Windows 10を修復する5つの方法

この記事では、SFC(システムファイルチェッカー)、CMD(コマンドプロンプト)、DISMなどの5つの方法でWindows 10を簡単に修復することを紹介します。

Windowsに何らかの問題が発生した場合、Windowsディレクトリ修復、ブートディレクトリ修復などの基本修復でWindowsを修復できます。エラーが深刻すぎる場合は、システムの復元のような高度な修復を実行できます。Windows 10では、DISMコマンドラインユーティリティを使用してWindows 10イメージを修復することもできます。次に、この記事では、5つの方法(コマンドプロンプトを含む)でWindows 10を修復することができます。

方法 1. SFCを使用してWindows 10を修復

SFC(システムファイルチェッカー)は、Windowsシステムファイルの破損をスキャンし、保護されたシステムファイルの破損または不足を既知の正常なバージョンに置き換えるコマンドラインユーティリティです。ブート中にコンピュータにバグを感じたり、問題が発生した場合は、システムファイルチェッカーを使用して問題の診断と修復を行うことができます。

スタートメニューで「CMD」を入力して、コマンドプロンプトを管理者として実行します。次に、「sfc /scannow」を入力してEnterを押します。

システムファイルチェッカーで問題を解決できない場合は、ユーティリティがWindowsイメージから必要なファイルを取得できない可能性があります。これは壊れている可能性があります。この状況では、DISMを使用してWindowsイメージを修復できます。

Method 2. DISMコマンドラインユーティリティを使用してWindows 10を修復

Windows 10には、DISM(Deployment Image Servicing and Management)と呼ばれるコマンドラインユーティリティが含まれています。DISMコマンドWindows 10は、Windowsセットアップ、Windows回復環境、Windows PEなどのWindowsイメージの修復と準備に使用できます。また、DISMを使用して、オペレーティングシステムのインストール内でリカバリイメージを修正することもできます。

DISMコマンドプロンプトを使用してWindows 10を修復する方法を見てみましょう。

破損がないかどうかを確認するには:

コマンドラインを管理者として実行します。「DISM /Online /Cleanup-Image /CheckHealth」を入力してEnterを押します。

Windowsイメージをスキャンして破損がないかどうかを確認するには:

「DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」を入力します。

Windowsイメージを修正するには:

「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:repairSource\install.wim」を入力します。

DISMでWindows 10を修復

方法 3. コマンドラインでWindows 10をリセット

「このPCを初期状態に戻す」はWindows 10の組み込み機能です。コンピュータが正常に動作していない場合は、この機能を使用してコンピュータを工場出荷時のデフォルト設定に戻すことができます。

Windows 10をリセットするには、昇格したコマンドプロンプトで「systemreset -cleanpc」と入力し、Enterキーを押します。

PCをリセット

コンピュータが起動できない場合は、リカバリモードで起動してトラブルシューティングを選択し、「このPCを初期状態に戻す」を選択します。

方法 4. コマンドプロンプトを使用してシステムを復元

問題が深刻すぎる場合は、システムの復元を有効にしている限り、Windows10/8/7で先の日付に復元することができます。コマンドプロンプトを使用してセーフモードからシステムの復元を起動するには、次の手順を実行します。

手順 1. コンピュータを起動し、Windowsの詳細オプションメニューが表示されるまでF8キーを繰り返し押します。

手順 2. 「セーフモードとコマンドプロンプト」をクリックし、Enterキーを押します。

注:コンピュータが正常に起動できる場合は、Win + Rキーを押し、「実行」ボックスにcmdと入力します。

手順 3. 必要に応じて管理者アカウントを使用してサインインします。コマンドプロンプトが表示されたら、「rstrui.exe」を入力して、Enterキーを押します。

システムの復元を起動

手順 4. このコマンドを実行すると、システムの復元のインターフェイスが表示されます。推奨復元ポイントを使用するか、復元ポイントを選択することができます。次に「次へ」をクリックします。指示に従って、システムの復元を完了します。

リストアポイントを選択

方法 5. AOMEI.exeを使用してWindows 10を修復

システムの復元のほかに、AOMEI.exeを使用してWindows 10を修復することもできます。AOMEI Backupperrは、Windows 10/8/7/XP/Visa用に設計された、信頼性の高い無料バックアップおよび復元ソフトウェアです。グラフィックユーザーのインターフェースやコマンドラインからバックアップと復元を行うことができます。Windowsに組み込まれているツールにはない機能がいくつかあります。たとえば、AOMEI Backupperを使用して増分バックアップを作成し、異種ハードウェアに復元することができます。

AOMEI Backupperを使用してシステムイメージバックアップを作成したと仮定して、AOMEIコマンドプロンプトを使用してWindows 10をリストアする方法を見てみましょう。

システムを復元する前に、「イメージをチェック」というユーティリティーを使用して、システムイメージのバックアップがエラーなしで行われているかどうかを検査することができます.

手順 1. コマンドラインで次のコマンドを入力して、AOMEI Backupperのインストールディレクトリに移動し、Enterキーを押します。次に例として「cd C:\Program Files (x86)\AOMEI Backupper」を入力します。

注:Windows PE環境でこのコマンドを実行すると、ドライブ文字が変更されることがあります。

手順 2. 復元を開始するには、AMBackup /r /t 「バックアップの種類」 /s “「バックアップの場所のパス」” /d 「保存先の場所」のようなコマンドを実行します。

例えば:J:\systembackup1に保存されているシステムバックアップをdisk 1に復元するには、次のコマンドを入力します。

AMBackup /r /t system /s “J:\system backup\systembackup1.adi” /d 1

AOMEIコマンド

異なるPCへ復元必要がある場合は、AOMEI Backupperのユニバーサル復元機能を使用すると非常に簡単になります。

たとえば、「systembackup1.adi」というイメージのシステムリカバリをディスク0のパーティション0に実行し、ユニバーサルリストアを実行します。

AMBackup /r /t system /s "D:\system backup\systembackup1.adi" /d 0:0 /x

これで、5つの方法でWindows 10を修復することを学びました。好みに基づいて1つを選ぶことができます。