Windows 10でデータをバックアップする5つの効果的な方法

バックアップを実行するのはこんなに複雑じゃないので、重要なデータのバックアップを常つ持つべきです。この記事はWindows 10でデータをバックアップ5つの効果的な方法を紹介し、その中の4つはWindows 10内蔵機能を使用することです。

Windows 10でデータをバックアップする理由

データ紛失の問題に遭ったことがありませんが、お使いのコンピューターは多くの知らない脅威に直面しているかもしれません。

最近の調査により、毎週アメリカで約12000台のノートパソコンは失われたり、盗難されたりします。毎月10分の1のコンピューターはウイルスに感染します。5%の新しいコンピューターは初年度にハードウェア障害を経験します。

それらの1つでも遭遇しないなら、本当に運が良いと思います。遅すぎる前に待っているべきではありません。そのため、Windows 10でデータをバックアップし始めましょう。シンプルなバックアップがあれば、コンピューターに問題が発生しても、大事なデータを全て復元できます。

Windows 10に内蔵されているバックアップ機能を使う方法

Windows 10で予想外のことを防ぐに、多くの内蔵機能(オンラインまたはオフライン)を備え、データをバックアップできます。Windows 10のデータバックアップのために1つ以上を選択できます。

ファイル履歴でデータをバックアップする方法

ファイル履歴は初めてWindows 8によって導入されました。それはファイルバックアップによく使われています。

1. スタート、そして設定→更新とセキュリティ→バックアップをクリックします。そして「ファイル履歴を使用してバックアップ」は表示されます。或いは、コントロールパネルからファイル履歴を開くこともできます。

ファイル履歴

2. これは外付けHDDを使用してファイルのバックアップを保存する必要があります。接続されている外付けストレージデバイスがある場合(USBフラッシュドライブも使用可能)、「ドライブの追加」をクリックして外付けドライブをバックアップドライブとして選択するだけでいいです。

3. バックアップドライブを選択した後、ファイル履歴はファイルの最初のバージョンをバックアップし始めます。

外付けストレージデバイスがなくて、バックアップをローカルディスクに保存したい場合、ここでは1つの解決案があります。内蔵ハードディスクに共有フォルダを作成できます。そのネットワークアドレスを見つけます。そしてファイル履歴を設定してバックアップをネットワーク場所(共有フォルダ)に保存できます。

Windows 10でのシステム復元ポイント

お使いのシステムはうまく機能していない時、システム復元ポイントはWindows 10システムを前の状態に戻すことができます。デフォルトでシステムの保護は無効であるので、まずそれを設定する必要があります。

PCを右クリックして「プロパティ」を選択します。そして「システムの保護」を選択します。ここから、「構成」をクリックしてシステムの保護を有効にします。そして保護したいドライブを選択してそのシステムの保護を有効にすることができます。

システム復元

Windows 10でシステムの復元を有効にした後、システムに何らかの変更を検出すると、それは自動的にシステム復元ポイントを作成します。或いは7日以上過ぎているような場合にも自動的に新しい復元ポイントを作成します。

もし、システム復元ポイントはたくさんのディスクスペースを占有するなら、ディスクのクリーンアップを使用して前の復元ポイントを削除して一部のディスクスペースを解放できます。

バックアップと復元(Windows 7)でデータをバックアップする

システムがクラッシュし、または他の大きな問題が発生する時、Windows 10を復元したい場合、システムイメージバックアップを作成できます。また、いくつかの重要なファイルをバックアップに含めたいかもしれません。こういう状況で、古いバックアップツール、バックアップと復元(Windows 7)を使用できます。

設定→更新とセキュリティ→バックアップをクリックします。そしてファイル履歴下のバックアップツールを見つけることができます。そして「バックアップと復元」に移動(Windows 7)をクリックします。

ここから、「バックアップの設定」をクリックしてウィザードに従ってバックアップを完成させます。

バックアップと復元

如何なるファイルとボリュームを選択してバックアップに含むことができます。スケジュールされたバックアップを設定してWindows 10データを自動的にバックアップすることもできます。イメージバックアップは圧縮されないので、相対的な大きなドライブをバックアップドライブとして準備する必要があります。

Windows 10 OneDriveを使う

オンラインバックアップのほうが好きなら、Windows 10をOneDriveにバックアップできます。ファイルを選択してそれをOneDriveローカルフォルダに保存します。それでそれは自動的にOneDriveクラウドストレージと同期させます。

ファイル履歴を使用してOneDriveにバックアップしたい場合、OneDriveをネットワークドライブとしてマウントできます。そのため、OneDriveをバックアップ場所として選択できます。

フリーソフトでWindows 10データをバックアップする方法

Windows 10内蔵バックアップツールの他に無料の専門バックアップソフトウェアを選択してデータまたはシステムをバックアップすることもできます。AOMEI Backupper Standardは素晴らしいバックアップフリーソフトであり、Windows 10、Win 8.1/8/7/XP/Vista PCに対応します。

1. ファイルバックアップ、フォルダバックアップ、ディスクバックアップまたはシステムバックアップ、このフリーソフトは様々なバックアップを行うために使いやすいインターフェースを提供し、3つの手順だけでバックアップを完成できます。

2. 外付けHDDまたは内蔵HDD、NAS、USB/DVD/CDはバックアップイメージを保存できます。

3. 毎日、毎週、毎月バックアップを自動的に実行できるように、スケジュールされたバックアップを設定できます。

4. スケジュールバックアップの他に、このフリーソフトを使用して新しく増加、変更されたデータのために増分と差分バックアップを行えます。

5. また、ここでは他のバックアップオプションもあります。バックアップのコメントを追加することができます。データバックアップイメージを圧縮することができます。イメージを複数のファイルイメージに分割することもできます。バックアップが完了した後、バックアップを暗号化、電子メール通知を有効にすることもできます。

ユーザーフレンドリーなインターフェースは数回のクリックだけでデータバックアップを設定できます。システムバックアップを例としてそれがどのように動作するかを見てみましょう。

1. このソフトウェアを無料でダウンロードしてインストールします。

2. このホームスクリーンで、「バックアップ」をクリックして「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

3. 「2」をクリックしてバックアップイメージファイルを保存する場所を選択します。外付けHDD、内蔵ドライブまたはネットワーク場所にバックアップできます。

ステップ2

4. 「開始」をクリックしてバックアップを開始します。

開始

これは無料AOMEI Backupperでシステムイメージバックアップを設定する方法です。このプロセスを参照してディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルやフォルダバックアップを作成することもできます。

イメージバックアップを実行したくない場合、AOMEI Backupper Professionalを使用してデータバックアップのような方法でシステムまたはHDDのクローンを選択できます。