Windows 10を外付けHDDに自動バックアップことを設定する方法

Windows 10を外付けHDDに自動バックアップを設定したいですか。Windows 10を外付けHDDに自動バックアップするための心配のないバックアップ戦略をご覧ください。

なぜWindows 10を外付けHDDに自動バックアップするのですか。

私たちは、貴重なデータや情報をより安全に保つため、バックアップを頻繁に行います。場合によっては、NASやクラウドストレージにファイルをバックアップしたり、 OneDriveにファイルをバックアップ したりすることもあります。時には、私たちはUSBフラッシュドライブ、ポータブルドライブまたは外付けHDDにファイルをバックアップします。これらの動きはすべて、ファイルのセキュリティを考慮したものです。しかし、これらの場所の1つにコンピュータをバックアップすることを考えていますか。OSを含むコンピュータと作成したファイルもすべて保護する必要があります。

なぜあなたはコンピュータのバックアップ中に自動バックアップ機能が必要ですか。実際には、ほとんどの人がその意義を認識しているため、これ以上説明する必要はありません。私たちは重要なビジネスで忙しいので、毎日バックアップをすることを忘れることは珍しくありません。自動バックアップはうまくこの問題を解決します。

Windows 10で外付けHDDに自動バックアップを設定する方法は?

Windows 10の自動バックアップタスクを設定するには、Windows 10のバックアップと復元(Windows 7)ユーティリティとファイル履歴に切り替えます。それは、外付けHDDにファイルを自動バックアップするのと同じくらい簡単です。とにかく、Windows 10で自動バックアップを設定する方法をステップごとに見ていきましょう。

組み込みツールを使用してWindows 10を外付けHDDに自動的にバックアップ

起動する前に、外付けHDDにバックアップする必要のあるファイルの種類を確認することができます。これは、使用する必要のあるユーティリティに関連するためです。Windows 10システムを外付けドライブにバックアップするには、バックアップと復元(Windows 7)が有効です。自分で作成したファイルをバックアップするには、ファイル履歴が必要です。以下は、Windows 10のバックアップと復元(Windows 7)で自動バックアップを設定する方法を示しています。

1. 外付けHDDをWindows 10に接続し、それが検出されていることを確認します。設定>アップデート&セキュリティ>バックアップ>バックアップと復元(Windows 7)に進みます。右側に [バックアップの設定] をクリックします。

バックアップを設定

2. [バックアップする場所]ウィンドウで、外付けHDDを選択します。[次へ]をクリックします。

バックアップする場所

3.Windowsでバックアップしたい項目を選択してください。選択を許可してシステムドライブオプションをオンにするをクリックすることをお勧めします。

バックアップの対象

4. [バックアップ設定の確認]ウィンドウに、[スケジュール]オプションが表示されます。デフォルト設定または[スケジュール変更][設定を保存してバックアップを実行]をクリックします。

設定を保存する

Windows 10を外付けHDDに自動バックアップするのは簡単ですが、HDD全体を計画通りにバックアップするには、推奨されるユーティリティを試してみるとよいでしょう。このソフトウェアでは、バックアップシステムのみを選択するか、ディスク全体を完全にバックアップするかを選択できます。さらに、このソフトウェアは、Windowsの組み込みツールでは提供されないイベントトリガーバックアップモードとバックアップスキーム(バックアップストレージ自動マネージャー)を提供します。AOMEI Backupper Professional はこれまでカバーしてきたものを満たしています。 

より良い方法で外部ドライブにWindows 10の自動バックアップ

ステップ 1. 外付けHDDをコンピュータに接続します。すでにインストールしている場合は、AOMEI Backupper Professionalをインストールして起動してください。バックアップ > ディスクバックアップ. を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. OSを含むディスクをソースディスクとして選択します。

ソースディスク選択

ステップ 3. 外付けHDDをコピー先のディスクとして選択します。

宛先ディスクを選択

ステップ 4. [スケジュール]をクリックして、バックアップ頻度、毎日、毎週、毎月、またはイベントトリガーを設定します。完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップは、[ブラウズ] オプションでも利用できます。

スケジュールオプション

ステップ 5. [バックアップの設定]をクリックすると、必要に応じてバックアップイメージや他のもののパスワードを設定できます。

バックアップの設定

ステップ 6. 自動バックアップはたくさんのイメージを作成するので、ストレージルームを節約するために、ソフトウェアが重複したバックアップイメージを削除することが重要です。スキームをクリックします。

バックアップスキーム

ステップ 7. すべての設定後[開始]をクリックします。

開始

ヒット:

  • 外付けHDDが新品の場合は、使用する前にフォーマットする 必要があります。
  • バックアップ専用システムとそれに関連するパーティションは、 システムバックアップ オプションでも利用できます。
  • Windows 8/10で Windowsイメージを復元する方法 を確認することができます。

Windows 10を外付けHDDに自動バックアップする方法を解決する2つの方法が示されています。AOMEI Backupperはこの自動バックアップタスクをいくつかの手順で完了します。このソフトウェアを見ると、あなたの毎日の実用的な問題を解決するためのより有用な機能が見つかります。たとえば、クローン機能を使用してデスクトップでHDDをSSDに置き換える. ことができます。「ユーティリティ」 タップの「起動可能なレスキューメディアを作成」機能を使用すると、コンピュータが故障したときにコンピュータを再起動できます。したがって、あらかじめ起動可能なデバイスを1つ作成するとよいでしょう。