすることができます。

まとめ

Windows 10でバックアップ暗号化を実行する方法は多くありますが、最も便利なのはAOMEI Backupper Professionalを使用することです。これはコンピュータを保護するためにデータを失うことなく包括的かつ完全なバックアップを実行できるし、パスワードで暗号化できます。非常にオススメです!

性能を高めるためにHDDをアップグレードしようとする時、このツールでデータバックアップだけでなく、システムクローンも実行できます。そのほか、GPTディスクのクローンもサポートされます。