Windows 8.1/7にWindows 10をダウングレードする方法

30日間内にWindows10をダウングレードします

Windows 10は、Windows 8.1/7にWindows 10をダウングレードするオプションを提供します。もしWindows 10に問題が発生し、またはWindows 10に慣れない場合、「Windows 8.1/7に戻す」ボタンをクリックすればいいです。それは確かに便利です。しかし、Windows 10にアップグレードしてから一ヶ月間のみに、このボタンが利用可能です。ここでは戻す手順があります:

1. スタートボタンをクリックして、「設定」を選択します。設定のアプリケーションを開きます。

2. 「更新とセキュリティ」をクリックして、「回復」を選択します。

3. 「Windows 8.1または7に戻す」オプションの下に「開始する」のオプションをクリックします。

win10ダウングレード

4. 次のスクリーンで、なぜ前のWindowsバージョンに戻したいかについて、何らかの理由を書きます。そして、数回のクリックで操作を続けます。

5. 最後に、「Windows 8.1または7に戻す」ボタンをクリックします。プロセスが完了する前に待っています。

Windows.oldフォルダ上のデータの数によって、このプロセスは1時間または2時間ぐらいかかります。

30日間後にWindows 10をダウングレードします

Windows 7またはWindows 8.1ノートパソコンは、Windows 10にアップグレードした後、Windows.old、$Windows.~BTと$Windows.~WSのディレクトリを作成します。前のバージョンの全てのデータはWindows.oldフォルダに保存されます。30日間後にWindows 10を実行する時、これらのフォルダは自動的に削除されます。それは「Windows 8.1または7に戻す」のオプションが失敗することを導きます。30日間後にWindows 8.1/7に戻すために、それらのフォルダをリネームし、または元の名前を維持して別の場所にそれらをバックアップすることができます。もちろん、これは30日間内に行わなければなりません。

Windows 10からWindows 8.1に戻す必要がある場合、それらのフォルダの名前を元の名前に変更し、または元の場所にそれらを復元することができます。そして、コンピューターの日時を30日間内の日付に変更します。最後に、設定>更新とセキュリティ>回復の下に「Windows 8.1または7に戻す」オプションをもう一度使うことができることを見つけます。

理論的に、これが正常に動作できますが、もし失敗する場合、Windows 8.1または7を再インストールできます。そして、Windows.oldフォルダからデータを回復します。

ダウングレードのより簡単な方法

Windows 8.1またはWindows 7にWindows 10を戻すより簡単かつ安全な方法を得るために、Windows 10にアップグレードする前にフリーソフトAOMEI Backupper Standardを使用して、システムバックアップを作成できます。AOMEI Backupperは直感的なインターフェイスを持って、Windowsの以前のバージョンをバックアップし、復元することができます。 AOMEI PXE boot Toolまたはブータブルメディアを使用して、コンピューターが起動できなくても、システムを復元できます。AOMEI BackupperでWindows 7またはWindows 8.1に戻します:

1. AOMEI Backupperをインストールして、開きます。または、ブータブルメディアからコンピューターを起動します。この2つの方法でAOMEI Backupperのインターフェイスに移動することができます。

ホーム

2. 「復元」をクリックします。「パス」をクリックして、Windows 10にアップグレードする前に作成されたシステムイメージバックアップを選択します。そして、「次へ」をクリックします。

復元

3. もし、スケジュールバックアップの実行を維持する場合、バックアップポイントを選択して、「次へ」をクリックします。

バックアップポイント

4. 次のスクリーンに、この復元操作の概要が表示されます。確認して、「開始」をクリックします。

開始

要するに、AOMEI Backupperを使用して、いつでもいくつかのクリックでWindows 8.1/7にWindows 10をダウングレードできます。また、それは異なるハードウェアの復元、システムクローン、ファイル同期と他の多い有用な機能をサポートします。