Windows向けの最高の無料リアルタイムファイル/フォルダ同期ソフトウェア

リアルタイムのファイル同期について

ファイル同期は娯楽と仕事両方にとても役立ちます。ファイル同期は、条件を満たす時2つ以上のフォルダにあるコンピューターファイルがアップロードされることを確保するプロセスです。ここでは一方向同期と双方向同期があり、前者は最もよく使用されるパターンです。一方向同期はミラーリングとも呼ばれ、「ソース」場所から他の場所またはより多い「ターゲット/宛先」場所にファイルをコピーしてそれらをアップデートします。ソース場所にファイルの変更が存在し、また同期プログラムはそれを検出すると、更新されたファイルは同時にターゲット場所に複製されます。それはリアルタイム同期と呼ばれます。

リアルタイム同期はグループワーク、個人プロジェクトで頻繁に使用されます。重要なデータや秘密データを編集する時、すべての変更は重要な部分です。それらを外付けHDDまたはUSBフラッシュドライブに同期するのもファイルバックアップの1つの手段です。記事や文書などを書く時Windows 7、8 または10で2つのフォルダをリアルタイム同期するのはいい選択肢です。

Windows向けのリアルタイム同期の無料ソフトウェア

リアルタイム同期を実行しようとする時、リアルタイム同期ツールから始まるはずです。市場に沢山の同期ツールがあります。Windowsでも内蔵のユーティリティがあります。それにもかかわらず、それらのすべてはWindows SyncToyのようなリアルタイム同期の機能を備えるわけではありません。また、一部のプログラムはこの機能を持っても、支払いが必要です。結果としてすべての要因を考慮した後、AOMEI Backupper Standardはユーザーに推薦されます。

このリアルタイム同期のフリーソフトは、変更が発生すると、異なる場所にある2つのフォルダをすぐ同期させることができます。例えば、ローカルディスクのシステムパーティションを外付けドライブのデータパーティションに同期します。それはSSD、USBドライブ、サムドライブ、CD/DVD、ネットワーク共有、NAS、クラウドストレージのデスクトップアプリなどの様々なストレージだけでなく、Windows 10、8、7、Vista、XPをサポートします。リアルタイム同期の他に、イベントトリガーとスケジュール同期も利用可能です。この無料同期ソフトウェアをダウンロードして試してみましょう。

AOMEI Backupperでリアルタイム同期を使用する方法

外付けデバイスにフォルダを同期する場合、事前にそれをPCに接続してください。

1. WindowsにAOMEI Backupperをインストールし、起動します。メインインターフェースで「バックアップ」→「同期」をクリックします。

ファイル同期

2. 「フォルダを追加」をクリックして同期したいフォルダをソースフォルダとして選択します。そして「2」の隣のボックスをクリックしてターゲットフォルダを選択します。1つ以上のフォルダをソース場所として追加できます。

フォルダを追加

3. 今、下の「スケジュール」をクリックしてリアルタイム同期のタイプを設定します。

スケジュール

4. 与えられたオプションからリアルタイム同期を選択します。

リアルタイム同期

5. 最後、「開始」をクリックして設定を保存します。

開始

ヒント:

  • オプション:以後この同期タスクを他のタスクから区別できるためにそれについてコメントすることができます。
  • リアルタイム同期は電子メール通知をサポートしません。また、ソース場所のファイルを削除する時ターゲットフォルダにこのファイルを維持するかどうかを決めるオプションもあります。

最も簡単な優れたリアルタイム同期ソフトウェアとして、AOMEI Backupperはすべてのインターフェースとすべての操作進行をシンプルにします。このソフトウェアの沢山の有用な機能は現実の生活で問題を解決できます。バックアップおよび復元ソリューションとしてそれを使用してイベントトリガーでログオフ時にもWindowsバックアップを実行できます。

Standardエディションの他にそれは異なるユーザーのためにいくつかの高度なエディションを提供します。例えば、Professional(システムクローンによりうまく使用されます)、Server(Windows Serverユーザーのためにデザインされます)、UnlimitedとTechnician(ほとんど会社と企業で使用されます)です。自分の状況により、それらの1つを選択できます。