Windows 10で回復ドライブの作成中に問題が発生しました!必要ないくつかのファイルが見つかりません!

目次(クリック1つで指定したリンク先に飛ぶ)

Windows 10で回復ドライブを作成できない理由

パソコンユーザにとっては、以下のことに遭ったことがあるかもしれません。

このWindows 10PCで回復ドライブを作成できません。必要ないくつかのファイルが見つかりません。お使いのPCを起動できないときに、エラーを修復するには、Windowsインストールディスクまたはメディアを使用してください。

あるいは、

Windows 10で回復ドライブを作成できません。回復ドライブの作成中に問題が発生しました。だから、Windows 10の「リセット」機能でこの問題を解決できるかどうかは重要なことです。実はリセット機能ではシステムを工場出荷時の設定に戻すだけで、リセット後にアプリケーションとファイルはもうなくなりません。

とにかく、上述は回復ドライブを作成できないという問題です。

今、この問題が発生した理由を知りたいでしょう?以下はWindows 10回復ドライブ作成が失敗した理由の一部です:

  • お使いのUSBメモリがフォーマットされていないか、故障しているか、容量が4GB未満です。
  • Windows回復環境(Windows RE)が無効になっています。
  • システムファイルが破損しています。

では、「Windows 10で回復ドライブを作成できません」というエラーを修正する方法は何ですか?次の提案をご参照ください。

[解決方法]Windows 10 PCで回復ドライブ作成に失敗したエラーを修正

■ 提案1:お使いのUSBメモリドライブをチェックする

回復ドライブを作成する前に、USBドライブがフォーマットされます。そうでなければ、回復ドライブの作成中にUSBメモリをフォーマットできないというメッセージが表示されます。勿論、Windows 10回復ドライブも作成できません。

また、Windows 10で作成されたISOまたはGHOファイルのサイズは4GBぐらいなので、USBメモリドライブの容量が4GBを超えるか、少なくとも4GBであることを確認してください。必要があれば、別のUSBメモリフラッシュドライブを試してください。その後、Recovery Media Creatorを使用して、回復ドライブを作成できないというエラーを修正する必要があります。

  • Windows 10の検索ボックスに「回復ドライブ」と入力し、リストで「回復ドライブの作成」を選択します。

回復ドライブの作成

  • 次の画面で、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」オプションにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
  • システムファイルを回復ドライブにバックアップ

  • 次に、USBを選択し回復ドライブを作成します。ここまで回復ドライブが正常に作成されます。そうでない場合は、提案2を試すこともできます。

■ 提案2:回復イメージの場所を探し、Windows RE(回復環境)を有効にする

Windows RE(回復環境)が無効になっていることはWindows 10で回復ドライブを作成できないということの根本的な問題です。では、解決方法は何ですか?

  • Windows 10の検索ボックスに「CMD」を入力し、「コマンド プロンプト」と入力します。
  • reagentc/info」コマンドと入力し、リカバリイメージの場所を探します。リカバリイメージの場所には、Windows REの場所が表示されています。それは有効を意味し、そうでない場合は無効です。

reagentc

これらの操作の後、このエラーは修正されます。では、Windows 10で回復ドライブを再度作成してみてください。回復ドライブ作成が失敗した場合は、提案3を試すこともできます。

■ 提案3:[簡単]AOMEI Backupperで数回クリックでブータブルメディアを作成する

Windows 10で回復ドライブを作成できない場合は、USBメモリバックアップ&復旧フリーウェア-AOMEI Backupperを使用してブータブルメディアを作成できます。AOMEI Backupperは1800万ユーザからご愛用いただき、信頼性の高いツールであり、直観的なインターフェイスのため多くのユーザーに強く推奨されております。

このソフトは、便利な機能をたくさん提供します。例えば、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップ、システム復元、ディスククローンやブート可能メディアの作成など。

ちなみに、回復ドライブをCDやDVDで作成できます。回復ドライブの問題を解決するには、「ブータブルメディアの作成」機能を使用してシステムを復元します。

ステップ1:AOMEI BackupperをWindows 10パソコンにダウンロード、インストール、起動します。

ステップ2:左側のパネルで「ユーティリティ」を選択し、「ブータブルメディアの作成」を選択します。

ブータブルメディアの作成

ブータブルメディアの作成

ステップ3:Windows PEはLinuxよりも柔軟で便利ですから、次のポップアップウィンドウで、「Windows PE-Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」を選択します。その後、「次へ」をクリックして続行します。

起動ディスクタイプ

ステップ4:このウィンドウでブートモードを選択したら(ここでは「UEFIブートモードに基づいてブータブルディスクを作成する(推奨)」)、「次へ」をクリックします。

Windows PEディスクの作成

ステップ5:「USBブートデバイス」を選択し、「次へ」をクリックすると、USBドライブをフォーマットするというポップアップウィンドウが表示されますので、「はい」をクリックして起動可能メディアの作成を開始します。また、必要に応じて「CD/DVDドライブ」、「ISO ファイルをエクスポート」などの機能を選択することもできます。

USBブートデバイスを選択

USBフォーマット

注:お使いのUSBドライブはフォーマットされますので、重要なファイルは事前に別の場所にバックアップしてください。このソフトのバックアップ機能、例えば、システム/パーティション/ディスク/ファイルバックアップなどを使用すると、すぐ完了します。

起動可能なメディアを作成したら、BIOS起動順序を変更して起動可能なUSBメモリからパソコンを起動できるようになります。その後、Windows 10を正常に復元することができ、問題も解決されます。

ヒント:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016を使用しているユーザーは、AOMEI Backupper Server版またはAOMEI Backupper Technician Plus版(台数無制限のPC)を選んでください。

以上で、ご参考になれば幸いです。

※この記事を読んだ方はこちらもご覧になっています

USBからUSBメモリにデータをコピーする方法-初心者までやれる

Windows10 OSを外付けHDDにインストールする方法

セーフモードでファイルをバックアップする方法[Windows 7/8/10]