【Windows 10】複数のバックアップを保持する3つの解決法

Windows 10のパソコンで異なる種類のデータを別々にバックアップしたいかもしれません。そのため、複数のバックアップを作成、保持する必要があります。この記事では、複数のバックアップスケジュールを設定する3つの対処法をご紹介します。

1つのバックアップだけで十分なのか?

Windows 10では「ファイル履歴」を使用してファイルの複数のバージョンを保存したり、「バックアップと復元」を使用してシステムイメージをバックアップ・作成したりすることができます。しかし、どのツールを使っても、1つだけのバックアップタスクしかを保持できません。

既存のバックアップタスクを変更するか、または削除してから新しいバックアップタスクを作成できます。つまり、Windows 10で複数のバックアップを実行することができません。

個人用ファイルのために、1つのバックアップを作成したいですが、システムのために、もう1つのバックアップが欲しいかもしれません。バックアップ用ドライブが故障する可能性があるので、1つのバックアップを1つの場所に保存するのも危険です。そのため、1つ以上のバックアップを保持すべきです。なお、複数のバックアップを別々の場所に格納したほうがいいです。

Windows 10で複数のバックアップを保持する

次は、Windows 10で複数のバックアップを異なる場所に保持する3つの解決法をご紹介します。1番目と2番目の方法は手動で複数のバックアップを作成する必要がありますが、3番目の方法は複数のバックアップスケジュールを設定してデータを自動的にバックアップできるので、非常に役立つと思います。

手動でバックアップ先を変更する

ファイル履歴」でバックアップを作成した後、「ドライブの選択」をクリックし、別のUSBメモリを接続するか、または他のネットワーク上の場所を追加して、ファイル履歴のドライブ(コピー先)を変更することができます。

ドライブの選択

バックアップファイルを保存する場所を一時的に切り替えて、ファイル履歴は新しいドライブにコピーされています。その後、保存先を元の場所に戻してください。そうすると、ファイル履歴を利用して複数のバックアップを異なる場所に格納することができます。

また、この方法でバックアップを複数のハードディスクに作成することもできます。

異なるユーザーアカウントを使用する

複数のバックアップを保持するために複数のユーザーアカウントを作成できます。ユーザーアカウントごとに「ファイル履歴」を設定して、違う外部ドライブにバックアップを取ることができます。

例えば、ファイル履歴を別のドライブに保持したい場合、今のユーザーアカウントを切り替えて、他のユーザーアカウントでシンプルにログオンすればいいです。

詳細設定」で設定した「ファイルのコピーを保存する頻度」などにより、バックアップタスクが自動的に実行されているはずです。もちろん、別のドライブではファイル履歴のバックアップを手動で開始することもできます。

詳細設定

タスクスケジューラで複数のバックアップスケジュールを構成する

いつも手動でバックアップ先またはユーザーアカウントを切り替えるのは面倒くさいと思いませんか?幸いなことに、 Windows 10の「タスクスケジューラ」を使用して、スケジュールされた複数のバックアップを自動で行うことができます。スケジュールされたバックアップごとには、異なる保存場所を指定することができます。

ここでは、イメージバックアップを実行するのにWindows 10のWBadmin機能を使用しようとします。Wbadminコマンドについて何も知らなくても、大した問題ではありません。

次の手順を参考にして、Windows 10で複数のバックアップスケジュールを設定しましょう。

1. Windowsキー+Rキーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。「taskschd.msc」と入力してEnterキーを押し、「タスクスケジューラ」を開きます。

taskschd

補足:Windows 10の検索ボックスからタスクスケジューラを見つけて開くこともできます。

2. 「タスクの作成」をクリックしてタスクを作成します。

タスクの作成

ヒント:必要な数のタスクを作成できます。

3. 「全般」タブでタスクの名前を付け、説明を入力することができます。セキュリティオプションにて「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」にチェックを入れることができます。

全般

注:もちろん、上述したオプションを選択しなくても全然構いません。

4. 「トリガー」タブ→「新規」をクリックして、新しいトリガーを作成します。「新しいトリガー」の画面から、いつバックアップを実行するか指定することができます。

新規

5. 「操作」タブ→「新規」をクリックします。プログラム/スクリプトのボックスに「wbadmin」と入力し、引数の追加のボックスに「start backup -backupTarget:F: –allcritical」(システムイメージをFドライブにバックアップするという意味のコマンド)と入力します。

操作

ヒント:必要に応じて、パラメータを変更してカスタムバックアップを作成することができます。

6. 「OK」をクリックしてスケジュールされたタスクを保存します。バックアップスケジュールの設定を完成させるためにユーザーアカウントのパスワードを入力する必要があるかもしれません。

そして、Windows 10で以上と同じプロセスを繰り返して、複数のバックアップタスクを作成することができます。どうしてもwbadminを使用したくないなら、Windows 10向けの無料バックアップソフトを使用することもできます。

バックアップソフトで複数のバックアップを保持する

AOMEI Backupper Standardは無料バックアップ&復元ソフトであり、複数の単発バックアップ(手動による1回限りのバックアップ)と複数のバックアップスケジュールを設定することができます。それはファイルバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップとパーティションバックアップ、様々な機能を提供します。

スケジュールされたバックアップは増分バックアップまたは差分バックアップに基づいてバックアップ用ディスクの容量を節約することができます。更に、それはもっとたくさんのオプションがあり、カスタムタスクを作成することができます。例えば、電子メール通知、バックアップの暗号化と圧縮です。

AOMEI Backupper Standardを使用して複数のバックアップを作成する手順を見てみましょう:

1. お使いのパソコンにこの無料ツールをダウンロードして起動します。「バックアップ」タブをクリックした後、バックアップに含めたいことにより、1つのバックアップの種類を選択します。ここでは「システムバックアップ」を例としましょう。

バックアップ

2. システムバックアップの場合、「1」でシステム復元に必要があるバックアップソースが自動的に選択されるので、「2」をクリックしてシステムイメージを保存する場所を指定するだけでいいです。

保存場所

補足:「ディスクバックアップ」または「ファイルバックアップ」を選択する場合、まずバックアップソースを指定する必要があります。

3. 画面下にある「スケジュール」をクリックして、バックアップスケジュールを構成します。毎日、毎週、毎月の特定の時刻、またはイベントトリガーでバックアップを実行することができます。

スケジュール

4. 他の設定を見たり、使用したいなら、「オプション」をクリックしてください。その後、問題なければ「開始」をクリックしてバックアップを始めます。1つのバックアップ作成が完了したら、同じ手順でほかのバックアップタスクを続けて設定することができます。

システムが起動できなくなることに備え、AOMEI Backupperでブータブルディスクを作成することができます。万が一のときに、作成したブータブルメディアを利用してパソコンを起動してから、Windowsを以前の状態に戻すことができます。

Windows 10の複数のバックアップのほかにAOMEI Backupperはデータとかシステムとかを守るために、同期、HDDクローンなど機能も提供します。