PCに問題が発生した時、Windows 10を修復する6つの方法

多くの要素はWindows 10の問題を引き起こせます - Windows 10が正常に起動しない、システムが突然クラッシュする、またはアプリが正しく動作しないことがあります。どのようなシステム問題に直面していても、下記の6つのオプションから1つの方法を選んでWindows 10を修復しましょう。

方法 1:Windows 10のスタートアップ修復を使用

Windows 10が正常に起動できなくなってしまった場合、「スタートアップ修復」を使用してWindowsの読み込みに失敗した問題を修復できます。

  • 手順 1. セーフ(回復)モードでPCを起動します。今はWindows 10を使用している場合、キーボードのShiftキーを押しながら、「再起動」をクリックします。Windows 10が正常に起動しない場合、起動時にF11キーを押すか、またはWindows 10回復ドライブからパソコンを起動することができます。

  • 手順 2. すると、「オプションの選択」画面が表示されるので「トラブルシューティング」をクリックします。トラブルシューティング

  • 手順 3. 「トラブルシューティング」が表示されるので、「詳細オプション」をクリックします。詳細オプション

  • 手順 4. 「詳細オプション」が表示されるので、「スタートアップ修復」をクリックします。スタートアップ修復

※補足:機種によっては、「スタートアップ修復」をクリックすると、管理者アカウントでサインインする必要があるかもしれません。

それで、スタートアップ修復が始まります。修復が完了するまでしばらく待ちます。修復に成功した場合は、Windows 10(OS)が正常に再起動します。

方法 2:Windows 10を以前のバージョンに復元

デフォルトでWindows 10はCドライブにシステムの復元ポイントを作成します。自分でも気づかないうちにいくつかの復元ポイントを保持するかもしれません。

  • 手順 1. 前と同じようにWindows 10をセーフモードで起動して、「詳細オプション」に移動します。

  • 手順 2. 「詳細オプション」が表示されたら「システムの復元」を選択します。システムの復元

  • 手順 3. 使用するアカウントを選択し、パスワードを入力し、「続行」をクリックします。

  • 手順 4. 「システムの復元」画面が表示されるので、「次へ」をクリックします。次へ

  • 手順 5. 「選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します」というメッセージが表示されるので、一覧から任意の復元ポイントを選択して、「次へ」をクリックします。復元ポイントを選択

  • 手順 6. 「復元ポイントの確認」が表示されるので、その内容を確認し、問題なければ「完了」をクリックします。完了

    • ※ノート:システムの復元を開始する前に、影響を受けるプログラムをスキャンできます。
  • 手順 7. 次の画面に「いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」をクリックしてシステムの復元を始めます。はい

注:システムの復元は、選択した復元ポイントを作る後にインストールしたアプリや更新プログラムをアンインストールします。また、何らかの状況で、「コマンドプ ロンプト」オプションのみが利用可能です。こういう時、「rstrui.exe」を入力してシステムの復元を使用することができます。

方法 3:sfc /scannow コマンドを実行

破損したファイルもシステムの問題を起こすかもしれません。こういう場合、ディスクのチェック(スキャンディスク)を実行して、破損したファイルを見つけて修復することができます。

  • 手順 1. Windows 10やセーフモードが起動できる場合、それを起動してから検索ボックスに「cmd」と入力します。cmd

  • 手順 2. 検索結果からコマンド プロンプトを右クリックして「管理者として実行」を選択します。管理者として実行

  • 手順 3. コマンド プロンプトが表示されるので、「sfc /scannow」と入力してEnterキーを押します。sfc /scannow

※補足:Windows 10はおろか、セーフモードでも起動できない場合、前にも言及しました。詳細オプションメニューからコマンドプ ロンプトを開くこともできます。コマンドプ ロンプト

方法 4:修復インストールを実行

システムの問題が、インストールされたプログラムによって引き起こされないことをかなり確信すれば、Windows 10の修復セットアップを実行して、データを消さずにシステムの問題を修復できます。

  • 手順 1. 最新のWindows 10のディスク イメージ(ISO ファイル)をダウンロード、HDDに保存します。

  • 手順 2. このISOイメージファイルをダブルクリックし、仮想ドライブとしてマウントします。

  • Windows 7など旧バージョンのWindowsなら、サードパーティ製ツールを使用してISOファイルをマウントしなければなりません。

  • 手順 3. Setup.exeファイルを見つけたら、ダブルクリックして実行します。Setup.exe

  • 手順 4. しばらくすると、Windows 10 セットアップ画面が表示されます。必要に応じて更新プログラムをダウンロードしてインストールするかを選択してください。Windows 10 セットアップ

