Windows10で回復ドライブ
を作成する方法

Windows 10にアップグレードした後、USBフラッシュメモリや外付けHDDを用いてWindows 10回復ドライブを作成するのはお勧めです。必要ならば、この回復ドライブを利用して、システムの修復、システムの再インストール、システムのリセットなどができます。

回復ドライブとは

Windows8以降USBメモリを使用してリカバリメディアを作成する機能が追加されました。

USBフラッシュメモリや外付けHDDを用いて作成するリカバリメディア回復ドライブと呼びます。お使いのWindowsに深刻なトラブルが発生した場合、これを使ってシステム修復とシステムリセットなどを実行することができます。

補足:Windows 10回復ドライブの作成にUSBメモリを持たない場合、専用アプリや専用のソフトを使用して、CDやDVD等のディスクタイプのリカバリディスクを作成することもできます。Windows 10でパソコンが起動しなくなった時、両方のリカバリーメディアはWindowsの回復オプションを起動させることが可能です。

上述のとおり、Windows10で重大なエラーが出現したら、回復ドライブを使用してWindowsを再インストールするという方法があります。

●もし、回復ドライブを作成する前にシステムがクラッシュしたら、別のコンピューターでWindows 10の回復ドライブを作成することができます。そして、この回復ドライブを利用して、問題があるPCを起動することができます。

●しかし、回復ドライブは異なるWindowsのバージョンで利用できません。つまり、Windows 8で作成された回復ドライブはWindows 10で使用できません。また、Windows 10(64ビット)で作成された回復ドライブを使って32ビットのシステムを起動/修復できません。

Windows 10回復ドライブの作成方法

  • 💡注意点

    ▶回復ドライブを作成する時、プログラムは沢山のファイルをUSBメモリにコピーするので、少なくとも16GBのフラッシュメモリを準備する必要があります。

    ▶回復ドライブを作成する時、USBメモリ上のデータはすべて削除されることに注意してください。重要なデータがあれば、事前にバックアップを取っておいてください。

  • step 1. パソコンにUSBメモリを接続します。そして、検索ボックスに「回復ドライブ」と入力します。検索結果から「回復ドライブの作成」をクリックします。

  • step 2. ポップアップウィンドウで「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」チェックボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックします。システムファイルをバックアップ

  • step 3. 準備したUSBメモリを選択して「次へ」をクリックします。ドライブを選択

  • step 4. 次の画面で「作成」をクリックして回復ドライブの作成を開始します。ドライブを選択

補足回復ドライブの作成が完了した後、Windows 10回復パーティションがある場合、「PCから回復パーティションを削除します」のオプションが表示されます。これをクリックして回復パーティションを削除して一部のドライブ領域を解放することができます。回復パーティションを安全に削除する方法回復パーティションを削除

Windows 10が起動しなくなった時に、この回復ドライブ(USB)をパソコンに挿入してシステムを修復することができます。>>USBメモリから起動するように、BIOSで起動デバイスの順位を、USBメモリが一番最初に起動するように設定する必要があります。

回復ドライブの作成中にエラーが発生(原因&対処法)

❓Windows10で回復ドライブを作成する時に「回復ドライブを作成できません」というエラーメッセージが表示され、回復ドライブの作成に失敗したら、どうしましょう?回復ドライブを作成できません

🔍様々な原因でこの問題が起きます。そのため、原因により解決策も異なります。次は回復ドライブの作成中に発生したエラーの原因と対処法をひとつずつ解説しましょう~

USBメモリの問題Windows REの問題システムファイルの問題その他の問題

USBメモリについての原因

まずUSBメモリは正常に接続されるかどうか、またはWindows10がそれを認識できるかどうかを確認すべきです。もしUSBメモリ自体が壊れれば、別のフラッシュドライブを使ってみることができます。また、USBメモリの空き容量が足りない時、このエラーが発生する可能性もあります。

Windows REについての原因

回復ドライブを作成できないエラーが発生するもう1つの原因は、Windows回復環境(Windows RE)が使用できなくなることです。コマンドプロンプト(管理者として実行)で「reagentc /info」を実行してWindows回復環境の現在の設定状況を調べることができます。

Windows回復環境の状況

Windows REの状態は「Disabled(無効)」である場合、回復ドライブの作成に失敗するのは当然でしょう。Windows REを有効にするために、「reagentc /enable」と入力すればいいです。

【補足】これも失敗する場合は、Windows 10インストールメディア(ISO ファイル)を使ってWindows回復環境(WinRE)を新たに作成することができます。

step 1. CドライブのルートディレクトリにRecoveryフォルダがなければ、それを作成してください。そしてRecoveryフォルダの中にWindowsREというフォルダを作成します。(>>Recoveryフォルダはデフォルトで隠しフォルダであるので、それを表示する必要があります。「エクスプローラー」で「表示」タブを選択し、「ファイル名拡張子」および「隠しファイル」にチェックを入れます。)

