Windows10でWindows.oldフォルダからファイルとプログラムを復元する

目次(クリック1つで指定したリンク先に飛ぶ)

Windows.oldフォルダについて

Windowsを古いバージョンから別のバージョンにアップグレードした後、お使いのコンピュータにWindows.oldフォルダが自動的に作成されます。この作成したWindows.oldフォルダには、以前のバージョンのWindowsオペレーティングシステムのファイルと個人用データファイルを含まれています。新しいWindowsバージョンが気に入らない場合は、Windows.oldフォルダから以前のバージョンに復元できます。

Windows.oldフォルダの用途

Windows.oldフォルダは、古いシステムを取得するのに非常に便利です。また、新しいWindowsに正しくコピーされなかったファイル、または間違って削除された特定のファイルを検索している場合は、Windows.oldフォルダに移動してそのファイルを見つけることもできます。

次に、Windows10搭載PCを以前のバージョン(Windows7/8.1)に戻す(ダウングレード)方法とWindows.oldフォルダから特定のファイルを復元する方法を紹介します。

以前のバージョンにダウングレード(戻す)

Windows.oldを使用して新しいバージョンから古いバージョンにダウングレードするのは簡単です。例えば、お使いのパソコンはもうWindows 10にアップグレードしたら、設定>更新&セキュリティ>回復>「Windows 7に戻す」または「Windows 8.1に戻す」の下にある「開始する」ボタンに移動します。

このボタンをクリックすると、Windows.oldフォルダをソースとして使用して、Windows10のシステムを復元し、以前の復元ポイントの状態に戻します。最後に、ウィザードに従って作業を完了します。

windowsをwindows oldから復元

単一ファイルを復元する

古いWindowsインストールから単一ファイルを復元すると、Windows.oldフォルダーから回復することができます。

C:\Windows.oldのWindows.oldフォルダにアクセスし、ファイルシステムを参照できます。

個人用ファイルは、C:\Windows.old\Users\your_nameにあります。

取得するファイルが含まれているフォルダを開きます。

必要なファイルをコピーし貼り付けます。

Windows.oldフォルダは、空き容量を確保するために、30日後にWindowsから自動的に削除されることに注意してください。30日の制限を解除したい場合は、Windows.oldフォルダを別の場所にバックアップすることをお勧めします。

Windows.oldフォルダは、お使いのパソコンに大きな容量を占めます。Windows.oldフォルダーをバックアップした場合、システムバックアップを持っている場合、または、システムロールバックしたくない場合は、Windows 10のアップグレードに成功した後でそのフォルダーを削除し、ディスク容量を解放できます。

Windows10でWindows.oldからプログラムを復元できる?

Windows10でWindows.oldから復元した後、なぜプログラムが失われたのかという質問がある人もいます。そして、Windows.oldからプログラムを復元する方法は何ですか?実際には、この問題はWindows.oldフォルダの制限です。Windows.oldフォルダはデータの取得のために作成されたものですので、Windows.oldを使用してプログラムや設定を復元することはできません。つまり、データのみを復元しますから、プログラムを再インストールする必要があります。

ここでは、既にWindows10にアップグレードしている人たちからの適切なアドバイスがあります:新しいWindowsバージョンにアップグレードする前に、イメージ・バックアップを作成することをお勧めします。こうしていつでも以前のバージョンを取り出せるようになります。

プログラムを復元すると、プログラムのイメージを作成する必要があります。

[方法1]システムイメージバックアップでシステムとプログラムを復元

Windows.oldフォルダをバックアップしなかった場合、30日後にシステムとプログラムを復元するにはどうすればよいですか? Windowsの内蔵ツールで古いバージョンのシステムイメージバックアップを作成したら、対策は簡単になります。

[バックアップと復元]に移動しバックアップを見つけて、[自分のファイルを復元する]をクリックします。この操作を行ったら、古いバージョンに戻ります。

[方法2]超簡単!Windows.old復元ソフトを使用してシステムとプログラムを復元!

上記の方法はパソコン初心者にとってはちょっと面倒くさいかもしれないか、忙しい人々にとっては時間を浪費してしまうかもしれないと思われます。ここではパソコン初心者と仕事が忙しい人々向けに簡単かつ安全にバックアップ&復元を実行する方法を紹介します。

AOMEI Backupper Pro版は、プロなバックアップおよび復元ソフトウェアです。このソフトウェアを使用して、システム、ディスク、パーティション、ファイルやフォルダをバックアップすることができます。そして、AOMEI Backupperで作成したイメージ・バックアップを使用して、システム、ディスク、パーティション、ファイルおよびフォルダをいつでも復元することができます。

イメージファイル内の単一ファイルを復元する場合は、ファイル復元の機能が重要な役割を果たします。また、AOMEI Backupperを使用すると、システムとプログラムを簡単に復元できます。

システムとプログラムを復元するには、AOMEI Backupperを使ってシステムイメージのバックアップを作成する必要があります。では、バックアップを持っている場合、AOMEI BackupperでWindows.oldを復元する方法は何ですか?ここで詳しく教えます。

まず、バックアップ&復元ソフトAOMEI Backupperをダウンロード、インストール、実行します。

ステップ1 . [復元]をクリックし、パスを参照し、イメージファイルを選択します。[次へ]をクリックし進みます。

システム復元

ステップ2 . バックアップポイントを選択し、イメージ情報を確認してから、次へ進みます。

バックアップポイント

ステップ3 . システムイメージを復元する宛先パーティションを選択します。宛先パスは上書きされますので、ご注意ください。重要なファイルを事前にバックアップしたほうがいいです。

宛先パーティション

ステップ4 . 操作概要が表示されます。[SSDを最適化するにはパーテイションを合わせる]チェックボックスをオンにして、復元を開始します。

操作概要

AOMEI Backupperによって作成されたシステムイメージのバックアップにより、30日間でWindows.oldから復元しかできない制限を破って、いつでも以前のバージョンに復元するようになります。効率的かつ便利でしょう~!

より古いバージョンに復元し、システムまたはWindows.oldフォルダを事前にバックアップしておらない場合、もう1つの方法がある:Windowsをクリーンインストールすることです。複雑で時間もかかりますが、 別の方法がないですから、やらなければなりません。

最後に、Windowsをアップグレードしようとする人向け助言:アップグレードする前に、データの安全性のために、バックアップを予め作成してください。

ヒント:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016を使用しているユーザーは、AOMEI Backupper Server版またはAOMEI Backupper Technician Plus版(台数無制限のPC)を選んでください。

関連記事:

WindowsでWbadminコマンドでベアメタルバックアップを作成

Windows Serverで仮想マシンに復元し、バックアップする

フリーソフトでNASからNASへバックアップする最善の方法