DISMを利用してWindows 10をオフライン修復します

この記事では、DISMを利用してWindows 10をオフライン修復する方法を紹介します。それ以外に、万一の場合に備えるため、最善なシステム損害予防策を紹介します。

こういう場合...

先日、家のWindows 10搭載PCが突然起動できなくなって、「セーフモード」、「システムの保護」、「SFCコマンド」や「BOOTRECコマンド」などの通常の方法で修復してみたが、直せませんでして。それで、
DISM.exe /Image:d:\ /Cleanup-image /Restorehealth /Source:d:\w10\install.wim /LimitAccess /scratchdir:d:\scratch
というコマンドでDISMのオフラインモードを試しても失敗しました。

DドライブはWindowsインストレーションディスクです。打ち込んだコマンドになにかの構文エラーがあるかどうか分かりません。DISMのオフラインモードを利用してWindows 10を修復する方法はなんですか?分かる方お願いします。

                                                                                                                                                            ーーあるユーザーからの質問

実に、DISMはインストレーションソースを正確に認識できなかった可能性があります。ネットでWindows 10のディスクイメージをダウンロードしてマウントして、上記のコマンドを再度に実行してみます。詳しくは下記の手順を参考にします。

オフラインでDISMを利用してWindows 10を修復

DISM(展開イメージのサービスと管理)はWindowsのイメージの処理と準備に使用できるコマンドラインツールです。一般に、DISMは自動的にWindows Updateから必要なファイルをダウンロードして壊れたファイルを置き換えます。時に、DISMは破損したイメージの修復に失敗するかもしれません。この場合はDISMコマンドのソーズオプションを使ってみた方がいいです。

はじめに

オフラインイメージをを利用してWindowsを修復するため、下記の準備は必要です。

  • 1. 他のPC、Windows 10ディスクイメージ、またはWindows 10インストレーションメディアのいずれからinstall.wimファイルのコピーを取ります。このファイルの中にはDISMが修復処理中に使用する全てのフィアルが含まれています。

  • 2. install.wimファイルはお使いのオペレーティングシステムと同じバージョン、エディション、および言語である必要があります。

  • 3. install.wimファイルの場所を確認する必要があります。install.wimファイルはWindowsインストレーションメディア/ディスクイメージの中の「source」フォルダにあります。場合によっては、DISMから「sourceファイルが見つかりません」のようなアラートが表示されることがあります。ファイル所在の場所を先に確認した方がいいです。

  • 4. DISMのコマンドはケースセンシティブ、つまり大文字と小文字を区別して扱います。例えば、install.wimをInstall.wimと入力すると、DISMは正確に実行できません。

  • 5. install.wimファイルが読み取り専用状態になっていないかどうかを確認する必要があります。そうしないと、DISMはイメージの修復に失敗します。

詳細な手順

  • 1. MSDNからWindows 10のディスクイメージをダウンロードします。

  • 2. ISOファイルをダブルクリックしてマウントします。Windowsエクスプローラーでマウントされた仮想ドライブのドライブ文字を確認します。

  • 3. 「Win」+Rキーを合わせて押してポップアップメニューに「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。

  • 4. 下記のコマンドを一行目ずつ入力してEnterを押します。

  • DISM /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup

  • DISM /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore

  • DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /source:F:\Sources\Install.wim:1 /LimitAccess

dismコマンド

DISMはinstall.wimファイルからシステムファイルを抽出してWindowsイメージを修復し始めます。

代替方法でWindows 10を修復

DISMは破損したファイルやイメージを修復するのに役立ちます。しかし、コマンド作業は普通の使用者によって複雑です。さらに、コマンドラインに通じないユーザーは操作のミスでシステムにひどい問題を起こしかねません。

破損したイメージとファイルを修復するには、基本的なコマンドラインを利用します。複雑なものを試しない方がいいです。どうしても試したい場合はPC/システムのバックアップを作成しておきます。

バックアップソフトには無料のバックアップソフトAOMEI Backupper Standardをおすすめします。この使いやすいソフトは手動で入力することなし数回のクリックで全てのプロセスを終わらせます。AOMEI Backupper Standardは外付けHDD、USBメモリ、DropboxやGoogleOneのようなクラウドストレージ、NASなどを用いてバックアップできます。

多機能バックアップソフトとして、無料のAOMEI Backupper Standardは強力なスケジュールバックアップ機能が備わっています。毎日、毎週、毎月に自動的にファイルをバックアップできます。

こちらからダウンロード

より豊かな機能を求めるユーザーはAOMEI Backupperの有料版を利用することを検討してください。このエディションはバックアップイメージの暗号化をサポートしています。さらに、細かな「イベントトリガー」機能は自動バックアップを最大限に活用させます。USBドライブにバックアップを作成するユーザーはUSBドライブをPCに挿すと自動にバックアップを開始するように設定できます。

お買い求め 😊24時間メールサポート 😊90日以内無条件で返金させていただきます

AOMEI Backupperを利用してWindows 10をバックアップするには下記の手順を参考してください。

  • 1. AOMEI Backupperを起動させ、「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。 ab system backup

  • 2. 次のウインドウでシステムは既に選択されました。下側の手順2のところをクリックしてバックアップ場所を指定します。USBドライブにバックアップする場合は先にドライブをPCと繋いでおきます。 ab バックアップパース

  • 3. 必要に合わせてスケジュールバックアップなどを設定します。 ab スケジュールバックアップ

  • 4. 「開始」をクリックしてバックアップを実行します。

  • まとめ

    DISMを利用してWindows 10を修復するのは確かにお手上げのときの切り札ですが、この方法はあまりにも複雑すぎるのではないでしょうか。自分にとって、コマンドライブ操作はややこしくて危険です。誤って間違ったコマンドを入力すると、何が起こるかは誰も分かりません。一方、バックアップを作成するのは最も穏やかな対応策です。少なくとも、予期しない事態が発生したときに外付けHDDからシステムを復元する機会があります。

    頼りになるAOMEI Backupperを利用してシステムをバックアップするのは最善な選択です。PCユーザーは皆バックアップの習慣を身につけるべきです。さて、AOMEI Backupper Professionalの30日間無料試用版からPCをバックアップしましょう!