※注:step 2からstep 4まではWindows回復環境のイメージ(Winre.wim)を作成することです。Winre.wimファイルを既に持っている場合、や他のWindows 10パソコンからコピーできる場合、step 5に直接移動してください。さて、次はWinre.wimというイメージをインストールメディアから抽出する詳細な手順を紹介します。

step 2. インストール用ISOファイルを開きます。※ノート:このWindows10のISOがないなら、Microsoftからダウンロードすることができます。Windows 10でインストールメディア(ISO)を直接ダブルクリックして仮想ドライブとしてマウントできます。

step 3. SourcesフォルダーからInstall.wimファイルを見つけます。Install.wimファイルのロケーションパスをコピーします。

step 4. コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、次のようなコマンドを入力します。dism /mount-wim /wimfile:[コピーされたInstall.wimファイルのパス] /index:2 /mountdir:[マウントされたファイルを保存するロケーションパス]
具体的な例を挙げます。dism /mount-wim /wimfile:"F:\windows 10 ISO\sources\install.wim" /index:2 /mountdir:D:\mount_image_file\
マウントされたファイルを保存するロケーションパスからWinre.wimファイルを見つけます。

step 5. Winre.wimファイルを見つけた後、それをC:\Recovery\WindowsREにコピーします。

step 6. Reagentc /setreimage /path C:\Recovery\WindowsREというコマンドを入力して、パスを設定します。

Winreイメージを設定

そうすると、Windows 10で回復ドライブを正常に作成できるはずです。

システムファイルについての原因

システムファイルなしに回復ドライブを作成できますが、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックを入れると、回復ドライブの作成に失敗しました。こういう時、次の方法を試してみることができます。

  • step 1. Windows 10のインストールファイルからInstall.wimファイルをHDD上のフォルダにコピーします。例えば、D:\Windows-OS-imageです。

  • step 2. 管理者特権でコマンドプロンプトを開き、Reagentc /setosimage /path D:\Windows-OS-image /index 1を入力します。

そうすると、システムファイルを回復ドライブにバックアップできるはずです。また、システムファイルが含まれているため、この回復ドライブだけでWindows 10をリセットする(工場出荷状態に戻す)ことができます。

補足システムファイルが破損した可能性もあります。下記の方法でそれを修正できます。
step 1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、検索結果から「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
step 2. コマンドプロンプトで「sfc/scannow」を入力してEnterキーを押します。System File Checker(SFC)はWindowsファイルをスキャンして壊れそうなファイルを交換します。数分間だけかかります。
step 3. スキャン後、コマンドプロンプトを終了してWindows 10で回復ドライブをもう一度作成します。

その他の原因

そのほか、エラーは4GB以上のイメージサイズか2GB以下のメモリ構成のシステムで発生する可能性があります。こういう時、問題を解決するには次の操作を実行してください。

  • step 1. スタートボタンの右側にある検索欄に「cmd」と入力し、メニュー内の「コマンドプロンプト」を右クリック、「管理者として実行」を選択します。

  • step 2. 「cd C:\Recovery\OEM」コマンドを入力し、Enterキーを押します。

  • step 3. 「del install *.*」コマンドを入力し、Enterキーを押します。(※注:installの後ろにスペースがある)

  • step 4. 「よろしいですか(Y/N)?」が表示されたら、yを入力し、Enterキーを押します。

  • step 5. 「exit」コマンドを入力し、Enterキーを押します。コマンドプロンプト画面を閉じます。cmd

  • step 6. パソコンを再起動します。

もし、上述のすべての状況ではなくて、エラーが発生する原因がよく分からない場合、回復ドライブのISOをUSBメモリに書き込む方法も試すことができます。つまり、Windows 10回復ドライブのISOファイルをシンプルにダウンロードしてUSBフラッシュメモリやCD/DVDに焼く(書き込む)ことです。

もっと簡単な方法でPCを保護

回復ドライブはシステム修復とリセットに便利ですが、大きな欠点があります。異なるWindowsのバージョンで使用できません(前にも言った)。もし、Windows10で作成した回復ドライブは任意のWindowsのバージョンで使用したいなら、サードパーティ製のツールを使用することができます。

  • 👍ここでは、AOMEI Backupper Standardというバックアップフリーソフトを強くお勧めします。これは、システムやディスクのバックアップ&復元だけでなく、Windows10でCD/DVDまたはUSBメモリでブータブルメディアを作成することもできます。任意のバージョンのWindowsが起動しない時に、このブータブルメディアを使用して、PCを以前の状態に戻すことができます。

    こちらからダウンロード❗完全無料❗初心者でも簡単に使える❗Windows10、Windows8.1/8、Windows7、XP、Vistaに対応

    🌸PXE Boot Tool、イメージのチェック/検索など、もっと多くの高度な機能を使用したい場合、割引でAOMEI Backupper Professionalアップグレードしてください。また、企業で台数無制限のPCを守りたい場合、AOMEI Backupper Technicianを選ぶことができます。そのAOMEI Image Deployツールを利用して、ネットワーク経由でサーバー上のシステムイメージを複数のクライアントに展開または復元できます。

    AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

🧐AOMEI Backupper StandardでWindows10回復ドライブを作成しましょう~(●'◡'●)

  • step 1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

  • step 2. 「ホーム」タブで「ツール」→「ブータブルメディアの作成」をクリックします。ツールユーティリティ

  • step 3. 次の画面で、作成したいブータブルディスクの種類(LinuxまたはWindows PE)を選択できます。Linuxに基づくブータブルメディアはAOMEI Backupperの基本的な機能のみを使用できますが、Windows PEは全ての機能を利用できます。種類を選択

  • step 4. DVDまたはUSBメモリを選択します。「次へ」をクリックして作成を開始します。次へ

人気記事

▼Windows10 HDDを丸ごと引っ越しする方法 ▼Windows10にアップグレードした後の回復パーティション ▼Windows 10でバックアップに失敗した!手っ取り早い解決方法 ▼【修復】Windows 10で「bootrec /fixboot」コマンドがアクセス拒否になる