Windows10ディスクをクローンできるフリーソフトウェア

「500 GBのハードディスクは、Windows10にインストールされており、私はこれを使用する時間は長いです。このHDDは常にうまく動作しますが、今、私はスペースが小さく感じて、大きいものに現在のディスクをアップグレードするつもりです。私は、システムの再インストールがこの問題を解決できる1つの方法であることが分かりますが、アップグレード中にシステムや任意のプログラムを再インストールしたくないです。目標を達成できるサードパーティ製のソフトウェアがありますか。無料のクローンソフトウェアがより良いかもしれません。」というみたいな投稿がフォーラムに沢山あります。どのようにWindows10でこの問題を解決しますか?答えは別のHDDにWindows10ディスクをクローンすることです。

Windows10ディスクのクローンについて

ディスククローンとはディスクの全てのデータを別のディスクにコピーすることを指します。クローンはコピーと違って、コピーがエラーを引き起こす可能性があります。例えば、コピーした後、いくつかのシステムファイルからのアクセス許可を得ませんが、同じ問題がクローンに発生しません。上記の他には、データの二重保険を作成するために、またはデータを回復する時HDDへの二次被害を取り除くために、ディスクを複製する必要があるなら、Windows10ディスクをクローンすることができます。

Windows10ディスククローンのフリーソフトウェア-AOMEI Backupper Standard

Windows10ディスククローンのフリーソフトウェア-AOMEI Backupper Standardは重要なデータを損失から守るに専念します。Windows10のユーザーは、別のHDDにWindows10ディスククローンを作成することができます(更に大きいものから小さいものに)。また、システムバックアップ、ファイルバックアップ、増分/差分バックアップなどを行うことができます。Win10のバックアップと比較すると、このWindows10ディスククローンのフリーソフトは、より強力で、より便利です。

操作の前:

  • 小さいものに大きなディスクからクローンを作成するには、先ディスクのスペースがソースディスクの全ての有効なデータを収容できることを確認してください。
  • 先ディスクにソースディスクのクローンを作成した後、先ディスクの全てのデータが覆われます。ですから、重要なデータが先ディスクにあるか否かをチェックします。ある場合、事前に別の場所にコピーします。
  • 先ディスクがダイナミックディスクである場合、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する必要があります。

ステップ1:ダウンロードして、AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動します。 インタフェースの左側にある「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2:クローンするディスクをソースディスク(例え、ディスク0)として選択して、[次へ]をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ3:他のディスクをソースディスクのデータを保存する先ディスク(例え、ディスク1)として選択して、[次へ]をクリックします。

先ディスクを選択

ステップ4:ポップアップウィンドウで、メッセージを読んで「はい」をクリックして続行します。

はいをクリック

ステップ5:次のウィンドウで「開始」をクリックして、操作が始まります。

開始

ヒント:

  • 「セクター単位のクローン」は、使用されるに関係なく、ディスクの全てのデータスペースをクローンできますが、長い時間がかかります。
  • 先ディスクがSSDである場合、SSDのパフォーマンスを向上させるために、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」を選択します。

ステップ6:ディスククローンの進捗状況が100%に達すると、「完了」をクリックしてください。

完了をクリック

Windows10ディスククローンのフリーソフトウェアで、システムの再インストールとデータの損失なく、ディスクをアップグレードすることができます。実は、このソフトウェアを使用して、システムの再インストールを避けるために、ディスクをバックアップしてから、起動したいディスクにイメージを復元することもできます。