【修復0x80070091】Windows 10システムの復元ができない

この記事では、Windows 10でシステムの復元のエラーコード0x80070091を修正する方法を説明します。さらに、簡単な手順でコンピュータを保護する方法を紹介します。

Windows 10システムの復元の紹介

システムの復元は、ほとんどの場合、特に、コンピュータが遅くなったり、起動できなくなったりする場合に、非常に便利です。コンピュータを以前のバージョンに復元することができます。その後、コンピュータはいつものように動作します。

ただし、Windows 10のシステムが停止していることもあります。そして、このようなエラーメッセージを受け取るでしょう。

システムの復元が正常に完了しませんでした。コンピュータのシステムファイルと設定は変更されませんでした。

詳細:
システムの復元は、復元ポイントからディレクトリの復元中に失敗しました。
復元元:AppxStaging
復元先:%ProgramFiles%\ WindowsApps
システムの復元中に不明のエラーが発生しました。 (0x80070091)

不明のエラー

エラーコード0x80070091を受ける理由

0x80070091は、Windows 10のシステム復元ポイントから復元するときに表示される最も一般的なエラーコードです。

これはERROR_DIR_NOT_EMPTYを表します(ディレクトリは空ではありません)。つまり、%ProgramFiles%\WindowsAppsフォルダで何かが壊れていて、AppxStagingはシステムの復元からフォルダを書き換えることを拒否します。

1. WindowsAppの一部のリダイレクトは削除できません。

WindowsAppsフォルダには、(フォルダリダイレクト用の)NTFSリンクが含まれている可能性があり、削除できないVFS(仮想ファイルシステム)フォルダがあります。ただし、WindowsAppsフォルダの名前を変更できます。

2. 削除、更新、移動中に何かが間違っています。

さらに、エントリを含むDeleted、DeletedAllUserPackagesまたはMovedPackagesという名前のサブフォルダがあります。 これらのエントリによってこの問題が発生する可能性があります。

3. Nortonのブレークシステム復元のようなものもあります。

4. 一部のウイルス対策ソフトウェアは、システムの復旧を防ぎます。

WindowsAppsとは

単純なソリューションを使用して問題を解決できない場合は、WindowsAppsフォルダについて知っておく必要がありますが、これがエラーコード0x80070091を受け取る主な理由であり、多くのユーザーはこのコードに悩まされています。

WindowsAppsはC:/Program Filesの隠しフォルダで、プリインストールされたアプリケーションの保存に使用されます。これはTrustedInstallerが所有し、特別な方法で保護されています。

したがって、管理者としてログインしても、Windowsエクスプローラでアクセスすることはできません。このフォルダにアクセスしてコンテンツを表示するには、WindowsAppsフォルダの所有権を変更する必要があります。

対処法

上記のように、WindowsAppsフォルダが壊れているときにこのエラーメッセージが表示されます。これを修正するには、WindowsAppsフォルダの名前を変更することが必要です。

許可なしでWindowsAppsコンテンツを一覧表示

リダイレクトリンクが原因で問題が発生したと思われる場合は、WindowsAppsのコンテンツを一覧表示してリダイレクトリンクを見つけて、Windows所有権フォルダの所有権を変更して特定のサブフォルダで削除します。

1. 「Win+R」を同時に押します。

2. コマンドプロンプトに「powershell」と入力し、「Enter」を押します。

3. パスをWindowsAppsフォルダに変更します。次のコマンドを入力できます。

cd $env:programfiles\WindowsApps

4. すべてのサブフォルダとそのコンテンツを登録し、結果をクリップボードに保存します。以下のコマンドを入力できます。

(LS-Re-Fi*-Fo-Ea:Inquire).FullName|clip

5.以下のコマンドでメモ帳を起動します。

notepad

コンテンツを一覧表示

6. 「Ctrl+V」でクリップボードの内容を挿入します。

その後、メモ帳のすべてのサブフォルダを表示し、VFSサブフォルダを検索し、問題がこのフォルダ内のリダイレクトリンクによって引き起こされたものかどうかを確認し、このフォルダの名前を変更してリンクを削除できます。

オペレーティングシステム内のWindowsAppsフォルダの名前を変更

一般に、アクセス許可のためWindowsAppsフォルダにアクセスすることはできません。このフォルダはTrustedInstalerの所有ですが、このフォルダの所有権を変更して名前を変更することができます。

  • WindowsAppsフォルダの所有権を変更します。

1. 非表示のWindowsAppsフォルダを表示します。プログラムファイルに移動し、「表示」タブをクリックし、「隠しアイテム」の前にチェックボックスをチェックします。

隠しアイテム

2. WindowsAppsフォルダにアクセスします。WindowsAppsを右クリックし、「プロパティ」オプションを選択します。

プロパティ

3. WindowsAppsのプロパティウィンドウで、「セキュリティ」と「詳細設定」をクリックします。

4. セキュリティの詳細設定ウィンドウで、「変更」をクリックします。

5. 管理者のユーザ名を入力し、「名前の確認」をクリックします。

6. サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える前にチェックボックスをオンにし、保留中の操作を開始するには「OK」をクリックします。そうでなければ、WindowsAppsのサブフォルダにアクセスして使用することはできません。

  • WindowsAppsフォルダの名前を変更

1. WindowsAppsフォルダに移動し、右クリックして名前を変更します。WindowsApps.oldという名前に変更できます。

2. コンピュータを再起動し、システムの復元を再度実行してください。

問題が発生したコンピュータを復元した後、すべてのアプリケーションが戻ってきます。これが解決しない場合は、WindowsApps.oldの名前をWindowsAppsに戻してから、Windows PEのコマンドプロンプトを使用してこのフォルダを変更します。

Windows PEのWindowsAppsフォルダの名前を変更

1. Windows PEで起動します。Shiftキーを押しながらオプションウィンドウを表示するまで再起動できます。

2. 「トラブルシューティング」をクリックして、詳細オプションウィンドウを呼び出します。

3. コマンドプロンプトを選択します。

4. 次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

  • cd C:\Program Files

  • takeown /f WindowsApps /r /d Y

  • icacls WindowsApps /grant “%USERDOMAIN%\%USERNAME%”:(F) /t

  • attrib WindowsApps –h

  • rename WindowsApps WindowsApps.old

このコントロールが失敗した場合は、rd/s WindowsAppsコマンドを使用してこのフォルダを直接削除することができます。rdコマンドは、すべてのサブフォルダを含むWindowsAppsフォルダを削除します。

ほかの対処法

1. ウイルス対策ソフトをアンインストールします。

ウイルス対策ソフトには製品保護と呼ばれる機能があり、システムの復元を中断する可能性があります。

2. Windows PEでシステムの復元を実行します。

WinPEで「トラブルシューティング」をクリックし、「詳細オプション」ウィンドウで「システムの復元」をクリックしてこのツールを再度実行できます。

3. 別のシステム復元ポイントを試してください。

場合によっては、特定のファイルがファイルの競合によって正しく置き換えられない場合や、以前の復元ポイントが使用できない場合など、別の復元ポイントを使用してこの操作を再度実行することができます。

コンピュータを保護するための追加のヒント

対処法の検索に多くの時間を費やす必要があります。さらに、今後すべての問題を解決できると約束することはできません。

したがって、回復は完璧ではありません。

システムイメージバックアップを作成して外部ハードドライブに保存することができます。これには、すべてのファイル、プリインストールされたアプリケーション、およびシステムパーティションの設定の正確なコピーが含まれます。何が起きても、コンピュータを復元できます。

バックアップおよび復元ソフトウェアの場合、無料のAOMEI Backupperを使用することができます。このソフトウェアを使用すると、数回クリックするだけで簡単にシステムバックアップを作成することができ、Windows 10/8/7などのさまざまなオペレーティングシステムに適用できます。

毎日のバックアップ、毎週のバックアップ、毎月のバックアップ、イベントトリガーのバックアップを含むスケジュールシステムバックアップを作成することができます。変更された部分のみをバックアップする差分バックアップまたは増分バックアップを作成できます。バックアップディスク領域を節約するために、古いバックアップを削除して最新のバージョンを保持することもできます。

バックアップを作成するには、AOMEI Backupperをダウンロードして開くことができます。その後、バックアップの種類を選択し、手順に従って残りの手順を実行します。

バックアップ

Windows 10で動作しないシステム復元を修正する方法はたくさんありますが、Windowsベースのオペレーティングシステムをすべて満たすことはできず、コンピュータを常に保存することはできません。

バックアップイメージのみが、Windows 10で動作しないシステムの復元や、Windows 7で動作しないシステム復元機能を修復してコンピュータを保護することができ、既存のコンピュータのバックアップを持たない場合は別のコンピュータに復元できます。