Windows10 HDDを丸ごと引っ越しする方法

Windows10 HDDの引っ越しが必要である理由

  • 状況:Windows 10のOSはリリースされた以来、多くのユーザーはWindows 7/Windows 8からWindows 10にアップグレードしましたが、時間が経つにつれてパソコンの起動やプログラムのロードを長時間待つことに飽きてしまって、新しいHDDまたはSSDの換装を考えています。今のHDDにインストールされたWindows 10をもっと大容量のHDDやSSDに丸ごと引越しようとします。

それで、ネットでちょっと調べたら、HDDを丸ごとコピーするのは一番簡単な引越し方法が分かりました。HDDのコピーはバックアップを作成してから復元する作業(この方法だと、バックアップと復元、2つの段階が必要で、決して最も簡単な方法とは言えません)ではなく、一度に済ませる作業です。

引っ越し後、OSを再インストールする必要がないし、HDDを新しいHDDやSSDと交換すると、そのまま新しいHDDやSSDから起動できます。中身のデータや設定、アプリケーション、環境等は元のままです。次はこの方法の詳細な手順をご紹介します。

Windows10 HDDを引っ越しするための準備

Windows10 HDDを丸ごと引っ越しする前に、いくつかの準備をしなければなりません。

  • まずは新しいHDDまたはSSDを用意しましょう。それは古いHDDより大容量を持つ必要があります。

  • 次はHDD引っ越しソフトを用意しましょう。Windows 10 OSを引っ越しできるソフトといえば、ここでは、AOMEI Backupper Standardというバックアップフリーソフトを推薦します。

無料のAOMEI Backupper Standard版はシステムディスクをMBRからMBRへクローンできますが、MBRからGPTへ、またはGPTからMBR/GPTへクローンする場合、有料版AOMEI Backupper Professionalを使用する必要があります。また、AB Professionalはシステムクローン、クローンしたディスクの編集など、もっと強力な機能を備えます。購入前に、その体験版を試してみることができます。異なるバージョンの比較について

無料体験

以上の準備は全部完了した後、今からWindows10 HDDを丸ごと引っ越ししましょう。

Windows10 HDDを引っ越しする手順

※ここでは、MBRシステムディスクをMBRディスクへクローンすることを例とするので、AOMEI Backupper Standard版を使うのは十分です。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールします。インストールした後、新しいHDD/SSDをお使いのパソコンに接続し、ソフトを起動します。画面の左側にある「クローン」をクリックし、画面右の一覧から「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 2. ソースディスク(古いHDD/SSD、ここはディスク0です)をクローン元として指定し、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ 3. 次の画面で、ターゲットディスク(新しいHDD/SSD、ここはディスク1です)をクローン先として指定し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

ステップ 4. 操作を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

ヒント:「セクター単位のクローン」はスペースが使用されたかどうかと関係なく、全てのセクターをクローンします。ターゲットディスクはSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」を選択して、SSDの性能を向上させます。開始

ステップ 5. ディスククローンの進捗状況は100%に達すると、「完了」をクリックしてください。

完了クリック

それで、Windows10 HDDを丸ごと引っ越しする手順は終わります。Windows10 HDDクローンを作成するのにAOMEI Backupper Standardは簡単に使えるでしょう。

また、このソフトはシステムバックアップ、ファイルバックアップ、パーティションバックアップ、ディスクバックアップ&復元を行うこともできます。