Windows 10でベアメタル回復用のベアメタルバックアップを作成する

ベアメタルバックアップとは何ですか?

ベアメタルバックアップ(BMB)はベアメタル回復用のバックアップの一種であるため、同一または不同なハードウェアを搭載した別のパソコンにバックアップを回復できます。

ベアメタルバックアップは、システムパーティション、ブートパーティション、およびその他のパーティション(ブートパーティション以外の場所にアプリケーションがインストールされている場合)を含む重要なボリュームをバックアップして、アプリケーションの一貫性のある状態を保証します。

ベアメタルバックアップを使用すると、古いコンピュータのハードウェアに障害が発生した場合またはWindows 10を再インストールせずにコンピュータのハードウェアをアップグレードする場合に、新しいコンピュータにそのベアメタルバックアップを復元できます。ベアメタル回復用のフルバックアップは、 コンピュータが問題に陥った場合の停止時間(使用できない時間)を短縮できます。

よく知っていないWindowsバックアップ機能について

Windows 10では、ファイル履歴、バックアップと復元(Windows 7)またはシステムイメージのバックアップという機能のみが見つかります。つまり、Windows 10でGUIプログラムからベアメタルバックアップを作成することはできませんが、コマンドラインから実行することができます。

Windows 10 WBadminは、Windowsの「バックアップと復元」のコマンドラインバージョンと似ていますが、より高度な機能を備えています。GUIバックアップツールとは異なり、WBadminはWindows 10/8/7で利用可能でありますし、同じ機能を備えています。

すべての重要なボリュームをWBadminバックアップに含めると、以前のインストールオペレーティング、プログラムが要らなくても、このバックアップを別のマシンに復元できます。

Windows 10でベアメタルバックアップを作成する方法

Windows 10でベアメタルバックアップを実行するには、高度なコマンドプロンプトを開く必要があります。ベアメタルバックアップを作成するには、以下の手順に従ってくだい:

1. [スタート]をクリックし、[検索]ボックスに「コマンド プロンプト」と入力します。検索結果で、コマンドプロンプトを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。または、Powershellを使用してWBadminバックアップを実行することもできます。

2.wbadmin start backup –backuptarget:F –allcritical –quiet」と入力し、Enterキーを押します。「F:」は、バックアップを保存するボリュームのドライブ文字であり、変更されることができます。「-quiet」スイッチは、操作を確認するプロンプトが表示されず、Windows 10で自動的にベアメタルバックアップの作成が開始されることを意味します。

重要なボリュームの他に、リカバリパーティションのような他のパーティションをバックアップすることもできます。「-include」スイッチを使用してボリューム文字を指定できます。

ドライブ文字なしのパーティションでは、ボリュームのGUIDを使用してこのドライブを指定できます。以下のように、「mountvol」コマンドと入力して、ボリュームのGUID情報を取得できます。

 Mountvol

例えば、Cドライブ、システム予約済みパーティションおよびリカバリパーティションを外付けHDD(F:ドライブ)にバックアップすれば、次のコマンドを使用します:

wbadmin start backup -backuptarget:F: -include: \\?\Volume{d4192b6f-0000-0000-0000-804c0c000000}\ -allCritical –vssCopy –quiet

このバックアップコマンドは、Windows 10以外にWindows 8/8.1/7およびWindows Server 2008(R2/2012(R2/2016にも適用されます。

ベアメタルバックアップを別のPCに回復(リストア)する方法

前述のように、このベアメタルバックアップは、以前のOSやソフトウェアが要らなくても、別のマシンに復元できますが、注意すべき点があります。

ソースコンピュータとターゲットコンピュータは、同じブートモード、即ち、レガシーとUEFIを使用する必要があります。そうしないと、ファームウェアは異なるコンピューターにシステムイメージを復元することはできませんというエラーメッセージが表示されます。

非常に古いコンピュータは通常レガシーモードを使用し、システムディスクはMBRパーティション形式ですが、今のコンピュータはUEFIモードを使用し、システムディスクはGPTパーティション形式です。

Windows 10ベアメタル回復(リストア)を実行する前に、BIOSで起動してブートモードが同じか再設定できるかを確認してください。ブートモードを変更する場合は、ディスクに対応するパーティションスタイルに変換する必要もあります。

他のコンピュータにベアメタルリカバリを実行するには:

1. WindowsインストールディスクまたはUSBメモリから回復するコンピュータを起動します。パソコンにはシステムがインストールされていないと、システム修復ディスクまたはWindows 10の回復ドライブは動作しません。だから、ターゲットコンピュータにシステムがない場合は、Windowsインストールディスクが必要です。

2. 言語とキーボードを指定して、Windowsセットアップで[次へ]をクリックします。 [コンピュータの修復]をクリックします。

3. [トラブルシューティング]をクリックし、[詳細オプション]を選択します。

Windows 10ベアメタル回復

4.イメージでシステムを回復]を選択し、ウィザードに従ってベアメタルリストア(回復)を実行します。コマンドラインの方が好きならば、[コマンド プロンプト]を選択してWBadminでベアメタル回復を行うこともできます。

注:ブートモードとパーティションスタイルの問題に加えて、他の2つの注意点があります。

  • ベアメタルリカバリ(回復)を保存するターゲットディスクの容量は、せめてソースディスクと同じです。
  • ターゲットディスクをNTFSでフォーマットする必要があります。

Windows 10でベアメタルバックアップと回復を実行する方法

Windowsのベアメタルバックアップがあまり便利でないと思っている場合または操作できない場合は、別のツールに切り替えることができます。Windowsベアメタルバックアップソフトウェア―AOMEI Backupperを使用すると、異なるハードウェア上でベアメタルバックアップとベアメタルリカバリ(復元)をより柔軟に実行できます。

このソフトを使用してMBRディスクからGPTディスクに復元することができます。逆もそうです。また、小容量HDDまたはSSDに復元することもできます。その簡潔なインターフェースのために非常に使いやすいです。

Windows 10でAOMEI Backupperでベアメタルバックアップを実行するには:

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。

2. [バックアップ]タブの[システムバックアップ]をクリックします。HDD上のパーティション全体をバックアップする場合は、[ディスクバックアップ]を選択することもできます。AOMEI Backupperを使用すると、システムバックアップとディスクバックアップの両方を、異なるハードウェアを搭載したコンピュータに復元することができます。

Windows 10ベアメタルバックアップ

3.2]をクリックして、フォルダまたはドライブをバックアップ先として1つ指定します。プログラムは、自動的にバックアップするシステムパーティションを選択します。

バックアップ先を1つ指定

4. [開始]をクリックして、ベアメタルバックアップを開始します。

 Windows 10ベアメタルバックアップを開始

バックアップを新しいコンピュータに復元する場合は、CD/DVD/USBブータブルメディアから復元するか、AOMEI PXE Bootツールからネットワーク経由でマイクロシステムをロードします。

復元されたディスクが起動可能になることを確認するため、[ユニバーサル復元]というオプションをチェックすることを確認するだけでいいです。

ユニバーサル復元

Windows 10でベアメタルバックアップの機能に加えて、AOMEI Backupperはクローン機能も提供します。Windowsシステムを同一のハードウェアに移行したい場合、またはHDDをアップグレードする場合は、HDDをクローンして、そのクローンされたHDDを新しいコンピュータにインストールできます。

関連記事:

Lenovo G50を初期化する!パソコン初心者でも出来る

WindowsでWbadminコマンドでベアメタルバックアップを作成

Windows Server バックアップのソフトでHyper-Vをバックアップ