  • 手順 5. 後は、「引き継ぐものを変更」リンクをクリックして、次に表示された画面から、個人用ファイルとアプリを引き継ぐ個人用ファイルのみを引き継ぐ、または何もしないことを選択できます。一つを選んで、Windows 10のアップグレードインストールを進みます。引き継ぐものを変更

Windows 10が正常に起動する場合だけ、この方法が利用可能です。もしWindows 10が起動できなくなるなら、Windows 回復環境(WinRE)からWindowsを初期状態に戻す(リセット)ことができます。

方法 5:Windows 10のリフレッシュ/リセットを実行

Windows 10には「この PC を初期状態に戻す」という機能が内蔵されています。これを使うと、パソコンを以前の状態に復元することができます。「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「この PC を初期状態に戻す」を順にクリックして、「この PC を初期状態に戻す」にアクセスできます。

この PC を初期状態に戻す

Windows 10をリフレッシュして、同時に更新プログラムをインストールしたい場合、管理者権限でコマンド プロンプトを起動してから「systemreset -cleanpc」コマンドを入力すると良いです。

システムが起動できない場合、上述したように回復モードから起動して、「トラブルシューティング」→「この PC を初期状態に戻す」をクリックします。

回復モードから起動

方法 6:Windows 10を新規クリーンインストール

Windows 10のリセットが利用できない場合、Windows 10の再インストールを検討すべきです。

Windows セットアップでCドライブをフォーマットしない限り、すべての個人用ファイルはWindows.oldというフォルダーに格納されています。インストール後に、Windows.oldフォルダーから必要なファイルをコピーすることができます。

フォーマット

システムバックアップがあれば、windows10の修復はもっと簡単になる

問題が発生する前に、システムイメージを作成しておいたら、Windows 10を修復するには以上述べたいかなる方法を使用する必要がありません。バックアップから直接復元するだけで、すべてのことを正常な状態に戻すことができます。

システム問題やデータ紛失に備えて、日頃からバックアップを定期的に作成したほうがいいです。ディスク容量と実行時間を節約するために、増分バックアップまたは差分バックアップを取ることができます。これらは新しく追加、または変更されたファイルだけをバックアップします。増分バックアップまたは差分バックアップ

ここでは、色々なバックアップを簡単かつ迅速に行える無料ソフト - AOMEI Backupper Standardがオススメです。この強力なバックアップフリーソフトは基本的なバックアップ方式(例えば、増分・フル・スケジュールバックアップ)を実行できますが、差分・イベントトリガーバックアップが必要な場合、やDVD CD/DVDにバックアップしたい場合、AOMEI Backupper Professionalアップグレードしてください。こちらからダウンロード

次は詳細手順に従ってAOMEI Backupperでシステムバックアップを取りましょう:

  • 1. このツールをWindows 10にダウンロードし、インストールし、起動します。

  • 2. 「バックアップ」タブをクリックし、「システムバックアップ」を選択します。システムバックアップ

    • ノート:必要に応じて「ディスクバックアップ」「ファイルバックアップ」「パーティションバックアップ」を選択することもできます。

  • 3. 次の画面で、システムに関わるすべてのパーティションが自動的にバックアップに含まれています。「2」をクリックしてイメージバックアップを保存する場所だけを選択するといいです。保存場所を選択

  • 4. 特定の日時や間隔時間を指定してバックアップを実行したい場合、「スケジュール」をクリックしてスケジュールされたバックアップを構成することができます。問題なければ「開始」をクリックしてシステムバックアップを始めます。スケジュール

バックアップが完了した後、USBメモリーまたはCD/DVDを使ってブータブルメディアを作成できます。Windows 10が起動しない場合、ブータブルメディアでPCを起動してから、事前にバックアップしたイメージを利用してシステムを復元できます。もちろん、これも有料版のみで使用可能な機能です。

無料体験

システムイメージを使用してWindows 10を修復するのは他のソリューションより、はるかに簡単でしょう。だから、システム問題に備えるために、常にシステムバックアップを保持したほうがいいです。