[Windows10] Windows Update自動更新を無効にする方法

Windows10では、Windows Updateの自動更新により、時に様々な不具合が起こることがあります。このような事態を防ぐために、Windows Updateの自動更新を無効して、自分のタイミングで手動更新したいと思う方も多いのではないでしょうか。だから、ここでは、Windows updateの自動更新を無効する方法を紹介します。

Windows 10の自動更新を無効にする必要がある?

マイクロソフトは、Windowsに関する特定の問題を解決するため、悪意のある攻撃から保護するため、またはオペレーティングシステムに新しい機能を追加するために、定期的に更新プログラムをリリースしています。一般的に、Windows 10は自動的にアップデートをダウンロードしてインストールし、デバイスが安全で最新のものであることを確認します。こういう点からWindows updateの自動更新はいいことなんです。

しかし、Windows 10の自動更新後、何か不具合なことに経験したユーザーも少なくないんです。例えば、ドキュメントディレクトリの下のすべてのコンテンツが1809更新後に失われていること、自動更新後ににWindows 10でファイルが失われたこと、Windows 10のアップデート後にファイルの関連付けが壊れ、マウスとキーボードが機能しないなどの問題が報告されます。

上記の考えられる問題を回避するために、現在の安定したオペレーティングシステムを使い続けたいユーザーにとって、彼らが必要とするものはWindowsの自動更新を止めるためのWindows 10更新無効化ツールです。

自動更新を無効する前にシステムをバックアップ

システムバックアップ/ディスクバックアップ/パーティショバックアップ/ファイルバックアップ4つのバックアップタイプがあって、ベストなバックアップフリーソフト—AOMEI Backupper Standardをお勧めします。

また、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPのようなすべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートします。バックアップ操作過程も簡単で数回クリックするだけでシステムバックアップを作成できます。詳しくは以下をご覧下さい。

こちらからダウンロード

手順 1. AOMEI Backupperをインストールして起動します。「バックアップ」タブ下の「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

手順 2. 必要なシステムパーティションはデフォルトで選択されていますから、ここではバックアップファイルの保存先を選択だけでいいです。

保存先を選択

手順 3. 操作を確認して「開始」をクリックしてください。

開始

ヒント:● オプション:電子メール通知を有効にし、バックアップイメージファイルの圧縮レベルを選択し、インテリジェントセクターバックアップまたはセクター単位バックアップを選択できます。● スケジュール:バックアップタスクを一定の間隔で自動的に実行するように設定できます。● スキーム:ディスクスペースを節約するために自動的に古い画像ファイルを削除します。この機能を利用するには、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

Windows10のWindows Update自動更新を無効にする方法

システムバックアップを作成した後に、レジストリを通して永久にWindows 10アップデートを無効にする2つの方法を学ぶことができます。

ヒント:ファイルの元のアクセス権を維持する場合は、手順4で「NTFSアクセス権の復元」(AOMEI Backupper Professionalでサポート)をクリックします。NTFSアクセス権はNTFSフォーマットのドライブにのみ復元できます。既存のファイルを上書きしたい場合は、手順4で「既存のファイルを置き換える」をクリックします。PS4から削除されたデータを復元した後、PCのシャットダウン、PCの再起動、休止状態またはスリープを選択することができます。

ノート: レジストリエディタはWindows 10 ホーム版にはありますが、以下のソリューションは ホーム版には適用されません。

方法 1: レジストリによる自動更新を無効にする

レジストリによる自動更新を無効にした場合、Windowsは更新を確認しません。以下の手順に従ってください。

1. Windowsキー+ Rキーを押して、「regedit」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックしてレジストリエディタを開きます。

2. 左側のペインのエントリを展開して、次のパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows

3. Windows(フォルダ)キーを右クリックして「新規」を選択し、「キー」をクリックします。新しいキーにWindowsUpdateという名前を付けます(WindowsとUpdateの間にスペースは入れません)。

キーを作成

4. WindowsUpdateキーを右クリックし、「新規」、「キー」の順に選択します。新しいキーの名前を「AU」に設定します。

AUキーを作成

5. AUキーをクリックし、右側のペインにある空のスペースを右クリックします。「新規」を選択し、「DWORD(32-bit)値」をクリックします。 新しいDWORDに「NoAutoUpdate」という名前を付けます。

新しいDWORD

6. 「NoAutoUpdate」をダブルクリックし、その値のデータを1に設定します。「OK」をクリックして変更を適用します。

値のデータ

ヒント:ここでは2つの番号を設定できます。0:自動更新を有効にします。1:自動更新を無効にします。

7. レジストリエディタを閉じて、コンピュータを再起動します。

方法 2: レジストリによる自動更新を設定する

自動更新を完全に無効にしたくないが、更新プログラムのインストール方法を制御したくない場合は、次の指示に従ってWindows 10の自動更新を停止する方法を学びます。

1. 方法1のようにWindowsUpdateとAUキーを作成します。

2. AUキーをクリックし、右側のペインにある空のスペースを右クリックします。「新規」を選択し、「DWORD(32-bit)Value」をクリックします。新しい「DWORD AUOptions」という名前を付けます。

3. 「AUOptions」をダブルクリックして、その値のデータを2に設定します。「OK」をクリックして変更を適用します。

値のデータを設定

ヒント:ここでは4つの番号を設定できます。2:更新をダウンロードしてインストールする前に通知します。3:自動更新をダウンロードしてインストールを通知します。4:自動ダウンロードを更新してインストールをスケジュールします。5:ローカル管理者が設定を選択できるようにします。

4. レジストリエディタを閉じて、コンピュータを再起動します。

まとめ

上記の2つの解決策を使用して、レジストリからWindows 10のWindows Update自動更新を無効にすることができます。事故予防のため、レジストリを編集する前にAOMEI Backupperを使ってシステムをバックアップことは重要です。システムバックアップの他に、AOMEI Backupperは、Windows 7を新しいHDDに移行したり、マイドキュメントを別のHDDに移動することなど、他にも多くの実用的な機能を備えています。