[Windows 7/10]ファイルとフォルダを同期する方法

シナリオ:私はこんな状況に遭遇したことがあります。自宅で仕事をしたり、会社で仕事をしたりすることがありますから、ファイルは変更されたら、会社と自宅のデータを毎回更新する必要があり、非常に困っています。

ファイル同期とは何ですか?

Sync(synchronizationの略)[ファイル同期]:2つ以上の場所にある同じファイルが同じ内容になるようにする処理である。ある場所にあるファイルに何らかの変更を加えたとき、同期処理によって別の場所にある同じファイルにも同じ変更がなされる。言い換えれば、ファイル同期はある程度のバックアップです。システムがクラッシュするまたはデータが壊れる前に、システムをバックアップする必要があることを私たちの大部分が知っています。ファイル同期はファイルやフォルダをたくさん同期させる機能であり、そしてこの同期機能を使用したら、Windows 7や他のWindows OSとは関係なく、上述のシナリオのように更新回数を心配する必要はなくなります。ファイルはローカル場所、異なるPCまたはネットワークに同期されることができ、単一のファイル同期またはリモートファイル同期に分けます。ファイル同期を実行すると、両方のフォルダのファイルをスキャンし、ソースディレクトリと比較して変更されたファイルを見つけ、必要なファイルを転送したり、不要なファイルを削除したりしてファイル同期を維持します。

Windows 7の内蔵ツールでフォルダとファイルを同期する方法

前のWindowsオペレーティングシステム(OS)より、ファイル同期の設定がWindows 7の場合のほうが簡単です。Windows 7には、同期センターと呼ばれるファイルを同期する機能があります。

[スタート]ボタン> [sync]を入力> [他のコンピュータ…]> [同期センター]を開きます。したがって、必要に応じてファイルとフォルダ同期を設定することができます。

File Sync
File Sync

Windows 7ファイルを同期するソフト――AOMEI Backupperによって

Windows 7の同期センターとは、ネットワーク上のファイルを同期するように設計される機能です。モバイルデバイスをコンピュータと同期させたい場合、Windowsの内蔵ツール以外、サードパーティ製のソフトウェアを使用してWindowsファイル同期を実行することもできます。他のソフトウェアと比較して、AOMEI Backupperは便利かつ安全です。操作しやすいし、利用可能な機能も多いです。2700万利用者からご愛用いただき、人気のあるバックアップソフトです!

AOMEI Backupperの操作手順はWindows 7の内蔵ツールより簡単で、ただ2つの手順だけで同期を完了できます。

Sync

ステップ1.Windows向けPCバックアップソフト--AOMEI Backupperをダウンロード、インストール、起動します。[バックアップ]をクリックし、バーをスライドさせて[ファイル同期]を選択します。

ステップ2.このバックアップソフトのファイル[同期]機能を開いて、次の画像のようなインターフェースが表示されます。[1]で[フォルダを追加]をクリックして同期したいファイルを選択してください。[2] をクリックしてファイルを置くターゲットディレクトリ(宛先)を選択します。次に、[開始]をクリックして始めます。

Add File

2つのステップの後、ファイル同期は完了しました。しかし、それ以上の仕事をしたい場合は、同期[オプション]をクリックして詳細を設定するか、[スケジュール]をクリックして毎日、毎週、毎月などの自動同期を設定します。

注意:

●ファイル/フォルダをCD/DVD/ブルーレイに同期することはできません。

●FAT/FAT32は最大4GBの単一ファイルボリュームしかサポートしていないため、4GBを超えるファイルをFAT/FAT32で同期することはできません。

ここまで、Windows7でファイルとフォルダの同期が完了してしまったのです。簡単でしょう~ただ数回クリックだけ!実際には、Windows 10、Windows 8.1/8、Windows VistaやWindows XP(全てのエディション、32ビット版と64ビット版)にも利用可能です。心配しないでください~

では、AOMEI Backupperをダウンロードしてデータを同期しましょう。