Windows10 HDDクローンを簡単に新しいHDDやSSDに作成します

Windows10 HDDクローンについて

HDDクローンは、ディスクの全てのデータを他のものにコピーすることです。古く小さなHDDを、新しく大きなものまたはソリッドステートドライブ (SSD)にアップグレードしたい場合、ウイルス、ハードウェア故障や他の理由によってデータの損失が起こらないように、ディスクバックアップを作成したい場合、クローンHDDはPCやラップトップユーザーの間によく使用されています。

多くのユーザーはWindows10のバックアップツールでデータをバックアップできることを認めていますが、データが回復の時だけにアクセスできるし、及びリカバリー中に、二次被害があるかもしれません。ですから、Windows10にデータの損害を防ぐ為に、HDDをクローンするのはいい方法です。

AOMEI BackupperでWindows10HDDをクローンします

AOMEI Backupper Standardは無料のバックアップソフトウェアで、Win10で実行するプログラムを中断することなく、簡単に大きなディスクから小さなものにHDDをクローンすることができます。通常に、このソフトウェアはHDDに存在するデータのみをクローンしますが、「セクター単位のクローン」オプションを提供して、削除したデータもクローンできます。

操作の前:

  • クローンの後、宛先HDDの全てのデータが覆われます。ターゲットディスクに重要なデータがあるか否かを確認して、あるなら、事前に他の場所に、データをバックアップしたほうがいいです。
  • AOMEI BackupperはWindowsオペレーティングシステムで使用されている場合、システムディスクは、ソースディスクだけとして設定することができますが、宛先ディスクとして設定することはできません。
  • 先ディスクがダイナミックディスクである場合、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する必要があります。

ステップ1:AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、開きます。左のインターフェイスに「クローン」をクリックして、「ディスククローン]を選択します。

ディスククローン

ステップ2:クローンしたいディスクをソースディスク(ここはディスク0である)として選択して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ3:次のウィンドウで、宛先ディスク(ここはディスク1である)を選択して、[次へ]をクリックします。

宛先ディスクを選択

ステップ4:ポップアップウィンドウで「開始」をクリックします。((ヒント:「セクター単位のクローン」は使用されるに関係なく、全てのスペースをクローンします。宛先はSSDの場合は、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」を選択して、パフォーマンスが向上できます。)

開始

ステップ5:ディスククローンの進捗状況は100%に達して、[完了]をクリックしてください。

[完了]をクリック

AOMEI Backupper Standardの使いやすいインターフェイスは簡単にWin10 HDDクローンを作成できます。また、このソフトウェアはバックアップソフトウェアで、システムバックアップ、ファイルバックアップ、パーティションバックアップ、ディスクバックアップを行うことができます。