AOMEI BackupperでWindows 10システムパーティションをバックアップする方法

紹介

システムバックアップに及ぶ時、システムパーティションとブートパーティションは最初に考えられることはずでしょう。Windowsが起動する時、これらの2つのパーティションを使用します。一部の人は「システムパーティションとブートパーティションは何ですか」と聞くかもしれません。

システムパーティションは、実は多くの場合Cドライブと呼ばれたパーティションです。それはハードウェアに関連するブートフォルダとファイルを含み、コンピューターにどこでWindowsを見つけ、そして起動するかを教えています。Windowsの異なるバージョンをインストールしても、一つのコンピューターに一つのシステムパーティションだけがあります。

ブートパーティションはブートファイルを保存するパーティションです。システムパーティションより、それは相対的に小さなスペースが必要です。

システムバックアップはWindows 10のすべてのシステムファイル、起動ファイルとプログラムファイルをバックアップすることを意味します。Windows 7が配信された後、システムパーティションとブートパーティションは常に分離します。システムパーティションを簡単にアクセスできますが、ブートパーティションはそうではありません。次の復元の後、OSは正常に実行されるために、システムファイルと起動ファイル両方はバックアップされるべきです。

無料AOMEI BackupperでWindows 10システムパーティションをバックアップする方法

あるユーザーのコンピューターはクラッシュしてしまいました。彼はコンピューターについてよく分からないため、他の人からOSを再インストールしてもらいたいです。しかし、それは様々なアプリケーションのインストール、再インストールを実行するのに三時間以上がかかっています。彼はこの時間を費やすプロセスに困っています。この状況で、システムのフルバックアップをしたほうがいいです。

ここで、AOMEI Backupperを利用してWindows 10システムパーティションをバックアップする方法について、3つの手順があります。コンピューターの新人といっても、それを簡単に実行できます。次の方法はWindows 10だけでなく、Windows 8.1/8/7/XP/Vistaも適用します。

ノート: バックアップの前に、システムのクリーンを行ったほうがいいです。それはより多いアプリケーションがより多いイメージファイルを導くためです。システムを復元する時、これらの無用なファイルも復元され、沢山の時間がかかります。

まず、無料AOMEI Backupper Standardバージョンをダウンロードします。それをインストールして、起動します。

ステップ1: システムパーティションをバックアップするのは実際にシステムをバックアップすることです。そのため、「システムバックアップ」に直接移動します。

システムバックアップ選択

ステップ2: 他のタスクからより簡単に区別できるように「タスク名」を変更できます。この手順で、システムパーティションCドライブはデフォルトで選択されます。宛先パス(ここではEです)を選択するだけはいいです。そして、「開始」をクリックします。

宛先パス

ヒント:

● 左下のボタン「オプション」は現在のタスクのためにいくつかの詳細な設定を行えます。

● 「オプション」の隣接にあるオプション「スケジュール」はデータを自動的かつ定期的にバックアップできます。

普通スケジュール設定

スケジュールバックアップを実行するために3つの方法は利用可能です。フル、増分と差分バックアップです。

詳細増分バックアップ

ステップ3: 操作が終了すると「完了」をクリックします。

ノート: 「パーティションバックアップ」を選択してCドライブをバックアップしたい場合、「1」でCパーティションを選択した後、あるポップアップがあって次のような情報を表示します:

ポップアップ情報

「はい」をクリックした後、ウィンドウが自動的にステップ2と同じインターフェイスに移動します。ちなみに、この操作は仕事を中断せずに同時にコンピューターを使用して他の仕事を行えます。それがかかる時間は有効なデータの量に基づきます。