このPCを初期状態に戻すためのカスタム回復イメージ

このPCを初期状態に戻すのはすべてのWindowsの問題を修正できますが、ファイルやプログラムを削除します。カスタム回復イメージを使うと、PCを初期状態に戻してシステムエラーを修復すると同時にファイルやインストールされたプログラムを保持できます。

カスタム回復イメージはどのように役立つ?

パソコンに保存されているすべてのデータが失われる危険に直面しているというわけです。特にパソコンを長い間使用した後、かなり深刻な問題に遭遇する可能性が高いです。その中で幾つかは修復されない可能性もあります。

こういう状況が発生すると、問題を修正するためにWindows10でリフレッシュを実行できるか、またはWindows 10をクリーンインストールできます。Windows 10に内蔵されているリセット機能「このPCを初期状態に戻す」は個人用のファイルを保持するか削除するかを選んでからWindowsを再インストールできます。

「このPCを初期状態に戻す」の使い方

この方法は、パソコンをリカバリーモードで起動してWindowsを再インストールします。確かにすべてのシステムの問題を修正できます。Windows 10 PCのリセットについて、「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「このPCを初期状態に戻す」をクリックします。Windows 10が正常に起動できない場合、Windows 10回復ドライブまたはインストールディスクからPCを起動し、「詳細オプション」以下のリセット機能を見つけます。

このPCを初期状態に戻す

オプションの選択

ファイルやアプリは削除されるか?

Windows 10でPCを初期状態に戻すのに2つのオプションを提供します。「個人用ファイルを保持する」と「すべて削除する」。「個人用ファイルを保持する」を選択すると、個人用ファイル(C:\ユーザー\現在のユーザーフォルダ)はそのまま保持されているので、リセットの後、まだアカウントとパスワードを使用してWindows 10にログインすることができます。

どちらのオプションを選択しても、インストールされたプログラム、アプリと設定がすべて削除されます。

インストールされたアプリを失いたくないなら、どうする?

システム問題を解決するのに「このPCを初期状態に戻す」のは便利な方法だと思いますが、「個人用ファイルを保持する」を選択しても、必要なプログラムをたくさんインストールし、設定する必要があり、これは時間がかかります。だから、このPCを初期状態に戻すためのカスタムイメージを作成すれば、もっと便利だと思いませんか?

お好みのアプリをすべてインストールしたり、システムも正常に動作したりした後、システム回復イメージとして使用されるイメージを作成できます。より多くの増分イメージバックアップを作成することもできます。

Windows 10カスタム回復イメージを作成する方法

Windows 10回復イメージを作成するために、Windows 回復環境(Windows RE)から起動する必要があります。[電源ボタン ]をクリックし、キーボードのShiftキーを押しながら[再起動]をクリックしてWinREを起動します。リカバリメディアまたはインストールディスクからパソコンを起動し、回復環境に入ることもできます。

Shift + 再起動、またはリカバリメディアを利用してパソコンが再起動する時、[トラブルシューティング]→[詳細オプション]→[コマンドプロンプト]を選択します。コマンドプロンプトを使用できるように、アカウントのパスワードを入力する必要があるかもしれません。

詳細オプション

コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力してください。
dism /Capture-Image /CaptureDir:C:\/ImageFile:D:\windows10\install.wim /Name:windows10 /description:2018-01-10

このコマンドは現在のシステムをD:\windows10というフォルダにバックアップし、install.wimというイメージファイルを作成することを意味します。自分のニーズに応じて保存場所を変更することができます。

カスタム回復イメージ作成

構文の説明

/Capture-Image - 新しいイメージ (.wim) ファイルにドライブイメージを作成します。

/CaptureDir - ソースディレクトリ、即ち取得元を指定します。

/CaptureFile - イメージファイルを保存するターゲット場所を指定します。

/Name - 名前を指定します。

/Description - 説明します。一つ以上のリフレッシュ用のイメージを作成したい場合、後でどちらを復元するか分かるように、イメージについて説明することができます。

新しいアプリケーションや更新プログラムをインストールした後、/Append-Imageオプションを利用することで既存.wimファイルに他のイメージを追加できます。これは、増分バックアップみたいで、イメージファイルに新しく追加したファイルだけをキャプチャ(バックアップ)します。

上述した手順と同じ、コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力してください。
Dism /Append-Image /ImageFile:D:\windows10\install.wim /CaptureDir:C:\ /Name:windows10 /Description:2018-09-10

回復イメージが正常に作成されたら、Windows 10は作成したイメージを使用してこのPCを初期状態に戻すために管理者特権でのコマンド プロンプトを起動して以下のコマンドを入力してください。
reagentc /setosimage /path D:\windows10 /index 1

注:/pathをカスタム回復イメージが保存された場所に変更する必要があります

回復イメージを指定

Windows 10を初期状態に戻すことができない場合、reagentc /infoコマンドを使用してこの回復イメージが利用できるかどうかを確認できます。

コマンド プロンプトに慣れていない場合、やこの方法が複雑すぎると思う場合、ユーザーフレンドリーなインターフェースがあるサードパーティ製ツールを使用してWindows 10のカスタム回復イメージを作成することもできます。

Windows 10の回復用のシステムイメージを作成する

レポートにより、最近ウイルスやランサムウェアはよく使われる回復イメージをターゲットにします。貴方のカスタム回復イメージは安全ですか?言いにくいでしょう。念のために、AOMEI Backupper Standardという無料バックアップソフトを使用してもう一つのWindows 10システムイメージを作成したほうがいいと思います。

簡単に使えるバックアップツールが好きなら、AOMEI Backupper Standardは悪くない選択です。そのユーザーインターフェイスは直感的に分かりやすくて、初心者でもエラーを回避できるようにデザインされています。

次の手順を参考にしてシステムイメージを作成できます。

1. このバックアップ&復元ツールをダウンロードし、インストールし、起動します。

2. 主な画面で、「バックアップ」タブをクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

3. 次の画面のように、「1」でシステムと関係があるすべてのパーティションは自動的に選択されます。イメージバックアップを格納するために「2」をクリックし、保存場所(外付けHDD、NAS、ネットワークドライブなど)のみを指定すればいいんです。

バックアップの設定

4. そして、この画面の下の方にある「オプション」をクリックしてカスタムバックアップを設定できるし、「スケジュール」をクリックしてスケジュールバックアップを自動的に実行できます。後で、「開始」をクリックし、バックアップを実行します。

開始

このバックアップイメージに基づいて、複数の増分バックアップ(お使いのPCに新しく追加したファイルだけをバックアップする)を作成することもできます。バックアップが完了したら、USBメモリーまたはCD/DVDを使用してブータブルメディアを作成できます。このブータブルメディアはWindows 10/8/7のすべてのバージョンを起動できます。

お使いのパソコンに問題があるなら、このイメージバックアップをWindows 10のカスタム回復イメージとして使用でき、すべてのファイル及びインストールされているプログラムを保持しながらすべての問題を修正できます。もしWindows 10が起動できないなら、ブータブルメディアから起動し、「復元」機能を使用し、すべてのことをバックアップを取ったポイントに戻すことができます。