Windows 10 OSをM.2 SSDに移行する方法|再インストールせず

この記事では、最高のフリー・ディスク・クローニング・ソフトを使用してWindows 10 OSをM.2 SSDに移行する方法を紹介します。

Windows 10 OSをM.2 SSDに移行する原因

もともと次世代フォームファクタ(NGFF)として知られているM.2 SSDは、小型フォームファクタの内蔵マウントストレージ拡張カード用に書かれたコンピュータ業界仕様に準拠したソリッドステートドライブです。現在、M.2 SSDは、OSをM.2 SSDに移行したい人にとっては最初の選択となっています。

時間がたつと、HDDの動作が遅くなるつつあり、コンピュータを起動したり、ファイルやプログラムを開くまでに数分かかることになっています。したがって、ユーザーはHDDをM.2 SSDにアップグレードしてより高速な読み書き速度を望みます。さらに、SSDの消費電力とノイズはゼロです。

Windows 10 OSをM.2 SSDに移行する方法

一般に、HDDをSSDに移行するには2つの方法があります.Windowsの組み込みツールまたはサードパーティ製のディスク複製ツールを使用できます。次に、それぞれの方法の詳細な手順を説明します。

方法 1. Windows組み込みツールを使用する

システムバックアップを作成してSSDに復元することができます。

手順 1. 検索ボックスにバックアップと復元を入力し、「バックアップと復元」を開きます。 次に、「システムイメージの作成」をクリックします。

手順 2. バックアップを保存するために外付けのハードディスクを選択してください。

手順 3. システムドライブとシステム予約ドライブがデフォルトで含まれています。「次へ」をクリックして続行します。

手順 4. 設定を確認し、「バックアップの開始」をクリックします。

手順 5. Windows 10 Media Creationツールをダウンロードし、起動可能なUSBを作成します。

手順 6. 起動可能なUSBドライブが終了したら、コンピュータをシャットダウンしてSSDに接続します。 起動時にBIOSにアクセスし、起動タイプをUSBドライブに変更します。

手順 7. 「コンピュータの修復」をクリックし、「トラブルシューティング」 >「詳細オプション」>「システムイメージの回復」に進みます。

手順 8. ここでは、コンピュータのイメージの再イメージ画面に移動し、使用可能な最新のシステムイメージを使用する(推奨)をクリックします。次に、「次へ」をクリックし、指示に従ってリストア処理を完了します。

システムイメージの復元

方法 2. M.2 SSDクローンソフトを使用する

Windows 10からM.2 SSDへのWindowsの組み込みツールの移行は面倒なことですが、作業を簡単にするために、M.2 SSDクローンソフトを使用することができます。

AOMEI Backupper Proは、Windowsを再インストールせずにWindows 10 OSをSSDに換装できる強力で安全なシステムクローンソフトです。Windows 10のほかに、Windows 7/8/XP/Visaもサポートしています。それは非常に使いやすく、数回のクリックだけで、OSをSSDにクローンすることができます。次はOSをM.2 SSDに移行する方法を見てみましょう。

手順 1. AOMEI Backupperをインストールし、ソフトウェアを開きます。「クローン」と「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

手順 2. ターゲットディスクとしてSSDを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 3. SSDの最適化では、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチェックしてから、「開始」をクリックしてクローニングプロセスを開始できます。

操作の概要

ほんの数回のクリックで、AOMEI Backupperの助けを借りてWindows 10をM.2 SSDに移行できます。クローンの後、BIOSに行き、ブートデバイスを変更し、M.2 SSDからブートすることができます。