異なるハードウェアにWindows 10を復元する方法

いつ異なるハードウェアにWindows10を復元するのは必要ですか

様々な状況で多くのWindows 10ユーザーは異なるハードウェアを持っているコンピューターにシステムを復元する必要があるかもしれません。例えば、新しいコンピューターを購入して、新しいものにWindows 10 OSをインストールしたい場合、古いコンピューターのシステムバックアップを作成して、それを新しいものに回復する必要があります。ホームユーザーにとって、Windows 10 OSを移行して、友達あるいは親戚のコンピューターの不調を助けたいかもしれません。この状況で異なるハードウェア復元を実行する必要があります。ある企業の管理者として、異なるハードウェアを持っている沢山のコンピューターに同じ配置のWindows 10を展開するかもしれません。条件を満たせる最も簡単なソリューションを知っている必要があります。

異なるハードウェアにWindows 10を復元するソリューション

一部のユーザーは、Windows 10 OSを移行するために、古いコンピューターから新しいコンピューターにシステムディスクを移動します。でも、新しいコンピューターを起動した後、ある大きいトラブルが出てきます。それは、「Stop 0x0000007B Inaccessible_Boot_Device」という停止エラーのメッセージを表示するブルースクリーン・オブ・デス(BSOD)のことを指します。それはドライブの問題で起こります。全てのコンピューターのエディションは異なるハードドライブ、マザーボードなどを持っているためです。

Windowsの内蔵バックアップと復元のツールを考えているかもしれません。ご存知のように、Windows 8.1以降Microsoftは既に古いWindowsバックアップのツールを削除しましたが、ファイル履歴もまだ残っています。しかし、Windowsバックアップと復元のツールは、異なるHDDに作成されたシステムとディスクのバックアップを再配置できないことをすぐ気づけます。バックアップセットと言えば、それは主にシステムをバックアップして、それを同じコンピューター(異なるコンピューターでなく)に復元することを通してシステムを管理する災害回復のユーティリティとして使用されます。そのため、Microsoft Windowsをオンにすることもできません。

Windowsの自身のツールは既存状況を修正できない場合、サードパーティ製のバックアップソフトウェアを見つける必要があります。AOMEI Backupperの「ユニバーサル復元」という機能は助かることができます。このプログラムはWindows 10の任意のバージョン、Windows 8/8.1、Windows 7、VistaとXPをサポートします。また、上述の機能もP2V(物理マシンから仮想マシン)とV2P(仮想マシンから物理マシン)に適用できます。ただ数回のクリックで異なるハードウェアにWindows 10を復元する目的を実現することができます。

実行する前に:

Windows 10バックアップイメージを準備する必要があります。また、宛先コンピューターを起動するために、2つの方法は利用可能です。一つは、ブータブルディスクを使用して起動することです。もう一つは、PXE Boot Toolを使用して起動します。もし、ここには2つ以上のコンピューターがあれば、特に企業のユーザーにとって、PXE Bootでこれらのコンピューターを起動するのを提案します。

ヒント:USBドライブにブータブルメディアを作成した後、同じUSBドライブにWindows 10バックアップイメージをコピーしてもいいです。または、それをネットワークドライブにアップロードします。

AOMEI Backupperで異なるハードウェアにWindows10を復元します

ステップ1.BIOSでAOMEIブータブルメディアを起動デバイスとして設定しなければなりません。左側で「復元」をクリックします。そして「パス」をクリックして、Windows 10バックアップイメージを選択します。

復元

ステップ2.Windows 10バックアップはネットワークドライブに保存された場合、「Share/NAS」を選択します。復元したいバックアップポイントをチェックして、「はい」をクリックします。

バックアップを開く

バックアップを選択

ステップ3.復元のために宛先ディスクを選択して「次へ」をクリックします。

パーティション復元

ステップ4.全ての操作をプレビューします。確認した後、「開始」をクリックします。実行は完了すると、「完了」をクリックします。そして、異なるハードウェアにWindows 10を復元することを完成しました。

操作概要

ヒント:

  • プログラムはターゲットコンピューターの任意のハードウェアがソースコンピューターと違うことを検出する場合、「ユニバーサル復元を有効にする」オプションはデフォルトでチェックされます。もし、宛先ディスクはSSDである場合、このプログラムは「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」も提案します。
  • 異なるハードウェアを持っているコンピューターにWindows 10バックアップを復元することを完成した後、MicrosoftとAOMEI Backupperは、再活性化し、更にセカンドライセンスを入力することを要求するかもしれません。事前にソフトウェアベンダーのライセンス契約をよく知っておくことは良い習慣です。