Windows10のCドライブをSSDにクローンするフリーソフト

なぜWindows10のCドライブをSSDにクローンしますか

Windows 7/8/8.1からWindows 10へアップグレードしました。それに新しいSSDを買いました。より良い性能を取得するために、通常にSSDをブートディスクとして、古いHDDをデータストレージディスクとしてしようとしますが、Windowsと全てのアプリケーションを再インストールするのは時間と労力が沢山かかります。Windows再インストールの面倒を回避するために、シンプルなクローン道具を使用して、Windows10のCドライブをSSDにクローンすることができます。このタスクを実行する最も簡単な方法は、サードパーティ製のソフトウェア‐AOMEI Backupper Standardです。

AOMEI BackupperでWindows10のCドライブをSSDにクローンします

無料HDDクローンソフトウェアとして、AOMEI Backupper Standardは、使用中のコンピューターを中断せずに、クローンを開始する前に、スナップショットを作成して、簡単にHDDをクローンすることができます。それは、システムクローン、ディスククローン、パーティションクローンを提供します。今、実行する方法を見てみましょう:

1. このフリーウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。

2. 「クローン」タブで「システムクローン」を選択します。このプログラムは自動的にC:ドライブとシステム予約済みパーティション(MBRディスク)またはEFIパーティション(GPTディスク)を選択します。選択される宛先パーティションはクローンを開始する時削除されます。

クローン

3. 「2」をクリックして、C:ドライブをクローンするために、宛先パーティションを指定します。

宛先パーティション

4. 「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチェックします。それは、SSDの良い性能を得るのに重要です。そして、「開始」をクリックします。完成する時、「完了」をクリックします。

Start Clone

ノート: AOMEI Backupper Standard(無料バージョン)のシステムクローン機能は、最初の使用の前にシンプルな手順で解除する必要があります。指示のような手順に従ってから、それを解除できない場合、AOMEIサポートチームに連絡してください。

ここまでに、SSDへのCドライブクローンを完了しました。クローンがうまくいくかどうかを見るために、BIOSでブータ命令を変更して、SSDからコンピューターを起動できます。以上の手順はとてもシンプルです。簡潔なインタフェースを見たら、誰でもAOMEI Backupperを使用するディスククローンの方法がすぐ分かります。

追加情報

AOMEI Backupperはバックアップと復元のソフトウェアと見なされます。システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイル/フォルダバックアップを提供して、バックアップについてのニーズをほとんど満たせます。 ブータブルメディアを作成できる機能を提供して、AOMEI Backupperはコンピューターが起動できない時、それを回復することができます。コンピューター(通常はノートパソコンです)は1つだけの内蔵HDDをインストールできるまでも、Windows10のCドライブをSSDにクローンする方法もあります。これを実行するために、C: ドライブをNASや他の外付けストレージ装置にバックアップします。そして、それをSSDにAOMEI Backupperによって作成されるブータブルメディアから復元することができます。