フリーソフトでWindows10 HDDにSSDをクローンする方法

なぜWindows10 HDDにSSDをクローンしますか

ほとんどの場合で、ユーザーはよりいい性能を取得するためにSSDへHDDをクローンすることを好みます。例えば、Kingston SSDにHDDをクローンします。でもなぜHDDにSSDドライブをクローンしますか。実は、それは次の場合にとても役立ちます。小さなSSDにOSとアプリケーションを含む沢山のことを保存する場合、十分なスペースを得るために、より大きなHDDまたは新しいSSDにSSDをクローンしなければなりません。ご存知のように、同じ容量について、HDDはSSDより安いです。

また、HDDは、読み込みと書き込みの回数に制限がありませんから、SSDより長い時間に使用されることができます。最も重要なことは、HDDからデータを回復するのはSSDからより簡単です。新しいOS-Windows 10に精通していない場合、または誤って重要なファイルを紛失することを恐れる場合、HDDにクローンするのは賢い選択肢です。もちろん、余分な保護のために外付けHDDに重要なファイルをバックアップできます。

どんなWindows 10クローンソフトウェアを使用するはずですか

Windows 10またはWindows 7/8と関係なく、Windowsの内蔵ユーティリティでクローンを実行するのは難しいです。そのため、HDDにSSDをクローンするについて、信頼性があるクローンソフトウェアに助けを求めるかもしれません。AOMEI Backupper Standardは、Windows 10(32ビットと64ビット両方)にインストールせずにHDDにSSDをクローンすることを許可できる安全な無料クローンソフトウェアです。このソフトウェアは2つの重要なクローン機能を提供します。「インテリジェントクローン」と「セクター単位のクローン」です。ニーズによって、それらのいずれかを選択できます。SSDは前に少し破壊された場合も大丈夫です。AOMEI Backupperは不良セクターを持っているHDDをクローンすることをサポートします。SSD上の一つだけのパーティション(OSを含むかどうか関係なく)をHDDにクローンできます。このソフトウェアはパーティション/ボリュームクローンとシステムクローンオプションがあるためです。今、それをダウンロードして、試してみます。

AOMEI BackupperでHDDにSSDをクローンする方法

ノート: クローンの後、宛先ディスク上の全てのことが上書きされます。重要なデータがあれば、事前にそれらをバックアップしたほうがいいです。

ステップ1. PCにHDDを接続します。AOMEI Backupper Standardをインストールして、起動します。「クローン」をクリックして、「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ステップ2. 「1」をクリックして、ソースディスクを選択します。ここではSSDドライブを選択します。

ソースディスク

ステップ3. 宛先HDDを選択します。

宛先ディスク

ステップ4. SSDの使用された部分だけをクローンすることはデフォルトで設定されます。セクター単位のクローンをしたいなら、そのボックスをクリックして、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:

  • このクローンプロセスが完了した後、HDDにある未割り当て領域を見つけるかもしれません。心配しなくて、クローン後の未割り当て領域を参照して、これらの未割り当て領域を活用できます。
  • HDDにWindows 10 OSをクローンした場合、BIOSで起動設定を変更して、HDDのブータブルを確認してください。
  • 「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックして、HDD上のパーティションを編集できます。「セクター単位のクローン」ボックスをチェックしたら、それは消えます。
  • ターゲットディスクはHDDであるから、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックする必要がありません。

4つのステップで、有効なクローンソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用して、Windows10 HDDにSSDをクローンすることができます。以上の手順はWindows 7/8/8.1でHDDにSSDをクローンすることにも適用できます。このクローンソフトウェアは他のバックアップと復元の機能も沢山あります。例えば、システムバックアップ、ディスクバックアップ、システム復元とユニバーサル復元です。