異なるハードウェアを搭載するPCまでWindows 10システムを転送/移行します

異なるハードウェアへのWindows 10システムの移行について

システムがウイルス、ハードウェア故障または他の理由でクラッシュする時、ユーザーは同じコンピューターまでWindows 10システムイメージを復元することに慣れているかもしれませんが、異なるハードウェアへのWindows 10システムイメージの転送はどんな意味ですか。

実際に異なるハードウェアへのWindows 10システムイメージの移動は、1つのPCから作成されたWindows 10システムイメージを、異なるCPU、異なる種類のディスク、異なるマザーボードなどを搭載する他のPCまで復元することを指します。一般的に異なるハードウェアまでWindows 10システムイメージを転送する場合、システムは正常に起動できません。じゃ、どのようにこのタスクを完成しますか。

AOMEI Backupperで異なるハードウェアにWindows 10システムを転送します

AOMEI Backupper Professionalはデータの保護を専攻した強力なソフトウェアです。このソフトウェアにあるユニバーサル復元は異なるハードウェアまでWindows10システムイメージを転送できます。Windows 10だけでなく、それはWindows 8.1/8とWindows 7/Vista/XPのすべてのバージョンにも適用できます。この機能を使用すると、会社は異なる構成の裸のコンピュータのインストールを心配する必要がありません。ホームユーザーは古いHDDを異なるHDDに置き換える時、移行元コンピューターに使い慣れたWindows 10を復元できます。

行う前に:

  • Windows 10のシステムイメージがあったこと、そしてそれをどこに保存するかを確認してください。システムイメージを持っていない場合、AOMEI Backupper Standardはシステムイメージを作成できます。
  • 操作の前に、移行先コンピューターを開くべきです。

ステップ1:移行先コンピューターを開くために、ここでは2つの方法があります。1つはブータブルメディアブートで、もう1つはPXEブートです。2つ以上の移行先コンピューターがある場合、PXEブートによってコンピューターを起動したほうが良いです。

ステップ2:移行先コンピューターを起動した後、AOMEI Backupperのインターフェースで「復元」をクリックし、そして「パス」をクリックして作成されたWindows 10のシステムイメージを探します。

システムイメージを探す

ステップ3:ポップアップで「Share/NAS」をクリックし、そして情報を入力してWindows 10のシステムイメージを見つけます。

Share NAS

ステップ4:システムイメージを見つけた後、次のウィンドウでバックアップの時点を選択し、そして「次へ」をクリックして継続します。

システムイメージを復元

ステップ5:Windows 10のシステムをどこまで復元するかを選択し、そして「次へ」をクリックして継続します。

ステップ6:すべてを正しく設定したことを確認してください。そして「開始」をクリックして「ユニバーサル復元」を起動します。

ユニバーサル復元

ヒント: