Windows10 Anniversary Update後、システムの復元は無効になります

重要な更新の前に、バックアップを持つのは必要なことです。

多くのユーザーはWindows 10 Anniversary Update後、すべてのシステム復元ポイントが消えるとともにシステムの復元は無効にあることを気づけました。それは、もし更新がうまくいかないなら、いくつかの情報が紛失するリスクに直面しなければならないことを意味します。そのため、こんなことを防ぐために、システム復元ポイントだけでなく、いくつかのバックアップを作成するのを非常に推薦します。実は、常にバックアップを持つことは良い習慣です。

Windows 10でイメージバックアップを作成します

Microsoftは「バックアップと復元」(Windows 7)を取り戻したので、Windows 7と同じ方法でイメージバックアップを作成できます。次の手順に従って、システムイメージバックアップを作成できます。そのため、Windows 10 anniversary updateはシステムの復元が無効になっても、フルバックアップを持つこともできます。

1. 検索ボックスに「バックアップ」を入力します。記載された結果で、「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。

2. 「システムイメージの作成」をクリックして、始まります。

システムイメージの作成

3. イメージバックアップを保存するために、一つのパーティションまたはディスクをターゲット場所として選択します。「次へ」をクリックして、継続します。バックアップに含まれたパーティションはバックアップのターゲット場所として設定されることができません。

保存場所

4. バックアップしたいドライブを選択して、「次へ」をクリックします。

何を含む

5. 「バックアップの開始」をクリックして、バックアップを始めます。

バックアップの開始

バックアップが完了した後、システム修復ディスクを作成することもできます。Windows10 anniversary update後、システムの復元ポイントがない場合、システムが起動できなくてもシステムを復元できます。もし、Windowsのバックアップツールが失敗するなら、サードパーティー製のバックアップソフトウェアを使用して、Windows 10をバックアップできます。

無料バックアップソフトウェアでバックアップを作成します

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8/7バックアップと復元のためにデザインされた無料ソフトウェアの一つです。それはただ数回のクリックでシステムバックアップを作成できます。AOMEI Backupperによって作成されたブータブルメディアを介して、またはAOMEI PXE ToolからWindowsシステムを復元できます。また、それはファームウェアに関係なく、異なるハードウェアを持っている他のコンピューターにシステムを復元できます。

Windows 10をバックアップします:

1. AOMEI Backupperをダウンロードして、実行します。

2. 「バックアップ」タブから「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

3. 次のスクリーンで、システムパーティションはバックアップソースとして既に含まれたことを見つけます。今、必要な動作は「2」をクリックしてバックアップを保存したい宛先場所を指定することです。

開始

4. 「開始」をクリックして、バックアップを始めます。

そして、このバックアップはバックグラウンドで進行します。「ディスクバックアップ」オプションを使用して、全体HDDをバックアップすることもできます。どんなバックアップの作成方法を選択しても、一言でシステムの保護について心配する必要がありません。Windows 10 Anniversary Update後、システムの復元は無効になるので、アップデートをインストールする前に、いくつかのバックアップを保存するべきです。